新卒で自社開発企業にエンジニア就職

プログラミングスクールからフリーランスになるのは可能【注意点】

ノロノロ

どうも、プログラミングスクール経験があるノロノロです。
プログラミングスクール卒業してフリーランスになるのって可能なの?どうなの?教えて欲しい。

読者

という人に向けて記事を書きました。

当記事では、「プログラミングスクールからフリーランスになるのは可能なのか?」について述べたいと思います。

記事の内容
・プログラミングスクールからフリーランスになるのは可能【注意点】
結論、プログラミングスクールを経由してフリーランスになるのは可能です。

理由としては

・フリーランスの中にプログラミングスクール出身者は多いから
・フリーランスになるだけなら誰でもなれるから
上記の通りなんですよ。

ただ注意点があって

・技術力が乏しいままフリーランスになるとかなり厳しい
というものがあります。

スクール卒業してすぐの技術力って現場で通用するものではないので、いきなりフリーランスになるのはおすすめしないんですよね。

もう少し詳しく話していきます。

プログラミングスクール卒業後すぐの技術力は未熟

これは事実なんですが、プログラミングスクール卒業後すぐの技術力ってかなり未熟なんですよ。

どれくらいのレベル感かというと

プログラミング初学者<<<スクール卒業後<<<<<<<<<<<<現場エンジニア
これくらいはあると思います。

なので「プログラミングスクール卒業後すぐにフリーランス」になるというのはあまりおすすめできないんですよ。

・プログラミングスクールは「基礎固め」くらいに思っておくのがベスト

僕はプログラミングスクールに通っていたことがあるので言えるんですが、プログラミングで学べることは「基礎」と「少しの応用」です。

・基礎:HTML/CSS,Ruby,PHP,Java,SQL等の基本知識
・応用:Ajax,AWS,言語のちょっと難しい機能の実装等
現段階では意味不明かもしれませんが、学べるのは上記のように「基本的なこと」ばかりです。

QiitaやGoogleでググればすぐに見つかることばかりですし、多少プログラミング知識のある人なら独学で余裕だと思います。

ただ、完全プログラミング初学者だと独学は挫折するリスクが多いので、プログラミングスクールに通うのはアリです。

通うのはアリですが「現場レベルというよりかは、基礎的なことを網羅的に学ぶんだな〜」という前提で受講するのが得策ですね。
「プログラミングスクールから未経験でエンジニアへ」という言葉は、スクール卒業後すぐにフリーランスで活躍できるという意味ではないんですよ。

フリーランスになりたいなら一回就職するのがいい

「就職したくないからフリーランス目指してるんだけど」っていう気持ちもわかります。

ただ、そうは言っても技術力を効率的かつ飛躍的に伸ばすためには「就職」するのが1番いいんですよ。

なので、組織が苦手な人でも、1〜2年修行だと思って現場に揉まれるのが得策だなと。

・現在フリーランスエンジニアの多くの人は1〜2年就職している件

今現在フリーランスで活躍している人も、1~2年は就職して技術力をつけているのが実状なんですよ。

そっちの方が案件を獲得しやすくなりますからね。

・実務経験なしの人
・実務経験1~2年の人
これなら後者の方が絶対に有利です。天と地の差があると思います。

しかも、フリーランスに案件を配るエージェントがいますが、ほとんどが実務経験1年~2年です。

もちろん、未経験を集めすぎないためにあえて「実務経験必須」と書いている企業もありますが、実務経験がないと面接でもなかなか通らないと思います。

・「プログラミングスクールを卒業してすぐにフリーランス」は茨の道

フリーランスになるのは簡単ですが(なれるなら誰でもなれる)、スクール卒業後はやめた方がいいです。

就職するなり、大学生ならインターンするなりして実務経験を着実に積んで言った方がいいです。

こういうと

自分は追い詰められた方が実力を発揮できる人間なので!
という人がいますが、技術力がほとんどないに等しい状態で実力が〜と言ってもダメなんですよね。

「ググれば自分1人で基本的になんでもできる状態」を目指し、現場に揉まれて実力をつけるのが得策かなと。

ノロノロ

まずはスクールで頑張って、其その後に技術がモダンな企業に潜り込んで、実力を積んでいくのがいいね。
テックエキスパートの「限界年齢」について卒業生の僕が見解を述べる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA