新卒で自社開発企業にエンジニア就職

Progateを難しいと感じるのは自分に才能がないから?【違う】

ノロノロ

どうも、Progateで詰まった経験のあるノロノロです。
Progateって難しくない?周りの人は淡々とやってるんだけど、自分は全然理解できないし進まない。。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・Progateを難しいと感じるのは自分に才能がないから?【違う】
結論、Progateを難しく感じるのは仕方のないことです。

確かにProgateで一切詰まらずポートフォリオを完成させる猛者だったり、Progateを1周で理解する人も中にはいます。

ただそんなのはほんの例外でしかなく、大半の人はどこかしらで詰まるんですよ。それはHTML/ CSSコースかもしれないですし、Rubyコースかもしれないです。

Progateがプログラミングを理解する上での最強教材であることは認めますが、そんなすぐには理解できません。

プログラミングは圧倒的な試行錯誤、エラー解決、ググった経験が合わさって成長するものですからね。
もう少し詳しく話していきます。




Progateを難しいと感じるのは「才能」が原因ではない

冒頭でも言ったように、Progateで難しく感じるのは「才能」が原因ではないです。

・僕はRailsコースでかなり詰まった

個人的な話で申し訳ないのですが、僕もProgateで詰まった経験があります。

HTML/CSSコースはそれなりにパッパと終わらすことができたんですが、Railsコースで完全に詰みました。。

・基礎から始めるよ→その基礎がわからない
・イラストが可愛いから理解しやすい→基礎がわからないからイラスト関係ない
RailsコースってRailsチュートリアルレベルに近いものがあるので、HTML/CSSやRubyを触った程度では全然歯が立ちませんでしたね。

ただ、今では余裕で理解できるようになったので才能は関係ありません。ここら辺は後述します。

・Progateはだんだん慣れてくる

Progateはやっていくうちに慣れてきます。

具体的なフローではどんな感じかというと

例:Rails
・1周目→全然わからない→2周目→全然わからない→3周目→中々理解できない→SQLコースにいく→Railsでの曇りが少し晴れる
こんな感じで、回数をこなしていくと徐々に理解できてきますし、他のコースを気晴らしにやると溜まってた疑問が解決されることもありますね。

理解できないことの大半って「慣れてないだけ」なので、まずは回数をこなすことが大事なんですよ。

精神論くさい気はしますが、量をこなさないと上達しないのは事実ですし、プログラミングにおいて「量」はほんとに大事な要素になってきます。

ノロノロ

大抵のことは量でカバーすることができます。
もちろん最低限の効率は必要ですが、効率っていうのは量をやらないと見えてきませんからね。

・慣れてわかったこと→才能関係ない

Progateの内容を理解できてわかったことは「才能なんて関係ない」ということですね。

今は理解できなくても3周〜5周してれば確実に理解は深まりますし、基礎理解もどんどん構築されていきます。

個人によって理解度に差があるのは仕方のないことなので、自分を責める必要はないですよ。

・Twitterを見ると自分より遅く始めたのにもう次の段階に進んでる
・自分は時間がかかったけど、あの人は一瞬で終わらしてる
こんなこと考えても意味ないです。

というのも「たまたまプログラミングにはまって、勉強していた言語に不便を感じたから新しい言語を作った中学生」とかもいるんですよ。

周りとの差を気にしながら勉強してたら精神が持たないです。。
もちろん、競争意識を持ちながら勉強するのは自己成長につながるかもしれませんが、周りと自分を比較して萎えたら本末転倒ですからね。

プログラミングもそうですが、Progateにも才能は関係ないのでマイペースでやることをおすすめします。




Progateの理解度を上げる「1つ」の意識

Progateは回数こなしていけば理解できてきますが、もっと早く理解したい人は以下を意識してみてください。

学習教材を補足してみる
どういうことかというと、Progateで詰まったら他の教材を足してみるということです。

僕の場合だと

・❶:Udemy
・❷:Qiita
・❸:公式リファレンス(初学者のうちはあまりおすすめしません)
上記3つを足して勉強していましたね。

基本的にはProgateで勉強するんですが、どうしても理解できないときは色んな教材を組み合わせて勉強する感じです。

・Progateだけにこだわる必要もないです

Progateはたしかにわかりやすい教材です。万人向けと言ってもいいですね。

ただ、中にはProgateじゃ全然理解できない人がいるのも事実なんですよね。

僕自身、RailsはProgateというよりUdemyのよくわかるRuby on Rails入門 オンライン講座で学び、基礎理解をしました。

HTML/CSSはProgateでも余裕だったのですが、Railsはどうしても理解できなかったですね。難しかったです。

なので

自分の理解に合わせて学習教材をコントロールするのは大事です。
ただこれだと、色んな教材で勉強するとどっちつかずになると思うかもしれませんが、全然大丈夫です。

そもそもプログラミングって完璧にするなんてことは無理です。全部を把握することはできないんですよね。

なので「今できてないことを必死に勉強し、キャッチアップした自分を作り上げる」のが得策だなと。

・Progateをもう少しだけやってみましょう。

というわけでもう少しだけProgateをやってみましょう。

何回も言いますが、Progateは慣れです。というか、プログラミングも慣れです。

最初意味不明だったこともやっていくうちに慣れていきます。これは本当です。

なので、今は全く理解できなくても辛抱強くやるのがいいなと。

ノロノロ

だんだん理解できてきます。最初はわからなくて当たり前です。
あまり自分を責めないで、ゆったりペースでコードを書いていくのがいいと思います。
プログラミングで独学挫折した理由は明確にあった【事実だけを話す】 プログラミングの始め方を「1」から丁寧に解説してみた【簡単理解】 プログラミング学習で失敗する初学者の特徴をいくつか挙げてみた プログラミングを挫折せず勉強し続けれる人の特徴を「2つ」挙げる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA