新卒で自社開発企業にエンジニア就職

プログラミングスクールを活用して「エンジニア転職」は無理なのか?

ノロ

どうも、大学生エンジニアのノロ(@noronoro_yurupoです。
プログラミングスクールって最近よく聞くけど、実際に転職することって可能なの?実務未経験でもいけるの?どうなの?

読者(社会人)

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・プログラミングスクールを活用して「エンジニア転職」は無理なのか?
最近はエンジニア転職をする1手段として「プログラミングスクール」を活用する人が増えてきました。

そんな中で「ほんとにプログラミングスクールで転職することってできるの?」と不安になる気持ちはわかります。

そこで今回、スクールを徹底的に利用しインターンと就職両方で自社開発企業から合格をもらった僕が意見を述べていこうかと。

結論言うと

実務未経験でも、プログラミングスクールを活用して転職することは可能です。
しかし、楽ではありません。ネット記事には「簡単にエンジニア転職」とか「楽にプログラミングで稼ぐ」みたいな記事で溢れかえっていますが、僕はそこに対して懐疑的です。

IT人材が不足しているからとはいえ、余裕をぶっこいていると転職活動はうまくいかないと思うんですよね。

なので、プログラミングスクールを活用する方は「積極的」にスクールを利用してみてください。受け身の姿勢はNGです。




プログラミングスクールを活用して「エンジニア転職」は無理なのか?

冒頭でも言ったように、プログラミングスクールを活用することで転職することは可能です。

僕はスクールを活用してのエンジニア就職でしたが、周りの同期はスクールをうまく活用してエンジニア転職していました。ちゃんとした自社開発企業に合格していた人は多かったですよ。

プログラミングスクールは「効率よく」プログラミングを学ぶことができる

エンジニア転職を成功させるためにはプログラミングを勉強しないといけません。それに社会人は時間はないので「効率」を追求する必要があります。

「プログラミングスクールは効率的にプログラミングを学べる」という文言をよく聞くと思いますが、これは事実だと思ってもらって構いません。

・独学:教材選び、学習計画、エラー解決を全て自分一人でやらないといけない
→どうしても遠回りをしてしまい、挫折率も飛躍的に高まる
・プログラミングスクール:教材、学習計画は基本的にスクール側でやってくれ、エラーが起きても質問できる
→挫折しない仕組みがあるので、あとは自分が勉強するかしないか
僕は今でこそ独学で色んな言語、インフラ関連の技術にキャッチアップできていますが、プログラミング初学者の頃は無理でした。

環境構築が全然うまくいきませんでしたし、エラーが起きても何から手をつければいいかわかりませんでしたし、CRUD機能を実装するなんて到底お手上げでしたね。

しかし、プログラミングスクールに通うことで「プログラミング慣れ」を実現することができ、卒業する頃には比較的機能の充実したアプリも作れるようになってました。

こういった経緯があるので「右も左もわからない」という段階でプログラミングスクールを活用するのはいい判断だと思うんですよね。ある程度技術力がないと転職も厳しくなりますし。

とはいえスクールは高い投資です。スクールにはもちろんデメリットもあるので、それに関してはこちらの記事を参考にしてみてください。
社会人でプログラミングスクールを受けるメリット・デメリットを解説

・エンジニア業界に転職する「だけ」なら誰だってできますよ

ここは落とし穴です。条件選ばなかったら誰でもエンジニア業界に転職することって可能なんですよ。

それはなぜか?以下をご覧ください。

・❶:自社開発企業→自社でサービスを開発している会社(メルカリ、Google等)
・❷:受託開発企業→お客様(個人、法人問わず)から依頼を受け、会社内のメンバーで開発する会社
・❸:SES→人が足りない開発チームに派遣として飛ばす会社
多くの人が働きたいと思っている形態企業は「自社開発企業」です。

しかし、実務未経験で自社開発企業に合格することって結構難しいんですよね。技術力は結構見てきますし、応募もかなり殺到するので。

一方でSESは誰でもいけると思います。別にプログラミングスクールなんて行かなくてもOKです。文系理系も関係ありません。

ただSESって

・スクショをエクセルにコピペするだけの作業
・膨大な書類を裁く作業
みたいな、技術力は伸びない単純作業をひたすら派遣先でやらされたりするわけなんですよ。もちろん全てがそういう企業ばかりではないですが、割合としては多めです。僕の周りでもひどいSES企業に入った人もいました。

なので、エンジニア転職って「ただ転職するだけ」なら余裕で実現できるんですよね。今から転職活動を始めて1ヶ月くらいでいけると思います。

ただそんなのは嫌だと思うので、本気で転職すると決めたのならスクールで必死に勉強して、他と差別化するくらいのキャッチアップをすべきだなと。

「ちょっと本気で勉強してみるか。」という人は以下の記事を参考にしてみてください。全て実体験ベースで解説しているので、結構参考になると思います。
これからプログラミングスクール通う人に言いたいこと【コスパは?】

・結局のところ、楽はできません

楽はできないと思ってもらえてOKです。背中を押せずにすみませんが、結局のところ本当の意味でエンジニア転職をするには努力が必要条件です。

・毎日やれるだけ勉強する
・スクールだけで物足りないなら、Qiita,Udemy,技術書で補う
・転職の準備は徹底的にぬかりないレベルまで詰める
スクールはあくまで「利用するスタンス」でいてください。
高い金払ってんだ。転職成功に必要なことは全てスクール側がやって当たり前だ!!自分は努力しなくていいんだ!!

スクール利用者

たしかに、高いコストを払っているのでその気持ちもわかるんですが、それだと技術力が身につかないような企業にアサインする羽目になってしまいます。

業績のあるスクールに行くからといって、みんながみんな自社開発企業に合格できるわけではありません。

合格レベルから逆算して、十分な技術力を身につけて、人間性を磨いて、働きたいと思ってもらえるような工夫をする努力
ここをしっかりできる人は転職もうまくいくと思います。僕の周りでうまくいっていた人は「やることちゃんとやってる人」でした。
「やることちゃんとやってる人」がエンジニア転職で上手くいく説。




エンジニア転職成功には「プログラミングスクール」が1番効率的なのか?

僕はそうだと思います。現状はプログラミングスクールが1番効率的です。

もし仮に周りにエンジニアがいて、コードレビューしてくれる人がいたり、どうしてもわからないエラーを質問できたりする人はスクールに通わなくていいと思います。

ただ、大半の人はそんな環境にいないと思います。再現性が高いのはスクールだなと。

・スクールを有効活用するための小テク

スクールを勉強するという前提で1つだけスクールを有効活用する「小テク」を紹介します。

それは

スクールが始まる前から勉強しておく
これです。

「また努力か。しんどいな」と思うかもしれませんが、近道はないんですよ。最終的な目標のために目先のことを徹底的にこなすしかありません。

僕はスクールに通い始める2週間前から徹底的に勉強したおかげで、カリキュラムを爆速で終わらせることができ、様々な個人開発を楽しむことができました。

おかげで自分が希望する企業先から合格をもらうことができたで、必死に勉強してよかったなと思います。

・実務未経験でも転職は可能なので、挑戦するのがいい

実務未経験でも転職することはできます。そこに対する証明を僕はリアルで見てきました。

もちろん少しの努力だけでは厳しいですし、楽をしようという姿勢では話になりません。

自分が思うような企業に転職するためには「自分が思う以上の努力」をしていく必要があるんですよ。こればかりは逃れられません。

ということで行動を起こしていきましょう。考えているだけではプログラミングはできるようになりませんからね。もちろん転職もです。

転職成功を実現するためにプログラミングスクールを有効活用するというのは、選択として間違ってないと思います。

ノロ

どうここまで読んでいただきありがとうございました!
【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】 20代後半のエンジニア転職で失敗しにくい「3つ」のポイントを紹介 社会人のプログラミングの始め方を徹底解説してみた【転職前提】 40代未経験者でも受講・自走可能なプログラミングスクールを紹介 テックエキスパートで学べる言語を卒業生が徹底解説【網羅性高い】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA