新卒で自社開発企業にエンジニア就職

プログラミングスクールで失敗する人の特徴を「2つ」に厳選して解説

ノロノロ

どうも、プログラミングスクールに通っていたことのあるノロノロです。
プログラミングスクールに通うか迷ってる。でも、失敗はしたくないから、失敗する人の特徴をいくつか教えてほしい。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・プログラミングスクールで失敗する人の特徴を「2つ」にまとめて解説
僕はプログラミングスクールに通った経験があるのですが、失敗する人の特徴はわりかしはっきりとわかります。

今の時代、プログラミングスクールの教材の質、メンターの質、学習環境ってそれなりに高く、失敗しにくい仕組みにはなってるんですが、そうはいっても失敗する人は一定数いるんですよね。

ただ、そういった人には共通点があります。

・❶:そもそも勉強しようとしない
・❷:事前学習を怠る
上記いずれかに該当する人は、スクールで失敗する可能性が高いのかなと。

ただ、どれもすぐに改善できることなのでそこまで心配する必要はないですよ。治らないものではありませんからね。

ちなみに、当記事の「失敗」には「スクールに通ったけど、十分な実力がつかなかった」というのも定義の中に加えますね。

スクールに通ったからには、しっかりスキルを身につけて、プログラミングに対する理解を深めるのが大前提なので。




プログラミングスクールで失敗する人の特徴を「2つ」にまとめて解説

・❶:そもそも勉強しようとしない
・❷:事前学習を怠る
上記2つについて解説していきます。

僕の周りのスクール経験者で、スキルを十二分に伸ばしたり、余裕を持って自走していた人は、上記全てに該当していませんでした。

❶:そもそも勉強しようとしない

「いやいや、これは論外だろ」と思うかもしれませんが、結構いるんですよ。

高いコストを払っているのに学習時間を確保しようともせず、だらだら時間を過ごしていては絶対にスキルを身につきません。

・仕事を休止、辞めてプログラミングにコミットする人→毎日10時間以上
・仕事をやりながら、大学に通いながらプログラミングにコミットする人→毎日3時間以上、土日は8時間以上
みたいに、どういう状況の人であれ、毎日それ相応の勉強時間を確保するのは必須。

たまに、プログラミングセンスがずば抜けて「1日30分の勉強」とかでかなり質の高いポートフォリオを作る人がいるんですが、あんなのは稀です。

大半の人は「それなりの努力量」を毎日継続する必要があります。そうでもしないとプログラミングができるようにはなりません。
ただ、毎日必死に勉強すれば、プログラミングは確実に上達します。これは本当に。

僕も最初は「一本指でタイピングするレベル」の超パソコン音痴だったのですが、死ぬ気で勉強することで成長できました。

それなりに機能が充実していて、インフラも整ったアプリくらいなら作れるようになりましたね。

つまり、スクールに通っても積極的に、自分から勉強するくらいの勢いが必要です。これができる人は確実に上達します。

❷:事前学習を怠る

プログラミングスクールには契約をして、開講するまでの間、しばらく時間の空きがあります。

スクールによってはない場合もありますが、オフラインのスクールとかなら結構あるんですよね。

・8月10から開講だけど、今の日時は7月20日→開講まで20日ある
・10月1日から開講だけど、今の日時は9月25日→開講まで5日ある
みたいに、スクールまでの自由時間ってのがあります。

そして

ここの時間の使い方で、スクールで失敗するかどうかは結構左右されるんですよね。
もちろん、スクールが始まったら毎日プログラミング漬けのしんどい日々が始めるわけですが、事前学習はしっかりやっておいた方がいいです。

事前学習をしっかりしていると、開講してからスケジュールに遅れが生じても余裕で取り返せますし、なにより技術力が高まりますからね。

僕は事前学習のときは毎日6時間以上勉強していましたが、かなりの余裕ができ、卒業するころにはそれなりのスキルになっていました。

なので、事前学習期間を休養に充てずに、しっかり勉強することをおすすめします。

ProgateとかUdemyで十分

とは言っても、事前学習期間は基礎的なことだけ学びましょう。

へんにハードルを上げてもしんどいだけなので、ProgateUdemyで学習するのが得策かなと。

僕も普段から使っている教材ですが、応用的なことから基礎的なことまで学べるので、初学者でも十分有益な学習をすることが可能。

事前学習期間に、基礎的なことは全て網羅する勢いで勉強するのがベストですよ。




オフラインでもオンラインでも失敗する原因は同じだと思う

オフラインのスクールは挫折しにくいから失敗しないというのは半分正しいです。

でも、オフラインとはいえ受け身になって学習していれば、そこまでスキル伸びを実感することはないと思います。

結局のところスキルの伸びは「自分がどれだけ勉強したか」に依存しているので。

・学習意識が高い人はオンラインでも失敗しないと思う

しっかり学習にコミットできる人は、オンラインのプログラミングスクールでも失敗することはないと思います。

理由は簡単で

本気でプログラミングを勉強していたら、カリキュラムはすぐに終わるから
これに尽きます。

カリキュラムをさっさと終わらし、新しい技術にキャッチアップする余裕すら出てくると思いますよ。

「新しい技術にキャッチアップ→さらに勉強→新しい技術にキャッチアップ」という好循環に入っていけるなと。

なので、スクールで失敗するかどうか不安な人は「必死に勉強すること」だけを意識してください。
プログラミングは才能ではなく、努力でカバーできる部分がほとんどです。

GoogleとかAppleレベルのエンジニアはまじの天才ですが、そうでないなら努力でいけます。

毎日努力をしっかりしていけば、今はわからないコードも理解できるようになりますし、サービス・Webアプリも作れるようになりますからね。
オンラインのプログラミングスクールをおすすめ順に【未経験OK】

ノロノロ

この記事が参考になったら嬉しいね。
TECH::EXPERTの評判を聞いてきた【無料カウンセリング】 【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】 【2週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【精神崩壊】 【3週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【楽しい】 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】 【6週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【発表会】 【7週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【共同開発】 【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】 【9週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終了間近】 【10週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【卒業】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA