新卒で自社開発企業にエンジニア就職

めんどいと思われるけど「意識高い大学生」は良い【生存確率上がる】

ノロノロ

どうも、意識低く意識高いことに挑戦しているノロノロです。
意識高い系大学生ってどうなの?良いの?悪いの?今大学生だからそこんとこ疑問です。

読者

当記事では、大学生である僕の立場から、意識高い大学生についての見解を述べたいと思います。さらに、体験談を交えつつ話す。
記事の内容
・めんどいと思われるけど「意識高い大学生」は良い【生存確率上がる】
結論から言うと、意識高い大学生は良いです。なので、特に大学生活でやることがない人は「意識高い大学生」を目指すべきだと思いますね。

そして、ここで重要なのは「意識高い大学生=パリピ、ウェイ系」ではないということ。

ここでいう「意識高い大学生」とは自分のスキルや知識を身につけるために、日々行動し続ける大学生のことを言います。
つまり、コスパよくお金を生み出すことのできる力を日々つけていきましょう、ということですね。

プログラミングを学んだり、マーケティングを学んだり、超長期インターンに行ったりとかです。

ですが、別に意識高い大学生になる必要は一切なくて、なにかやりがいがある人はそっちを優先したほうが無難。

僕は今までの大学生活の中で、行動量が足りなかったな、、と後悔しているので、なにもやりたいことがない大学生は「意識高い大学生」を目指すことをおすすめします。

意識を高めておくことで、これからの資本主義社会をより楽に生きられるようになると思いますね。




「意識高い大学生」になるためにすべきこと

意識高い大学生がすべきことを列挙すると次の通り。
※あくまで僕の意見なので、自分の戦略・考えを組み込むのはOK

・情報収集→行動→分析&改善
これを無限ループ
大まかな流れはこんな感じ。

行動量を増やすタイプの大学生って「とりあえず失敗してもいいから動き回れ」みたいなイメージですが、それだとダメです。

同時に「質」を高めていくことも重要で、そのためには「分析と改善」が必要になってきます。

ここらへんは後述します。

・僕は意識高い”系”の大学生でした

まずは僕の体験談を交えつつ話させてください。すぐ終わります。

僕は俗にいう意識高い系の大学生で、本を読んだりして知識を学んでは、将来自分はどうすべきか、、みたいなことを考えてましたね。

ですが、ここで問題だったのが「全く行動に移せていないこと」。本を読んでも、ただ知識を知っている状態で、完全に未熟な大学生ですよね。

これは本当に後悔して、ようはただ意識が高いだけで、行動しない大学生。

過去の僕のように、自己満足で終わるのはあまりよくないので、本当に行動に移した方がいいですよ(ただ、周りからはめんどがられる)。

・❶:ブログ→ブログ本を読むだけではなく、自分の手で記事を書いてみる
・❷:プログラミング→他の人を見て尊敬するのではなく、自分の手でコードを書いてみる
・❸:インターン→インターンが有益なものだと知るだけではなく、自分の体で体感してみる
・❹:留学→説明会に行くだけで満足するのではなく、短期でもいいから行ってみる
全て僕の体験談です。

上記のような「自分の将来的価値」を高めてくれるものは理解しているのに、行動に移さないのは本当にもったいない。

ノロノロ

行動して失敗するのは怖いかもしれませんが、失敗ってそこまで痛手ではないです。僕自身実感。
本とかを読んでもあまり知識や経験は身につかないわけで、実践的な行動というのは必要になってきますね。

ただ、そこまで大それたことをする必要はなくて、少し行動を始めるのでOK。

いきなり自分でハードルを上げすぎると、何事に対しても壁を作ってしまうので要注意です。

MEMO
実践を通して、スキルや知識を身につけることが重要。
→別に大層なことをやる必要はない。少しの行動からでOK

・意識高くなるためにすべきことは「情報収集」

流れ
情報収集→行動→分析&改善
まずは情報収集をしないと始まらないですね。

僕は今でこそ「プログラミングスキル」があれば、それなりに市場に評価されることを知っていますが、自分から動いて情報を取りに行かないと知れませんでした。

さらに、ブログとかもですね。ブログで「収益を出せる」という情報を知ったからこそアフィリエイトに取り組み、ビジネスの基本を実践的に経験。
»ブログ型アフィリエイト半年で「月間2万円&2万PV」稼いだ方法

まずは効果的な情報収集の方法を知るところからです。別に難しいことはなくて、かなり簡単。

・Google検索をかけて、信頼できる人のブログ読む
→信頼できるかの見分け方は簡単で、話が具体的かつ実績証拠があるかどうか
・Twitterで自分の目標をすでに達成している人のTweetを参考にする
→これも簡単で、プログラミングを学びたかったら「エンジニア」とかで検索するのがベスト
とにかく体験談、成功談、失敗談、実績を交えながら発信している人のアカウントやブログを読み尽くすのがいいです。

これを簡単に言えば「質が高い」というのでしょうが、まさに言い得て妙です。質の高い情報発信者を見つけるべき。

なので、よくあるまとめサイトとかを参考にするのはよくないですよ。「おすすめ資格10選」とか。それと、本もおすすめしません。

もっと「個」がふんだんに見られる記事を読んだ方が、100倍もためになります。

今まさに行動している人もフォローすべき

そして、雲の上の存在ばかりフォローするのではなく、自分と同じレベルもしくは自分より少し先にいる人もフォローすべき。

Twitterは行動している人が多いので感化されるのと、少し先にいる人がいるとモチベも高まりますね。

自分より少し先の人なんて目標になるのか?という謎のプライドは捨てて、しっかり発信内容をみておくのがベスト。

MEMO
質の高い情報に触れることがまず第一。

・「情報収集」の次にすべきことは「行動」

流れ
・情報収集→行動→分析&改善
情報収集をしたら速攻行動に移すべき。

情報収集をしても自分の能力値はそこまで高くなっていないので、行動という名の訓練を行い、自分のレベル上げを行います。

ですが、行動といってもそこまで大層ではないですよ。英語だったら、単語を覚えるとかです。

・実績を出している人がこれをやってる→やってみる
・プログラミングの需要が高まっていると聞く→やってみる
・ブログはオワコンだと聞くけど、個人のメディア媒体として優秀だと聞く→自分でやって、判断する
本当にこれだけ。

ここで大事なのは、本とかを読んで情報が正しいのか整合性を合わせるのではなく、まず行動して自分で体感すること。

その素早い行動が、対象への興味関心につながり、スキルアップにもつながりますね。
僕はここが完全にできていなかったので、後悔しました。

そして、行動が習慣化されると、スキルアップや経験値増加につながるので、自分が持っている知識や経験を知らない人へ教えられるレベルになりますね。

ノロノロ

人に教えられるレベルまでいくと強いね。
例えば、留学を1年した人が、これから留学を1年しようと思っている人に向けて、具体的なアドバイスができる、、みたいな感じ。

留学してないと具体的なアドバイスはできないですよね。「留学先であったら便利なもの」「細かい海外の雰囲気」等も伝えることは不可能。

別に発信する側に回れとは言いませんが、「人に教えられるレベル」のスキルや経験を身につけるためには、行動が必須です。

MEMO
行動量が多い大学生=意識高いは事実。

・「行動」の次にすべきことは「分析&改善」

流れ
・情報収集→行動→分析&改善
そして、行動の次は分析&改善。

ここを見落としてる大学生は多い気がしていて、別にディスっているわけではないですが、ここをやらないといつまでたっても大きな成長はしないです。

分析&改善をしないということは、全国模試を受けてそのまま放置するようなもんで、受けた意味が半分以上下がりますよね。

なので、分析と改善は絶対にしましょう。まじでしんどいけど、大事。

・ブログで記事を書く→記事を書くだけではなく、過去記事をリライトしたり、アナリティクスを使って数字分析する。
・プログラミングをする→自分の目標に合わせて、やることとやるべきでないことをはっきりと分ける
・TOEICの勉強→分析をした結果、リスニングがショボすぎるからリスニングを優先的に勉強する
分析&改善も考え方はそこまで難しくないですよね。

「伸びない原因を探して、そのために何をすべきか考える」これだけ。

こういった戦略的に考える力っていうのはかなり重要で、汎用性の高い能力です。どこでも重宝されます。

大抵の人は行動してそのまま放置、、ということが多いので「どうすればもっと楽に、効率的に結果を出せるか?」という考えに至りません。

そして言葉を強めますが、分析と改善は重要です。

MEMO
行動で終わるのではなく、行動から得られた結果を分析して、改善する習慣をつけることが大事。




「意識高い」に慣れてきた大学生が次に考えること

ここまできたら次に考えるべきことは2点あります。次の通り。

・考えるべきこと❶:今やっていることの対象の質を高める
例:プログラミングをやっているなら、そのまま質を高める
・考えるべきこと❷:新しいスキル、知識を身につける
例:プログラミングに慣れてきたのなら、アフィリエイトをやる
これは別にどっちでもいいです。やりたい方を選ぶので問題なし。

・自分の持つスキルや知識に磨きをかける

ある程度量をこなせば、短時間で高い成果を上げられるようになりますよね。

・ブログ→1記事書く時間は短くなったのに、記事の質は高い
・プログラミング→それなりにググらなくても、コードを書けるようになった
量をこなせば必然的に質は向上します。

そして、このままその対象の質を高めるのもいいと思いますよ。

1つのスキルだと他と差別化できないじゃん、という意見も正しいですが、そこは個人の問題。

自分がやりたい方をやり、「これは微妙だわ」と感じれば、舵をきればいいだけ。

・新しいスキルを身につけてもいいよ

プログラミングスキルを身につけたから、英語でも勉強しようかな、、といった感じ。

例えば、僕の場合だと次の通り。参考までに。

・アフィリエイトをやる→ライティングスキルはそれなりに身についた(大きく稼ぐことはできなかった)→プログラミングをやる
僕は舵を切ったタイプです。

アフィリエイトをあのままやっていても芽は生えないなと思ったので、ブログ型アフィリエイトに切り替え、プログラミングを始めました。

そして、TOEICも610点で伸びず挫折しましたが、今は「話すための英語」を勉強しています。

僕の場合は一度にやることを増やしすぎなので、あまり真似をしない方がいいです。時間がある人は別ですが。

ですが、新しいスキルや知識を身につけることは大事ですよ。理由は次の通り。

・周りとの差別化につながる

例えば、プログラミングやっている人なんて多すぎるので、そこで差別化はできない。だから、英語をやって差別化を図ります。

自分をブランディングしていくという意味でも、「掛け合わせの考え方」は重要。

ノロノロ

60点くらいのスキルを複数持っておくのがいい。

・日本は危機的状況なので意識高くなったほうがいい

最近終身雇用の担保が消え、年金制度も崩壊し、65歳までに2000万円貯めてくださいというニュースが流れました。

なにを今更、、といった感じではあるのですが、いざ現実的になってみると怖いもの。

・こうなっては自分でスキルや知識を身につけるなりして、手に職つけて生きていくしかないですね。
政府に文句を言っても仕方ないです。他者をコントロールするのはほとんど不可能なので、自分を変えるべき。

そして、大学生なら時間はかなりあると思うので、自分の将来的価値を高めるものに時間を集中投下するのがベスト。

ノロノロ

なにもせずに4年間を終えるのはもったいないよね。意識高く行動すると生存確率も上がるよ。
「意識高い大学生とか笑える」なんて言ってる暇はないですね。

まずは情報収集から始めて、行動に移していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA