新卒で自社開発企業にエンジニア就職

DMM WEBCAMPの評判をスクール経験者の僕がまとめて解説

ノロノロ

どうも、プログラミングスクールでがっつり基礎力をつけたノロノロです。
DMM WEBCAMPに通うかどうか迷ってるんだけど、実際のところ評判ってどうなの?教えてくれ。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・DMM WEBCAMPの評判をスクール経験者の僕がまとめて解説
プログラミングスクールに関して、入る前と入った後のギャップで苦しむのだけは避けたいですよね。

僕はスクールに通ってプログラミング基礎力をがっつり身につけることができたんですが、その要因として「事前にきちんと評判等を確認した」というのが大きかったです。

自分とスクールのミスマッチを防ぐのに「下調べ」がかなり重要だということを痛感しました。

なので、今回紹介するDMM WEBCAMPに関しても、カリキュラム、メンターについて把握しておくのが大事ですよ。では早速評判に関して見てきましょう。

▼ 今すぐ無料相談を受けたい方へ ▼

»DMM WEBCAMPの無料相談を受けてみる

そもそもDMM WEBCAMPとは

「そもそもDMM WEBCAMPってどういうスクールなの?」というところを見ていきます。

   
価格 628,000円
受講形式 オフライン
場所 なんば、渋谷、新宿
学べる内容 HTML/CSS,Ruby,Ruby on Rails,JavaScript,SQL,Git,GitHub
 期間 3ヶ月(受講開始2ヶ月目からキャリアサポート開始)

DMM WEBCAMPは転職成功率98%という驚異的な数字を叩き出している「オフライン」のプログラミングスクールです。

「転職成功率が圧倒的に高いから受講する」という人も多く「就職に強すぎるというスクール」というブランディングすらあるんですよね。

大手プログラミングスクールのTECH::EXPERTなんかも転職成功率は高いんですが、DMM WEBCAMPに指一本届いてません。

それくらい就職・転職に強いプログラミングスクールなんですよ。

DMM WEBCAMPの評判をまとめて解説してみた

圧倒的な転職成功率を叩き出しているDMM WEBCAMPなんですが、実際のところどうなのかというところを見てきます。

以下の順番で説明していきますね。

・❶:転職成功率に関して
・❷:メンターの質はどうなの?
・❸:カリキュラムはどうなの?しんどくないの?

・❶:転職成功率に関して

DMM WEBCAMPってなんでこんなに転職成功率高いの?高すぎて逆に怪しい。

読者

なぜDMM WEBCAMPがこんなに転職成功率が高いかという理由はほとんど決まっています。

それは

「選考制度」を導入し、受講者をスクリーニングしているから
これに尽きますね。

もっと具体的にいうと

・①:タイピングテスト
・②:GitHubのちょっとした編集操作テスト
・③:面談
受講者を上記3つの要素でスクリーニングし、一定に点数を超えた人は受講できるという感じにしてるんですよ。

DMM WEBCAMPはカリキュラムスタート前からちょっとしたITリテラシーがあって、就職・転職の意思が強い人だけなので必然的に転職成功率が上がるというわけです。

こう聞くとかなりのハードルを感じるかもしれませんが、内容を深掘ると全くそんなことはないです。完全未経験者でもいけちゃうんですよ。

というのも選考の内容が

・①:タイピングテスト
→普通にタイピングできるレベル。ブラインドタッチレベルは求めてこない。
・②:GitHubのちょっとした編集操作テスト
→本当に些細な作業内容。バージョン管理とかはしません。
・③:面談
→就職・転職意思に関する確認。詰めるような話はしません。
こんな感じで、本当にプログラミングをやる気がある人なら誰でも合格できると思います。才能とかは関係ないですね。

「スクールに通ってもダラダラ学習する」、「メンターに任せきりで自分でググる姿勢を一切見せない」みたいな人以外は選考で落ちることはないなと。

選考前に少し予習をするだけでも十分ですよ。そんなに高難度なことはしませんから。

❷:メンターの質はどうなの?

DMM WEBCAMPのメンターって学生が多いって聞いたけどどうなの?大丈夫?

読者

メンターのほとんどが情報系の大学生だというのは本当ですね。

なので、現場エンジニアが知ってるような精細な技術を教えたりするのは難しいでしょうし、質問してから解決するのに10分程度かかる場合もあると思います。

ただ、メンターってそれなりに優秀じゃないとなれないんですよ。というのも

・①:プログラミングの素養が絶対必要
・②:倍率の高い応募を勝ち抜いてきている
みたいに、誰でもメンターになれるわけではないですからね。なので、カリキュラムに対する質問はばっちりこなしてくれますよ。

「現場で実装するようなマニアックな機能」について質問しても答えはおそらく返ってきませんが、カリキュラムのことなら全て網羅してますからね。

そして、前提としてDMM WEBCAMPはメンターにコストをかけるというよりも「就職・転職」に力を入れています。

それなりの基礎スキルを身につけて、就職・転職して現場経験を積むべき
というのがDMM WEBCAMPの考えです。

もちろんメンターの質は大事なんですが、ある程度プログラミングがわかってくると1人で作業できてしまうんですよ。

1ヶ月必死で勉強すれば「助けがないと何もできない→本気で頑張ったら1人でもなんとかなる」という状態になります。

❸:カリキュラムはどうなの?しんどくないの?

カリキュラムは難しすぎるってことはない?本当についていけるのかな?

読者

ぶっちゃけると、カリキュラムの難易度は「ちょっと難しいかな」くらいです。

1番の問題点は「3ヶ月」という短期間でカリキュラムを終わらさないといけないことですね。

・1ヶ月目:基礎学習
・2ヶ月目:チーム開発
・3ヶ月目:ポートフォリオ制作(就職・転職活動のときに武器になるオリジナルの作品)
学習フローは上記のような感じで進んでいくので、進捗は結構詰めないときつそうです。

ただ、DMM WEBCAMPはオフラインのプログラミングスクールなので、教室にいればいつでもメンターに質問できますし、誘惑されるものもないです。

僕もオフラインのスクールに通っていたのでわかるんですが、教室で勉強すると生産的な時間を送ることができるんですよ。

なので「ついていけない」ということはないと思います。
しかも、メンターの数の割に受講者が少ないので「質問待ち」みたいな状態になることも少ないと思います(他のスクールは質問待ち結構多いのが実状)。

HTML/CSSからRuby,Rails(テストコードも書きます)とアプリケーションを作る上での一通りのフローを経験するのは大変ですが、実力が身につくのは間違いないですね。

「ちょっときついカリキュラムを短期間でこなすこと」が1番成長につながるので、そこを取り入れているDMM WEBCAMPは個人的に気に入っています。

大阪・東京住まいの人にはおすすめできるスクール

DMM WEBCAMPは東京と大阪にしかスクールがないんですが、近くに住んでいる人は通ってもいいレベルのスクールだと思います。

・就職できなかったら全額返金してくれるのは「精神的負担」になる

DMM WEBCAMPは決して安いプログラミングスクールではありません。

確かにカリキュラムの質、就職・転職サポートの質は高いんですけど、値段が高いのも事実なんですよね。

ただ

万が一就職・転職できなかったら全額返金(60万円相当)してくれる制度があります。
これは受講生側にもメリットですし、スクール側もメリットなんですよね。

もし最後までカリキュラムを終わらせたのに、就職・転職することができなかったらスクール側の徒労に終わります。

そうならないためにも、スクール側は真剣に受講者をサポートしますし、カリキュラムに不満があったら改善もするんですよ。

もちろん就職・転職できない前提でスクールに通うのはダメですが、「全額返金」という保証があると精神的負担につながるのも事実。

・コスパのいいスクールだと思う

DMM WEBCAMPはコスパのいいスクールだと思います。

カリキュラムの質が高い上にチーム開発も行え、それを短期間に終わらせ、就職・転職してもっと実力をつけるという考えですからね。

なので、受講を検討する際はまず無料体験を受けてみるのがいいと思います。

いきなり申し込むのはさすがにリスクがありますし、スクールとのミスマッチがあったら嫌ですね。

まずは自分の目で雰囲気を確かめて、メンターの方とエンジニア、プログラミング、卒業生について話してもらうのが得策かなと。

強引な勧誘とかもないですし、エンジニア・プログラミングについてざっくばらんに話すだけですよ。

»DMM WEBCAMPの無料相談を受けてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA