新卒で自社開発企業にエンジニア就職

エンジニアインターンに採用されるレベルとは【未経験OKなのか?】

ノロノロ

どうも、エンジニアインターン経験のあるノロノロです。
エンジニアインターンのレベルってどんなもの?実務未経験でもいけるの?

読者

という大学生に向けて記事を書きました。
記事の内容
・エンジニアインターンに採用されるレベルとは【未経験OKなのか?】
最近はプログラミングを始める人が増えてきたからか、エンジニアインターンを希望する大学生が増えてきた気がします。

そんな中で「エンジニアインターンに採用されるレベル」って気になると思うんですよ。

僕自身インターンに応募する上で「自分って合格基準なのかな、、、」と不安がってました。

ただ、僕はエンジニアインターンになんとか合格することができたので、僕の観測範囲内でエンジニアインターンに採用されるレベルを紹介します。結論言うと

・Progateでプログラミングをやっているだけ
中々レアケースではありますが、これでも合格できることはあります。

もちろん複数の技術を用いてなにか動くものを作る等すれば採用確率を上げることができるんですが、プログラミングほぼ未経験者でもいけちゃうんですよね。

ただ、超有名な自社開発企業等は中学高校の頃からバリバリプログラミングをやっていたり、地頭がすごくよくて吸収力のある人じゃないときついのも事実なんですよ。

もう少しだけ話していきます。




エンジニアインターンに採用される取り組みを羅列してみた

僕の経験ベースで、エンジニアインターンに採用される取り組みを羅列してみました。

・❶:プログラミングをやっている
・❷:何かを作っている

・補足:技術関連の資格は?
こんな感じですね。

「プログラミングをやっているだけ」でもインターンに採用されることはあります。

Progateやドットインストールでしかコードを書いた経験がなくても、パスできる可能性は十分あるんですよね。

❶:プログラミングをやっている

「プログラミングをやっている」とは具体的にどういうことかというと

・Progateをやったことがある
・ドットインストールをやったことがある

・paizaをやったことがある
・HTMLを書いてブラウザに表示したことがある

・コードを書ける環境を構築して、エディタに何かしらのコンピューター言語(Ruby、PHP、Python等)のロジックを書いたことがある
みたいな「アプリケーションを完成させるまでにはまだ至ってないレベル」のことですね。

HTML/ CSSを使って簡単なWebサイトを作るだけでも、プログラミングはやったと言えると思いますよ。

アプリを作ったことがないと言っても、実際にコードを書いている証明にはなるので、インターン採用の際は評価ポイントになります。

ただ、今の時代プログラミングが簡単に始められることも事実なので

・CRUD機能がついたアプリ
・Docker、APIを用いたアプリ

・Ajaxもりもりのアプリ
みたいな、ちょっと難しいことにチャレンジするのがいいですね。

これくらいやっておくと採用の際にもかなり評価され、選考をパスする確率は急上昇します。特に文系はやっておくべきだなと。

具体的な勉強方法がわからない人は、大学生優位なプログラミング始め方の記事をこちらで解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
大学生優位なプログラミングの始め方を徹底解説してみた【毎日勉強】

❷:何かを作っている

何かを作っているとはつまり

・記事を投稿して、編集できたり削除できるアプリ
・ユーザー同士がフォローしたら、メッセージのやりとりができるようになるアプリ

・レビューのランキングが見れるアプリ(AmazonのAPIを使う等)
のような感じで、自分オリジナルのアプリのことです。

グーグルで「プログラミング ポートフォリオ」とかでググると色んなアプリが出てくると思うので、ざっと見てみてください。

そうすると全体的なレベル感をつかめてくると思うので、そこから逆算して自分が作るべきレベルを定めましょう。

自分のオリジナルポートフォリオを持っている学生は少ないので、インターン採用の際はかなりの武器になりますよ。

僕自身

・UIを徹底意識した設計
・CircleCIでテストを自動化

・複雑な機能を複数実装
こんな感じで、それなりに質の高いポートフォリオを作ることで、レベルの高い企業に採用させて頂くことができました。

確かに、何かを作ることって大変ですし、時間も結構かかる(僕の場合、1日7時間を3週間程度)ので骨が折れます。

しかし、何か作ったことがあって、しかもそれを見せられる状態にある人は貴重です。技術意欲も高いと証明できますしね。




常に先のレベルを見据えたほうが無難だと思う

常に先のレベルを見据えるのがいいです。

具体的にどういうことかというと「インターンだからと油断せずに、常に一歩先の行動をしていく」ということです。

しんどいからと言い訳せずに、自ら成長の機会を掴みに行くのが大事だと思います。これは経験ベースでほんとに痛感しています。

・まあいっかはダメだと思います

これは「とりあえずやる気があればいんだよ!!手を動かせ!!」みたいな害悪思想ではないです。

・インターンだしそんなにプログラミングガチらなくてもいい→ちゃんと動くものを作る
・Progateばっかりやる→しんどくてもエディタにコードを書く
・動画教材を見て満足する→アウトプットするところまでやる
現状の自分より少しレベルの高いことに挑戦するのがいいです。

そうすることで、自然と周りと差別化することができますし、顔つきもよくなって採用率も上がってくると思いますよ。

口だけで行動していない人がほとんどです。そこでプログラミングをしっかりやっている人がいれば採用されるのが普通なんですよね。

インフラも意識してみる

ここはマニアックな話にはなりますが、個人的にかなり大事だと思っているので話します。

プログラミングを勉強する際はコンピューター言語だけではなく、インフラあたりも勉強しましょう。

・AWS
・Docker
・CI
・Terraform

・Kubernetes
全てやるのはきついと思うので、AWS(EC2)、Dockerを自分のオリジナルアプリに導入してみることをおすすめします。

色々バグが出て大変だとは思いますが、確実に評価されるところではあるのでコスパのいい取り組みかなと。

・しっかりコードを書いて、数を打てば参画できる

未経験でもOKです。

ただ、しっかりコードを書いて、数を打って応募する必要があります。楽にいくことはないです。

とはいってもちゃんと努力してればOKですからね。特別感を出す必要はないです。やることやってればいいんですよね。
僕は文系でプログラミング経験はそんなになかったのですが、自走力を証明できるものを作っていたのでインターンに採用されることができました。

それについてはこちらの記事で解説しているので、これからの参考にしてもらえれば幸いです。
文系がエンジニアインターン合格までにしたこと【自社開発企業】 インターン参加はハードルが高いものと思っているかもしれませんが、そんなに気負う必要もないんですよ。

毎日コードを書いて、やることやって、応募して、面接して終わりです。それだけです。緊張するのは一瞬です。

ということで、これからエンジニアインターンを考えている人は頑張ってください!

ノロノロ

頑張ってください!
文系の僕が「エンジニアインターン」の探し方を経験ベースから解説 エンジニアインターンのおすすめ求人サイトを徹底紹介【未経験可能】 大学生優位なプログラミングの始め方を徹底解説してみた【毎日勉強】 大学生におすすめのプログラミングスクールを2つ厳選【体験者の解】 プログラミングスクールに通うべき大学生の条件は「3つ」あるよ プログラミングを始めている大学生へ【時間の使い方気にしてる?】 プログラミングって大学生から始めて大丈夫なの?【結論:YES】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA