新卒で自社開発企業にエンジニア就職

世代別おすすめのプログラミングスクールを紹介していきます。

ノロノロ

どうも、プログラミングスクールに通ったノロノロです。
プログラミングスクールに通いたいけど、どういう基準で選んだらいいかわからないし、おすすめもわからない。詳しく教えてくれ。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・❶:プログラミングスクールに通う理由は決まっていますか?
・❷:プログラミングスクールに通うべき人とは

・❸:おすすめのプログラミングスクールに通う前に(注意点)
・❹:大学生におすすめのプログラミングスクール
・❺:社会人におすすめのプログラミングスクール
・❻:プログラミングスクール期間は鬼のように勉強すべし
僕はプログラミングスクールに通いましたが、スクール選びって難しいですよね。

オフラインとオンラインとかもありますし、スクールによって値段も全然違います。なんなら言語も全然違いますからね。

ただ、整理して考えることで自分に適したプログラミングスクールを選ぶことは可能です。たくさんありますが、正解を選ぶことができます。

では実際に見ていきましょう。
※スクールは決して安い投資ではないので、記事が長めになります。休憩しつつ読んでもらえれば幸いです。

プログラミングスクールに通う理由はそもそもなんですか?

はやくスクール教えてくれない?と思ったかもしれませんが、ここはめっちゃ大事なので飛ばせません。

結論から言うと「プログラミングスクールに通う理由」を自分の中で明確に決めておくことは重要です。

理由は簡単で「ミスマッチをなくすため」ですね。
「やっぱり自分スクール通わなくてよかったわ」みたいな事態を防ぐために必要な手順なんです。

・理由は1つでいいです

何個も決めなくてOKです。1つでいいです。

もし自分がスクールに行く理由が

・独学だと続かない
・挫折しない環境を無理やり作りたい
みたいな、スクールありきの理由が1つあればOKです。準備万端だなと。

ただ

・スキルを身に付けたい
みたいな、別に独学でもなんとかなる理由の人は一度考え直すべき。

スクールに入って「別に独学でよかったなあ」みたいな状況になりやすいので。僕のスクール同期にも何人かいました。

こういう理由の人は1週間くらい独学でやってみて「自分が独学向きか」を把握するのがベストですよ。

ここの理由付けはミスマッチを防ぐ上でかなり大事なので、3分程度考えてみてください。

プログラミングスクールに通うべき人とは

実際にプログラミングスクールに通ってみて、プログラミングスクールに通って損しない人の特徴がわかってきたので、紹介します。

・❶:学習継続の自信がない人
・❷:それなりに費用がある人
・❸:プログラミングを触りだけでもやった人
この3つですね。

これらに当てはまっている人はスクール向きだと思います。しっかり知識習得していけるなあと。

❶:学習継続の自信がない人

ここに当てはまる人は、独学で挫折してしまう確率がかなり高いと思います。

かくゆう僕は学習継続が全然できないタイプの人間で、受験勉強は1日3時間とかが限界でした。

そんな人間なんで、プログラミング独学は1ヶ月で挫折しましたね(自分の中で1ヶ月は粘った方)。

なので

・今まで努力してきた経験がそんなにない
・プログラミングとかいう未知の領域で継続とかできる自信ない
・すぐ折れそう
みたいな人はスクール向き。

僕の同期には学習継続が苦手すぎる人がいましたが、スクールという環境のおかげで最後まで自走してました。

「引くに引けないところまで自分を持っていく」ことで、挫折する理由を潰し、プログラミングスキルを自分のものにする感じですね。

❷:それなりに費用がある人

貯金が0円の人はスクールに通わないほうがいいです。

プログラミングスクールって分割払いもあるんですけど、スクールによって違いはありますが、1番安いので大体月3万円とかです。

なので「そんなに貯金してないなあ」みたいな人はスクールではなく、スクールに通える費用を払えるまで独学で学習しておくのがベスト。

・❸プログラミングを触りだけでもやった人

プログラミングをちょっとでもやったことのある人はスクールに通っても損しないと思います。

逆に

・1回もエディタにコードを書いたことがない
・Progate等の教材で勉強したことがない
みたいな人はスクールに通う前に、一度自分でコードを書いてみましょう。

そうすることでミスマッチを防ぐことができますからね。

下の記事でも書いてますが、一回もコードを書かないまま、超ど直球でスクールに通うのはダメですよ。
プログラミングスクールに「行かなくていい人」の特徴を挙げるよ まずはコードを書いてみて「あ、自分独学きついわ」という感覚を覚えるのが先決。

おすすめのプログラミングスクールを紹介する前に

今からおすすめのプログラミングスクールについて紹介していくんですが、1つ注意点があります。

それは

世代によって、その人に適したスクールは明確に異なる
ということです。

つまり

・大学生に適したプログラミングスクール
・社会人に適したプログラミングスクール
は明確に違うんですよね。

僕はTECH::EXPERTというスクールに大学生で通ったんですが、ぶっちゃけオンラインのスクールでもよかったかなと思っています。

後悔はしていませんが、そのときの最適解ではなかったなあという感じです。

なので、世代はしっかり区別していきます。ここの分類分けはほんと大事なので。

大学生におすすめのプログラミングスクールを紹介

では大学生におすすめのプログラミングスクールについて紹介します(高校生でもOKです)。

結論、大学生は以下の2つからスクールを選ぶのがベスト。

・大学生におすすめスクール❶:TechAcademy【Webアプリケーションコース】
・大学生におすすめスクール❷:TECH::CAMP

大学生におすすめの記事はこちらに詳しくまとめているので是非。
大学生におすすめのプログラミングスクールを2つ厳選【体験者の解】

・どっちのスクールがおすすめなの?

僕的には、TechAcademy【Webアプリケーションコース】の方をおすすめします。

理由は簡単で

・Ruby on Rails→技術がモダンで未経験OKな自社開発会社等でももっとも多く使われている
・Bootstarap→レスポンシブ(タブレット、スマホ対応)を実現させるフレームワーク
・Github→自分のコードを管理したり、共同で開発したりするときに便利(Githubは神ツールです)
・SQL→アプリを開発する上では必要不可欠な技術です。これをカリキュラム内で詳細に学べるのは大きい
上記技術を網羅的に学ぶことができ、オンラインでも挫折しにくい環境だからですね。

僕はTECH::CAMPのカリキュラムで実際にプログラミングスキルを習得したんですが、それでもTechAcademyの方がいいなあと。

技術もモダンですし、Webアプリケーションを作る上でのスキルを習得するのに最適ですよ。

・オフラインのスクールは通わなくていいです

大学生はオフラインのスクールに通わなくていいです。

理由はいくつかあって

・オフラインのプログラミングスクールは高いから(土地代等がかかるため)
・オンラインで一通りプログラミングを学んだら、インターンなり就活をするのが効果的だから。
この2点ですね。

オンラインのスクールって、オフラインとは違って決まった時間に勉強するとかがないので挫折率が上がるんですが、今回紹介したスクールは挫折しにくい環境があるので問題なし。

オフラインのスクールはめっちゃ高くて、僕が通ったTECH::EXPERTなんて60万円近くしましたからね。貯金が恐ろしく減りました。

大学生はオンラインで十分です。オンラインでコツコツ学習しましょう。
大学生におすすめのプログラミングスクールを2つ厳選【体験者の解】

社会人におすすめのプログラミングスクールを紹介

社会人は大学生と違って時間がないです。なので、時間を極力無駄にしないように、オフライン型のスクールに通うのが無難です。

ただ、仕事をやりながらスクールに通いたい人もいると思うので、そこのバランスを取ってスクールを厳選しました。

結論、以下がベスト。

・おすすめ❶:TECH::EXPERT
→ライザップ式のプログラミングスクール
・おすすめ❷:TechAcademy《エンジニア転職保証コース》
→Javaに特化した転職型プログラミングスクール
・おすすめ❸:ポテパンキャンプ
→正社員転職特化型プログラミングスクール
こんな感じですね。

上記スクールに関してはこちらの記事で詳しく解説していますが、それぞれ目立った特徴を表記すると次のような感じになります。
【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】

スクール 特徴
TECH::EXPERT 圧倒的な転職成功率(98.5%)。スパルダですが挫折率は低いです。
TechAcademy《エンジニア転職保証コース》 オンラインなので地方の人でも受けられます。選考はありません。誰でも受けれます。
ポテパンキャンプ オンラインですが、選考があります。基礎知識を習得しておく必要あり。

こんな感じなので、都会の人はTECH::EXPERTに、地方の人はTechAcademyポテパンキャンプを選ぶのが得策だと思いますね。

・仕事と並行してプログラミングをやるのは結構しんどい

僕はTECH::EXPERTに通っていたのですが、その中で色々な社会人の人を見てきました。

・仕事をやめて、70日間プログラミングにフルコミットしている社会人
・仕事が終わってから教室に足を運び、3時間程度プログラミングをする社会人
「後者の生活は結構きつい」とほとんどの人が言ってましたね。

仕事はしっかりやらないといけないですし、プログラミングはプログラミングでしっかり考えないとカリキュラムが終わらないですからね。

なので、自分のライフスタイルに合わせて、上記スクールを選ぶのがいいですね。3つのうちどれかはしっかりくるものがあるはずです。
【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】

プログラミングスクール期間は鬼のように勉強しましょう

僕はスクール中毎日10時間以上勉強していました。

朝6時に起きてカフェに行きプログラミング
・10時くらいになったら教室に行ってプログラミング
・21時になったら教室を出てカフェに行きプログラミング

・23時くらいになったら家に帰り、夜中にもプログラミング
正直、腰は痛いわ目は疲れるわでしんどかったです。

これは別に努力自慢とかでもなんでもなくて、せっかく高いコストをかけるならこれくらいコミットして、得るものすべて得た方がいいということです。

スクールは教材と環境は提供してくれますが、結局やるのは自分ですからね。

というわけで、自分に合ったスクールを選び、プログラミングをバリバリ勉強してください。

大学生におすすめのプログラミングスクール
大学生におすすめのプログラミングスクールを2つ厳選【体験者の解】
社会人におすすめのプログラミングスクール
【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】