新卒で自社開発企業にエンジニア就職

プログラミング学習におすすめのオンライン教材は「Udemy」です

ノロノロ

どうも、わりと高頻度でUdemyを参考にするノロノロです。
技術書は眠くなるだけだから、プログラミング学習におすすめのオンライン教材を教えてくれ。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・プログラミング学習におすすめのオンライン教材は「Udemy」です
プログラミングオンライン教材ってめっちゃ多いんですよね。

Progate、ドットインストール 、Udemy等。どれを選んだらいいのかわからないと思います。頭パンクしますよね。

なので

Udemyで勉強しましょう。
結論Udemyが最強だと思います。僕はいろんな技術にキャッチアップする際、特別理由がない限りはUdemyを使います。

では、Udemyがオンライン教材として最適な理由と、おすすめのUdemy教材について語っていきます。




オンライン教材として「Udemy」が最適な理由

Udemyがベストな理由は2つあります。

・❶:わかりやすい
・❷:安い
Udemyはわかりやすいし、安いんです。スクールみたいに50万とか払わなくていいですし、技術書よりはるかにわかりやすいです。

プログラミングに全然慣れてない人でもOKです。挫折することなく取り組めるのかなあと。

❶:わかりやすい

僕の主観にはなりますが、Udemyと他の教材を比較して難易度別に表すと、次のような感じです。

progate>>Udemy>>ドットインストール>>技術書
僕はドットインストール という教材で一度挫折したんですが、Udemyだと挫折せずに学習することができました。

言語の基本を理解することはできましたし、DB関連の知識も一通り習得することもできたんですよね。

というのも、Udemyは音声教材で、へんに飛ばしたりしないのでほんとに学びやすいんですよ。

実際どんな感じかというと、こんな感じ。

はじめてのRuby on Rails入門 オンライン講座


Web開発入門完全攻略 充実の18時間コース

これだけだとよくわからないと思いますが、動画スピードは比較的ゆっくりです。

しかも、わからないところがあれば一旦動画を止めて再生できるので、何回でも内容を確認できるんですよ。

時間がないときとかは、特定の箇所ばかりを集中的に学ぶことができ、かなり柔軟に学習することも可能。

さらに、結構難しい内容のものでも、比較的簡単に学べるんですよね。

・Docker
・AWS
・Django
僕もdockerとAWSはUdemyで勉強し、キャッチアップ。

かなり効率よくプログラミングを学ぶことができるので、Udemyはほんとに最適なオンライン学習教材だなあと。

ノロノロ

内容がわかりやすいからほんとにおすすめ。

・❷安い

Udemyって普段は1万、2万とかなんですが、セール時だと1400円くらいで購入できます。めっちゃ安いですよね。

Udemy 1〜2万円
Progate 980円(月額)
技術書 3000円
スクール 10〜80万円

上記を見ても分かる通り、Udemyは色々な教材の中でも比較的安いほうです。

技術書1冊買うくらいなら、Udemyの教材を2つ買って勉強したほうが効果的だと思いますね。




Udemyのおすすめ教材を独断で選んだ

僕が実際に参考にしてみて、よかったなと思ったものを紹介します。

今からプログラミングを始める人はもちろん、そこそこやってる人でもOK(いい復習になると思います)。

どれもセール中は1000円弱で買えるので、コスパ的にも最高です。

❶:Web開発入門完全攻略 充実の18時間コース


Web開発入門完全攻略 充実の18時間コース

これは完全にプログラミング初学者向けの教材です。

・プログラミングを今まさに知った
・コードを書いたことがない
・プログラミングが気になっているけど、技術書は嫌だ
みたいな「これからプログラミングを始めようと思っている人」に最適な教材だなあと。

内容としては

・HTML&CSS
・Bootstrap
・Javascript
・AWS(Cloud9)
・Ruby
・MySQL
・Ruby on Rails
・Git/Github
ちょっとボリューミーなんですけど、これだけ網羅的に学べば簡単なWebアプリケーションが作れるようになりますね。

しかも、環境構築から丁寧に解説してくれますし、なんならAWSも学べます。初学者からしたらハードル高そうですが、解説がめっちゃ丁寧なので大丈夫ですよ。

ただ、プログラミング歴4ヶ月以上の人は「物足りなさ」を感じるかもしれません。内容がかなり初学者向けなので。
【Udemyレビュー】Web開発入門完全攻略コース【Good】

❷:はじめてのRuby on Rails入門 オンライン講座


はじめてのRuby on Rails入門 オンライン講座

新しくRubyとRuby on Railsを学びたい人は、これで学べばオールOKだと思います。

内容としては

・Ruby
・Ruby on Rails
・Heroku
こんな感じです。

ただ僕自身やってみて、HTML/CSS、JavaScript、SQLの基礎は押さえておかないとちょっとしんどいなと感じたので、完全初学者は覚悟がいります。

とはいえど、ぶっちゃけ基礎知識なくてもなんとかついていけるので、本格的にRubyを学びたい人は挑戦するのもアリ。

技術にキャッチアップするいい練習にもなるので、少し負荷をかけながらやるのもいいと思いますよ。

・❸:ゼロからはじめる Dockerによるアプリケーション実行環境構築


ゼロからはじめる Dockerによるアプリケーション実行環境構築

プログラミングをそれなりに学んで、より新しい技術を学びたい人におすすめの教材です。

最近ポートフォリオにDockerを使うのが主流になり、自分の技術をアピールするための1つの手段にもなるので、Dockerを学ぶのはいいと思いますよ。
僕はこの教材で勉強するまで「Dockerってなに?それは言語なの?フレームワークなの?」って感じだったんですが、なんとか理解できるレベルまで到達しました。

Linuxをちょっと知ってる程度で十分対応できるので、一通り基礎的なことを学んだ人はガツガツ挑戦すべき。

・自己管理能力あるなら、スクールは通わなくていい

自分でしっかり学習できる「自己管理能力」が高い人は別にスクールに通わなくても、Udemyだけで実力はつけられます。

僕は自己管理能力がやたらと低かったのでスクールに通い、基礎的な知識を網羅的に習得しましたが。

ただ、今はUdemyを中心に新しい言語を勉強したり、新しい技術を習得したりしてますね。
それだけUdemyはわかりやすく、費用も安いので使い勝手がほんとうにいいんですよね。

技術書ではイマイチキャッチアップしにくいところでも、動画ならわりと簡単に理解できますし。

なんかプログラミングで新しいこと勉強したいなあってときは、Udemyを使うのがベスト。

というわけで、ぜひUdemyを活用してみてください。技術力がぐんぐん伸びるかと。

ノロノロ

この記事が参考になれば嬉しいね。
プログラミングをやっていて難しいなと思ったことを羅列するよ プログラミングスクールの後悔しない選び方を厳選【実際に通って〜】 プログラミングが伸びる人の特徴が見えてきたので話そうと思う 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA