新卒で自社開発企業にエンジニア就職

「やることちゃんとやってる人」がエンジニア転職で上手くいく説。

ノロノロ

どうも、大学生エンジニアのノロノロ(@noronoro_yurupoです。
エンジニア転職で上手くいく人の特徴ってなんですか?よくわかんないので教えてください。

読者(社会人)

という社会人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・「やることちゃんとやってる人」がエンジニア転職で上手くいく説。
最近はエンジニア転職をする人が増えてきて、ネットにいろんなエンジニア転職テクニックで溢れているんですよね。ネットでググる人はわかると思います。

例えば

・プログラミングは嫌いでも、好きだと言え!
・ポートフォリオにはこういう技術を使って、ここは〜をアピールし、〜を排除しろ!
・前職との繋がりはこういう風に話しておけ!
・スクールに通ってチーム開発経験をアピールしろ!Gitができることを示せ!
みたいに、TwitterやYouTubeでも溢れていると思います(僕もたまにツイートしますが)。

もちろん、こういった小テクっていうのは大事です。実務未経験でエンジニア転職するわけですから、カバーできるところはカバーしておいた方がいいです。僕も参考にしましたしね。

しかし、こういった情報を吸収しすぎると情報過多になって「結局何が大事がわからなくなる」という状態に陥ってしまいがちなんですよね。
なので、僕の結論としてエンジニア転職がうまくいく人っていうのは、かなり抽象的なんですが「やることちゃんとやっている人」というわけです。

言いたいことは大体言い終えたので「もういいや!エンジニア転職に向けて頑張ろう」という人はブラウザバックを推奨します。しっかり準備するのが得策です。

もうちょっとだけ話していきます。




「やることちゃんとやってる人」がエンジニア転職で上手くいく説

やることちゃんとやっているとはつまり

・毎日プログラミングをしている
・必要なら技術書なりオンライン教材を買って勉強する
・「Twitter等の変な情報を信じて、現実世界でアウトプットしない」というのがない
・チーム開発でもやっていけるように、最低限のコミュ力を身につける
これら全てをやる必要は全くないです。自分にとって必要なことを、必要な分だけ努力をして、自分を磨いていけばいいだけです。

「自分ができること」を増やして、できないことに直面したら「またできるようにする」という作業を繰り返すだけなんですよね。

・やることちゃんとやってる人は、完璧ではないです

エンジニア転職を完璧な状態で臨むというのは無理だと思います。

というのも

・独学、スクールで学ぶ内容というのは、実務と結構かけ離れている
→独学でいい感じだと自分が思っていても、企業の開発部からすると「実務で使えるコードじゃない」というのは多々ある

・エンジニア転職は数を打たないといけないわけで、1つの企業分析に使える時間は限られている
→エンジニア不足とはいえ、楽に転職成功するのは難しいです

こういった現実があるからです。

やることちゃんとやっている人でもそんなにいいコードではなかったりします。「やることちゃんとやっている人」とはいえ完璧ではないんですよね。当たり前ですが。

僕の周りでエンジニア転職を成功させていった人は何人もいますが

・PC知識はガバガバ
・デザインパターンを全く理解していない
・基礎的なアルゴリズムも書けない
・DBに関する知見がそこまでない
僕も含めてそうだったのですが、大半の人は超未熟な状態でエンジニア転職をせざるを得ないんですよ。

しかし、やることちゃんとやっている人っていうのは、未熟ながらもエンジニア転職を成功させていくんですよね。

「なぜ?」という疑問にスパッと答えるような最適解は存在しないのですが、1つの綺麗な答えとして

・未熟なところを補える「デカイ武器」があるから
例えば
・ブログ、Qiita等に自分のアウトプットを日々残す人
→意味のある努力ができる
・前職ですごい結果を出した人
→まあ、エンジニアでもやっていけるだろうと思ってもらえる
・ポートフォリオの質が高い人
→PC周りの知識がなくても、これだけのものを作れるなら参画してから伸びるだろう
こんな感じで、エンジニア転職を成功させる人は何かしらアピールポイントがあるんですよ(僕の場合は「自走力」でした)。

大きな武器があって、それを片手に弱点を打ち消して、しれっと自社開発企業に合格します。

・よくわからない情報に惑わされて、なにも生産しない人は失敗する

最近はTwitterやYouTubeが流行っていて

すごい人のツイートや動画を参考にする→自分は「すごいことをしている気」になっている
というのがあります。

エンジニア転職の小テクを見て「よし、これで自分は大丈夫だ!」と思うみたいな感じですね。

ただこれは確実に間違っていると思っていまして、エンジニア転職するためには現実世界でのアウトプットが必要不可欠なんですよ。

・コードを書く
・技術書を読む
・企業分析をする
当たり前のことを当たり前のようにするだけでOKです。

Progateのような基礎教材を黙々とこなして、基礎がそれなりに固まったらポートフォリオを作り始めて、面接に行きましょう。

・小テクはほどほどに

僕は情報過多になっていた時期があったのですが、そのときは「何が大事で、今自分は何をすべきなのか」というのが全然わかっていませんでした。

ネットですごい人の情報を見て、それを理解だけして、自分が成長したかのように錯覚する
典型的な「行動しない君」になってました。

ただそこから脱却して、やることを毎日ちゃんとやっていたら文系でも自社開発企業から合格を頂きましたし、成長を実感するまでになれましたね。

もちろん転職する上で小テクっていうのは大事なんですが、少し取り入れるくらいでとどめておいて、現実世界で多くのアウトプットすることをおすすめします。

それだけで頭の中はクリアになりますし、エンジニア転職もうまくいくと思います。

ということで、これからエンジニア転職をする人にとって少しでも参考になればいいなと。

ノロノロ

ありがとうございました!
エンジニア転職で失敗しないためのポイントをまとめる【再現性高め】 【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】 40代未経験者でも受講・自走可能なプログラミングスクールを紹介 テックエキスパートで学べる言語を卒業生が徹底解説【網羅性高い】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA