新卒で自社開発企業にエンジニア就職

経験ありの僕がオフラインのおすすめプログラミングスクールを紹介

ノロノロ

どうも、通学型プログラミングスクールの経験があるノロノロです。
オフラインのプログラミングスクールに通いたいんだけど、おすすめが多すぎてどこを選んだらいいのわからない。だから、カリキュラム、サポート面諸々合わせて質の高いところだけを紹介してくれ。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・経験ありの僕がオフラインのおすすめプログラミングスクールを紹介
プログラミングスクールって言っても色々あるんですが、その中に「オフライン型プログラミングスクール 」というものがあります。

実際に教室に足を運び、メンターに逐一質問できる環境で勉強するプログラミングスクールのことですね。

僕は実際にオフラインのスクールに通いましたが、プログラミングの基礎的なスキルや現場のお作法を効率的に学ぶことができました。

ただ、オフラインのプログラミングスクールってやたらと多い上に、どこも似たり寄ったりで選ぶにくいのが事実なんですよ。
僕も選ぶときはほんと迷ったので、僕の経験をベースにして質の高いオフラインスクールだけを厳選してみました。

プログラミングスキルを活かせる状態まで引き上げ、これからの武器にしていきたい人はぜひ読み進めてみてくださいね。

オフライン型スクールはどこも「学習フロー」は同じです

使用する言語が違ったり、構築する環境が違ったり、インフラが違ったりしても、大体どこのスクールも同じです。

・基礎学習→応用学習
上記のフローを大体3ヶ月くらいで、無駄を極力省いたカリキュラムで進めていきます。

ただ、フローがほとんど同じでも、カリキュラムの質が高かったり、メンターの質が高かったり、チーム開発があったりと「総合的な質」にはばらつきがあるんですよ。

なので、なるべく質の高いオフライン型プログラミングスクールを選び、適切な学習環境でプログラミングを勉強するのがベスト。

・オフライン型スクールの特徴

大きなところを1つ挙げるとすれば

挫折しない環境を仕組み化しているところ
これに尽きるかなと思います。

僕が通っていたTECH::EXPERTや他のオフラインスクールは、メンターと生徒の距離が近いので、モチベを維持しやすいんですよ。

これまでの成功体験に自信がない人でも、卒業までプログラミングを勉強し続けられると思います。

もちろん、過程の中で何度も挫折しそうになるんですが、挫折しない環境を仕組み化しているので、なんとか自走しきれるんですよね。これがオフラインの強みであり、特徴だなと。

オフラインのおすすめプログラミングスクール【3つ】

3つに厳選しました。

そして、おすすめと言っていますが、上から順にランキング形式となっています。

どこのスクールも無料相談があるので、自分の肌感に合ったところを選び、スクール全体の様子を見てみるのがいいと思いますよ。

・No.1:TECH::EXPERT
・No.2:DMM WEBCAMP
・No.3:GEEK JOB

・No.1:TECH::EXPERT

   
価格 798,000円※全額返金保証付
受講形式 オフライン
場所 福岡、なんば、渋谷、名古屋
学べる内容 HTML/CSS,Ruby,Ruby on Rails,JavaScript,jQuery,SQL,Git,GitHub,Linux,AWS
 期間 3ヶ月

TECH::EXPERTはプログラミングスクール界のライザップと言われるくらい、自分の実力を短期間のうちに叩き上げてくれます。

僕はこのスクールに通っていたのですが、カリキュラムが結構厳しい割に、挫折している人もほとんどいなかったですし、初学者でも3ヶ月でしっかり実力をつけてましたね。

普通に考えると3ヶ月間毎日長時間勉強していたら、効率も落ちて挫折率が高くなると思うんですが、TECH::EXPERTの学習完了率は94%という高い数字を出しているんですよ。

それもそうで

・❶:徹底的な学習進捗管理
→エクセルシートを用い、ライフコーチが毎日進捗の管理をしてくれました
・❷:メンターのホスピタリティがほんとに高い
→基礎的な質問でも嫌な顔一つされませんでした
・❸:同期の存在
→一緒に頑張れる存在がいると自分も感化されました
こんな感じで、1番大きいのは「ライフコーチによる学習進捗の徹底管理」ですね。

少しでも進捗が遅れていると、Slackで連絡を送られますし、なんなら朝一で「今日はどこまでやりますか?」と聞かれます。

こう聞くと「なんか圧迫しすぎじゃない?」と思うかもしれませんが、メンター含めライフコーチは対人能力が高いので優しく諭してくれるんですよね。

なので、カリキュラムが多少難しくても自走しきることができます。
プログラミングって高学歴の人でも挫折してしまうくらい特殊なものなんですが、TECH::EXPERTは「挫折しない仕組み」と「最適な学習環境」があるので圧倒的に挫折しにくいです。

自分の意思がそんなに強くなくても、ちょっと踏み込んだ内容まで網羅できるプログラミングスクールですね。

MEMO
完全プログラミング初学者でも「踏み込んだ内容」を学びきることのできるスクールです。

»TECH::EXPERTの無料相談を受けてみる

テックエキスパートの口コミを羅列してみた【卒業生の記事です】

・No.2:DMM WEBCAMP

   
価格 628,000円
受講形式 オフライン
場所 なんば、渋谷、新宿
学べる内容 HTML/CSS,Ruby,Ruby on Rails,JavaScript,SQL,Git,GitHub
 期間 3ヶ月(受講開始2ヶ月目からキャリアサポート開始)

DMM WEBCAMPはプログラミング学習を3ヶ月したのち転職活動を開始するんですが、その間に決まる確率が98%もあるんですよね。

なぜこんな驚異的な数字が出ているかというと、DMM WEBCAMPは受講希望者と事前に面談をする「選抜制度」をとっているからなんですよね。

もっと具体的にいうと

・タイピング
・GitHubを使用するテスト
・面談
上記3つを受講希望者にやってもらい、一定の点数を超えた人を受講対象としているんです。

就職意思が強く、なにがなんでもプログラミングスキルを習得するという「覚悟」を持つ人をスクリーニングしています。

この制度が転職成功率98%という高い数字を出しているんですよね。

ただ、選考といってもそこまで難しい内容でもなく

・タイピング
→2〜3日で慣れます。完全ブライングタッチレベルは求められてません。僕も今だにキーボードは見ます。
・GitHubを使用するテスト
→GitHubはコードを公開したり、共有するためのサービスです。使い始めたら感動すると思います。選考段階では難しい操作はありません。ちょっとした編集操作程度です。
・面談
→就職・転職の意思を確認される程度です。エンジニアになりたい気持ちを素直に伝えればOK
TECH::EXPERTとは違い選考があって、なにかめんどくささを感じるかもしれませんが、多少の手間を取ると挫折率を下げられますからね。

カリキュラムの難易度はちょうどいいです。TECH::EXPERTよりかは少し優しいですね。そのため余裕を持ってカリキュラムを終わらせる人もいるようです

教室は午前11時から22時まで空いているので、プログラミングにフルコミットできる環境は揃っています。

MEMO
「選抜制度」により就職意思の濃い人が集まっています。就職特化型スクールです。

»DMM WEBCAMPの無料相談を受けてみる

DMM WEBCAMPの評判をスクール経験者の僕がまとめて解説

・No.3:GEEK JOB

   
価格 無料
受講形式 オフライン
場所 九段下キャンプ,四ツ谷キャンプ(東京限定のプログラミングスクール)
学べる内容 HTML/CSS,PHP,Java,Ruby,Ruby on Rails
 期間 2ヶ月

GEEK JOBの特徴はなんていっても「無料」というところなんですよ。

受講費が100万円のスクールもある中、GEEK JOBは無料でカリキュラムを受けることができ、同時進行で転職活動をするんですよね。

なぜこんなことをするかというと

現場で実践的なことをやるのが1番成長速度として早い
というスタンスを取ってるからなんですよね。

「エンジニア業界に就職すること」が1番の目的なので、カリキュラムは基礎的な内容に抑えてはいますが、2ヶ月で必要最低限の知識を学ぶのはなかなかしんどいです。

「プログラミングに投下する時間」を最大化しないと結構きつく、自分でググりながらでも技術に食らいつく貪欲な姿勢が必要になってきます。

ただ、超最短期間で最低限のプログラミングスキルを身につけ、現場に潜り込むというのはコスパ面で見ると最強なので紹介しました。

MEMO
超最短期間でプログラミング基礎知識を習得し、現場に潜り込むコスパ最強のプログラミングスクールです。

»GEEK JOBの無料相談を受けてみる

オフライン型プログラミングスクールを選ぶ上でのポイント

3つ紹介しましたが、絞り込むのが難しいなあという方もいると思うので、そういう方は以下のような判断基準を持つのがいいと思います。

TECH::EXPERT プログラミング学習を続けるのがほんとに不安な人
DMM WEBCAMP プログラミングの勉強は遠目。就職にこだわる人
GEEK JOB 金銭コスト0かつカリキュラム並行で就職活動がしたい人

こんな感じで決めるとミスマッチは劇的に減ると思いますよ。

僕は本当にプログラミングを続けるのが不安だったのでTECH::EXPERTに通いましたが、結果的にスキルは身につきました。

無料相談で「本当に自分に適したスクールはここなのか?」がはっきりすると思うので、複数受けてみて判断するのが最適解だなと。

・プログラミングスクール期間は鬼のよう勉強しましょう

というわけで、プログラミングスクールに通ったら鬼のように勉強しましょう。

「卒業するまでは全ての時間をプログラミングに投下する」くらいの勢いでちょうどいいと思います。

僕は毎日10時間以上勉強したおかげで、数ヶ月でそれなりのWebアプリ・サービスを作れるレベルになれました。

独学挫折したときはどうなるかと思いましたが、プログラミングって根気よく続けていたら確実にものになりますよ。

なので、プログラミングに興味があり、武器の一つとして考えているうちに行動するのがベスト。

当記事で紹介したおすすめのオフライン型プログラミングスクール
・No.1:TECH::EXPERT・・・プログラミング学習を続けるのがほんとに不安な人
・No.2:DMM WEBCAMP・・・プログラミングの勉強は遠目。就職にこだわる人
・No.3:GEEK JOB・・・金銭コスト0かつカリキュラム並行で就職活動がしたい人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA