新卒で自社開発企業にエンジニア就職

【徹底管理】僕の休学中スケジュールを公開するよ【サボりも消える】

ノロノロ

どうも、ノロノロです。
大学を休学している人ってどんなスケジュールで動いているんだ?自分も休学を考えてるんだけど、サボりそうだからそこんとこ教えてくれ。

読者

という大学生に向けて記事を書きました。

当記事では、大学3年時に1年休学すること決めた僕が「大学休学中のスケジュール」について言及していきます。

記事の内容
・【徹底管理】僕の休学中スケジュールを公開するよ【サボりも消える】

先に結論から言うと、僕の休学中スケジュールは次の通り(2019年7月7日現在)。

1分単位まで細かく決めているわけではないんですが、「時間単位」でしっかりスケジュールを組んで、行動に落とし込んでいます。

こうすることで休学中のサボりを防ぐことができ、自分のやるべきことに優先的に取り組むことができるんですよね。

休学中は自分の積極的な意志がないとだらけてしまうので、徹底したスケジュール管理は必須になってきます。



大学休学中のスケジュール管理は重要だよ

今振り返っても思いますが、大学休学中のスケジュール管理は超重要です。

理由はシンプルで「サボりを防ぐため」ですね。
さらにポイントを言うと、スケジュールは「一度立ててもすぐに変わってしまう」ということ。

ぶっちゃけ1週間に1回くらいの割合でやることは微妙に変わってきますね。

なぜかと言うと、時間が経つとやるべきことの優先順位も変わってくるからです。

ただ、まずは全体を把握し、大まかな方向性を決めていきましょう。

・スケジュールは具体的に決めるといいよ

スケジュールが具体的に決めるべきで、具体的であればあるほど、やるべきことが明確になります。

例を出すとすれば、次の通り。

《来年Web系企業に就職する》
・1日プログラミングを3時間する
→Rubyを2時間,Railsを1時間する

《ブログで年内月5万円を目指す》
・ブログを毎日書く
→5時間ブログを書いて、他の人のブログも参考にする

ざっとこんな感じ。

正直もっと深掘ったほうがいいんですが、わかりやすくするために簡略化しました。

まずは「最終的な目標(ゴール)」を設定し「それを達成するためにはどうするべきか?」を考え、行動レベルまで落とし込むのがいいですよ。

ノロノロ

行動レベルまで落とし込むと、一気にサボる率が下がるんですよね。
僕はスケジュールを立ててないときはサボりまくりでした。

ブログをちょっと書いたらYouTubeを3時間見て、昼寝して、夜に起きて映画を見て寝たりと。さすがに堕落しまくりですよね。

なので、目標を達成するために「1日単位」で目標を立て、自分を徹底管理しました。するとサボらなくなったんですよね。

ただ注意があります。それは

・厳しすぎるスケジュールを立てすぎないことです。
厳しすぎると普通に挫折します。「ストイック=絶対良い」とは限らないです。

僕は今でこそ毎日9時間以上プログラミングをやっているわけですが、最初は無理でしたね。

徐々に最低基準を上げていき、自分のハードルを上げてきました。

自由時間は1日のどこかに「少し」組み込むのがいいよ

僕は今のところ自由時間を入れてないですが、入れたい人は入れてもOKですよ。

しかし、丸々休みの日を作るとかはおすすめしません。
理由は簡単で、せっかく作った習慣化が潰れるからですね。

パーソナルトレーナーのAYAさんは「チートデイ」といって、自分のご褒美の意味を込めて、何もしない日を決めているらしいです。

これ実際に僕もやってみたのですが、もともと意志は弱い方だったからか、次の日も普通にサボってしましました。

なので、自由時間は1日の最後とかに少しだけ作るのがいいと思います。
ただ、1日休みを作ることで生産性が上がるのであればOK。AYAさんみたいに意志力が鬼のように強い人であればやってもいいと思います。

そこは自分の性格やスケジュールと相談して決めることですね。

MEMO
スケジュールが具体的に決めるのがベスト。

・スケジュールを具体的に決めたら、行動して随時修正してゆく

具体的なスケジュールを決めたら、それに則って行動していきましょう。

ただ、ここでポイントがあります。それは何かというと

1週間ごとに自分のスケジュールを見直すこと。
僕は毎週スケジュールを1週間ごとに見直して、今の行動が本当に正しいのかを考えています。

ぶっちゃけかなりめんどくさいんですが、この作業をしないと努力のベクトルがずれたまま行動する危険性があるのでやるべきなんですよね。

スケジュールを見直すことで「無駄」を潰すことができるので、1週間に1回は見直すべきだよな、というのが僕の見解。

ノロノロ

めんどくさい作業ではありますが、極力無駄な努力をしないためにも、ここはサボっちゃだめです。
休学中は時間がかなりあるので少しくらい時間を無駄にしてもいいだろ」みたいな思考になりがちですが、よくないです。

時間がかなりあるなら、その時間を目一杯使って、作業効率を最大化させるべきだと思います。

MEMO
スケジュールば決めて放置じゃなくて、随時修正していくのがベスト。

・スケジュールに依存しすぎなくていい

ここまでスケジュールの重要性について語ってきましたが、完全にスケジュールに依存する必要はないです。

僕なんか、ブログの気分じゃないなと思ったら平気でプログラミングをやったりするので、スケジュール通りに動いているとかと言われると「No」です。

日によっては、自分の気分に合わせるのもアリです。
そうしたほうが生産的な時間を送れたりするので、結果的に生産的な時間を送れると思いますよ。

しかし、スケジュールから逸脱しすぎる行動はNG。ここが難しいところなんですけどね。

あくまで参考にすべきはスケジュールの方で、ここを忘れてしまうとサボり癖がつきます。

ノロノロ

自分の気分を良い感じにコントロールするのがポイント(簡単なことじゃないですが)。
自分の気分を大事にしつつも、スケジュールには従う」というスタンスのいると、時間を無駄にしなくて済みますね。

「休学中ってなんか味気ないな〜」と感じたら、ちょっと予定を変更してみるのも気分転換にはいいです。

MEMO
スケジュールに依存しすぎるのもよくないですが、基本的にはスケジュール通りに行動しましょう。




スケジュール通りに行動できなくなったらどうすんの問題

僕はスケジュール通りに行動できなくなって、作業する手がとまった経験があります。

今まで順調に受験勉強が進んでいたのに、なぜか上手くいかなかったというケースに似てるんですよね。

しかし、次のようなことをして克服してきました。

・克服❶:最終的な目標を思い出す
・克服❷:1ヶ月に1回だけハメを外す
・克服❸:スケジューリングしなくていい環境を作る
結論これだけでした。

・克服❶:最終的な目標を思い出す

例を出すとわかりやすと思うので、例を出します。

僕の最終的な目標は「ノルウェーに移住すること」です。

なので、スケジュール通りに行動できなくなったら、そのことを思い出すようにしています。

・なにかの拍子にリズムが崩れる
→自分の最終的な目標(ノルウェー移住)を思い出す
→ここで行動をやめたら目標は達成できないと再認識する
→また行動を開始する
ざっとこんな感じ。

僕の場合は、「ノルウェーに移住したいって言っといて、ブログとプログラミングサボっているのはなんで?やる気ないの?なんなの?」と自分を詰めます。笑

ノロノロ

自分の目標に反した行動に喝を入れるわけです。
これだけでも行動量が増え、徐々にスケジュール通りの行動ができるようになってきます。

僕自身この方法を取り入れてからうまくいっているので、最高の方法だと実感しています。

目標を達成できなかった自分も想像する

これもいい克服方法。

逆の発想で、目標を達成できなかった自分も想像するといいですよ。

背筋が凍るような思いをしますよね。これが行動の原動力になります。

・目標を達成できない自分を想像
→このままではダメだと理解し、焦る。
→やばいと奮起し、行動する。
多くの人は、何かの目標を達成するために休学します。なので、目標を達成できなかったら時間の無駄ですよね。

恐怖を煽ることで、自分の行動を促すのはベストな手段だと思います。

MEMO
最終的な目標を思い出し、自分の背中を押すのがポイントです。

・克服❷:1ヶ月に1回だけハメを外す

僕は1ヶ月に1回はハメを外します。

ただ、ハメを外すと言っても、パリピみたいにクラブに行ったりとかではないですよ。

・映画を見る
・友達と話す
・寝る
午前中に最低限やることを終わらせて、午後は自由な時間にしています。

こうすることで、脳内のいらない思考がリセットさせ、モチベが上がり、行動力が増加するんですよ。

たださっきも言ったように「休憩時間は作りすぎないこと」が重要です。

ノロノロ

せっかく作った習慣が崩れやすくなりますからね。
僕的には1ヶ月に1回くらいがちょうどいいよなと実感しています。

多すぎるとサボりぐせがつきやすくなるので、本当におすすめしません。休学中だと余計サボってしまいます。

MEMO
1ヶ月に1回ハメを外すと、スケジュール修正できます。

・克服❸:スケジューリングしなくていい環境を作る

個人的にこの手段はおすすめです。

どういうことかというと、次の通り。

・英語が捗らない→留学する
・プログラミングが捗らない→スクールに通う
・読書が習慣化できないやじるし→1日中図書館にこもる
ちなみに僕はプログラミングのスケジューリングにつまづいたので、スクールに通いました。

スケジュールは向こうで自分に適した形で組んでくれるので、自分は行動するだけでOK。

その対価として十分なお金を払う必要はありましたが、プログラミングを挫折してしまうよりかははるかにマシでした。

問題は費用ですが、1〜2ヶ月本気でバイトして、分割払いなどすれば大丈夫です。

僕はスクールに通うために40万円バイトで貯めて、分割払いにしましたね。

・対価さえ払えば、自分でスケジュールを立てなくていいので、迷いは払拭。
迷いが消えると行動量も増え、考え方もシンプルになっていきますよ。

次にやるべきことも明確になってくるので、スケジューリングしなくていい環境をつくるのは無難な選択だと思います。

MEMO
スケジューリングしなくていい環境をつくるのはかなりおすすめの方法です。

・スケジュールは大事です

スケジュールは超重要です。
道しるべがないとどこに向かっているかわからなくなるので、スケジュールは必要不可欠なんですよ。

スケジュールはそこまで重要じゃないといろんな人は言っていますが、僕は経験ベースでそうは思わないですね。

ノロノロ

ブログ、ライティング、プログラミング全てスケジューリングしたら、結果を出せた
休学中は時間をもてあそぶことなく、自分のやるべきことに集中してください。

サボりたくなる気持ちもわかりますが、まとまった時間を確保できるときなんて人生の中でそう多くないですからね。

スケジュール通りに行動して、1週間ごとに見直して、またその通りに行動するのベスト。
僕も引き続き頑張ります。

ノロノロ

この記事が参考になれば嬉しいです。
大学休学中にやる気がなくなったときに僕がしたこと【復活できる】 【徹底管理】僕の休学中スケジュールを公開するよ【サボりも消える】 大学休学の理由は人それぞれだが、後悔しない選択にセヨ【正解ない】 休学して10ヶ月経つから「休学のメリット」について色々語ってみる 【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA