新卒で自社開発企業にエンジニア就職

Progateの進め方をプログラミング大好きな僕が徹底解説する

ノロノロ

どうも、Progateでの学習経験があるノロノロです。
Progateの進め方を教えてくれない?色々なコースがあってよくわからないよ。。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・Progateの進め方をプログラミング大好きな僕が徹底解説する
Progateって内容はすごくボリューミーでわかりやすいんですが、コースが多くて何から始めたらいいのか難しいのも事実なんですよ。

僕自身最初はどのコースから勉強すればいいかわからなかったですからね。

しかし、これまで色々な学習教材を使用したり、アプリ開発をしてきて「これすれば効率的なんじゃないか?」という進め方が見えてきたので紹介します。

結論、以下です。

・手順❶:言語の学習
・手順❷:フレームワーク学習
・手順❸:DB関連の学習
・手順❹:Git(コマンド)の学習
これだけだとまだ「??????」という状態だと思うので、もう少し詳細に話していきます。




Progateの進め方をプログラミング大好きな僕が徹底解説

前提として、Progateには以下のコースを用意しています。

ノロノロ

結構多いんですよ。
こう見ると「どれをやればいいのかわからない!」ってなると思うので、僕がコース名も厳選しました。

特にこだわりがない人は以下の手順で進めるのが得策だと思いますよ。

   コース名 学習期間
言語学習 HTML/CSS,Ruby それぞれ2〜3周
フレームワーク学習 Ruby on Rails 2〜3周
DB関連学習 SQL 1〜3周
Git(コマンド)学習 Command Line,Git それぞれ1〜3周

上の手順で勉強すれば、簡単なWebアプリケーションを作れるようになります。

手順❶:言語の学習

まずは言語学習から入りましょう。

学習する言語は

・❶:HTML/CSS
❷:Ruby
この2つです。

なぜこの2つを勉強しないといけないかというと

・❶:HTML/CSS→アプリケーションを作る上での全ての根幹に当たるから
❷:Ruby→サーバーサイド言語を勉強しないと「動くもの」を作れないから
理由は主にこの2つです。

仮にですが、HTML/CSSだけを勉強してRubyを無視すると、静的なサイトをつくれるようになりますが

・タスクアプリ
・マッチングアプリ
・投稿サイト
・フリマサイト
みたいなアプリケーションを作ることはできないんですよ。

今の段階だとよくわからないかもしれませんが、HTML/CSSとRubyを勉強すればいいんだな〜くらいに思うのがベスト。

色々なデータを取り出したり入力するのにRuby(サーバー言語)は必須です。

手順❷:フレームワーク学習

学習するフレームワークは「Ruby on Rails」の一択です。

フレームワークっていうのは

アプリ開発を効率化してくれるための枠組み
ざっくりこういう風に解釈してもらえるといいです。

実際にターミナル(今は理解しなくてOKです)で以下のコマンドを打つと

$ rails new aaaaaaaaa
適当にRailsフレームワークを生成すると

こんな感じで、アプリケーションを一瞬で作ってくれるんですよ。

できたばかりのスタートアップ企業なんかは、爆速でアプリケーション開発を実現してくれるRailsを採用するケースが多いんですよ。それくらい効率的なフレームワークなんですね。

・手順❸:DB関連の学習

フレームワークを学習すると同時に、DB(データベース)関連も勉強しないといけないんですよ。

入力したデータは「DB」というところに保管されるからですね。

・顧客の名前
・顧客の性別
・記事のタイトル
・記事の投稿内容
・画像
・住所
これらは全てDBに保存する必要があります。

なので、Progateの「SQLコース」を勉強しましょう。ここを1〜3周するだけで、それなりのDB知識がつくと思いますよ。

・手順❹:Git(コマンド)の学習

こういう画面を見たことありませんか?

なんか映画のハッカーとかが「カチャカチャカチャ、バタン!」ってやってるアレです。怪しい黒画面ですね。

そして残念なお知らせですが、プログラミングをする上でターミナルから逃れることはできません。

ただ、そうは言ってもやっていくうちに慣れますよ。

僕自身最初は拒否反応がすごかったのですが、3ヶ月も経つと普通にコマンドを打てるくらいにはなれました。

なので、そこまで不安にならずProgateのGitやCommand Lineで勉強してみてください。




Progateが終わった後にすべきことは

Progateに終わったらすべきことは以下の記事に詳しく書いているのですが、個人的に「ポートフォリオ作成」をしていくのがベストだと思っています。
プロゲートの次にすべきことを羅列し、厳選してみた【3つある】

なぜポートフォリオを作るのがいいのかというと

・自分の力でコードを書く経験ができるから
これに尽きます。

技術力が飛躍的に伸びるときって、試行錯誤してコードを書いたときとか、エラーを苦しみながら解決した時なんですよ。

正直、動画をただ見たり、Progateで基礎を繰り返しているだけではいつまで経っても上達はしないんですよね。

・僕は「アプリ開発」で初心者を脱した

僕は今までUdemyやProgateで基礎を学習しては「よし、よく理解できたな」という状態で終わっていました。というか満足していました。

しかし、これだと全く技術力は身につかなかったんですよね。

なので、考えを改めて

・Ajaxを使ったチャット、投稿アプリ
・レベルアップ機能のついたタスク管理アプリ
・マッチングクローンアプリ
・診断ができる口コミサイト
こんな感じのアプリをひたすらつくりました。

もちろん徹底的にユーザー目線に立ちUIを考えて、CircleCIやAWSといった初学者にとってはハードルが高いものにも挑戦しました。

こうすることで飛躍的に技術力は伸び、慣れた技術でなら基本的になんでも作れるようになったんですよね。

・Progateを駆けぬけよう!

ということで、Progateにとことん時間を注ぎ込みましょう。

Progateはプログラミングの基礎を学ぶのには最適な教材だと思いますし、挫折するリスクもかなり減らせます。

そして、効率よく正しい手順で学べば、比較的短期間で基礎を理解することも可能です。

最後に、今回紹介したProgateの進め方の手順を紹介して終わります。

   コース名 学習期間
言語学習 HTML/CSS,Ruby それぞれ2〜3周
フレームワーク学習 Ruby on Rails 2〜3周
DB関連学習 SQL 1〜3周
Git(コマンド)学習 Command Line,Git それぞれ1〜3周

ノロノロ

Progate頑張ってください!僕もプログラミング学習頑張ります。
Progateを難しいと感じるのは自分に才能がないから?【違う】 Udemyの評判が高かったので半年間利用してみた【感想述べます】 おすすめのUdemy教材を初学者向けにレビュー【全て学習済み】 【Udemyレビュー】Web開発入門完全攻略コース【Good】 【評判】ドットインストールは結構難しいです【3日で挫折したわ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA