新卒で自社開発企業にエンジニア就職

プログラミングスクールの転職サポートを利用する際の注意点を挙げる

ノロノロ

どうも、プログラミングスクール経験のあるノロノロです。
最近はプログラミングスクールのエージェントを利用して転職する人が増えてるけど、実際のところどうなの?スクールに通った人の生の意見が聞きたい。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・プログラミングスクールの転職サポートを利用する際の注意点を挙げる
最近のプログラミングスクールはプログラミングを教えるだけではなく、エージェントを利用して転職サポートをしていたりします。

つまり

・プログラミングスクールに通う→様々なカリキュラムでプログラミングの基礎を学ぶ→エージェント経由の転職サポートをしてエンジニア転職のお手伝いをする

従来のスクールはプログラミングを学ぶだけだったのですが、最近のスクールはエンジニア転職のお手伝いをしていたりするんですよ。

事実、僕の通っていたTECH::EXPERTというスクールは転職サポートがありました。カリキュラムを受講した人全員がその転職サポートを受けられるんですね。

しかし、僕自身スクールに通い、エージェントを経由した転職サポートを利用する際は少し注意が必要だなと思ったので、紹介します。

・注意点❶:企業側はスクール側にマージンを支払う必要がある
・注意点❷:いい企業ばかりだとは限らない
・注意点❸:応募者が多いので、必然的に倍率が高くなる
転職サポートのあるスクールに通う際は、上記3つを意識してもらえるといいのかなと。




プログラミングスクールの転職サポートを利用する際の注意点を挙げる

   
・注意点❶ 企業側はスクール側にマージンを支払う必要がある
・注意点❷ いい企業ばかりだとは限らない
・注意点❸ 応募者が多いので、必然的に倍率が高くなる

冒頭でも言ったように、上記3つは意識しておいた方がいいです。

僕の同期の転職活動や、僕自身のインターン・就職活動を通じて感じたリアルな意見なので、結構参考になると思います。

・注意点❶:企業側はスクール側にマージンを支払う必要がある

仮にあなたがスクール経由で転職に成功した場合、企業側はスクールにマージンを支払う必要があります。

どういうことかというと

・転職活動スタート→スクールが紹介する求人を利用して転職活動をする→転職することに成功する→企業側はスクールにお礼金として「マージン」を支払う義務が生じる(そういう契約なので)
当たり前なんですが、企業側は1円でも安く人材を欲しがっています。

マージンを支払う必要があるスクール経由での採用はなるべく避けたいんですよね。できるだけコストのかからない採用をしたがっています。

そして、仮に以下のように応募状況があったとします。

・Aさん:スクール経由での応募
・Bさん:企業のホームページ(直接応募)での応募
こういった状況だと、スキル差がそこまでない場合、直接応募の人の採用される確率が圧倒的に高くなるんですよ。

これは当たり前で、直接応募の場合企業側はコストを支払う必要はないですからね。月の人件費を払うだけで済みます。

スクール経由だとそれなりに不利な立場にあるということを認識しておく必要があるんですよ。

・注意点❷:いい企業ばかりだとは限らない

これも当たり前っちゃ当たり前なんですが、スクールの紹介する企業全てがいい企業だとは限らないです。

・技術がモダンじゃない
→例:Dockerを使っていない、テストコードを書いていない
・自社開発企業じゃない
→SESも普通にあります(スクールによりますが)
・コードを書かせてくれない企業もある
もちろん稀なケースではありますが、コードを書かせてくれない企業すらあるんですよね。

そんなにひどい企業はあまり聞いたことがないんですが、そういった企業があるということを知っておくのは大事です。

ただ、以下を守って企業を選びをすれば明らかに変な企業に引っかかる可能性はないかと思います。

・使用技術が明確に書いてない
・使用言語が多すぎる(PHP,Java,Python,Rubyのように色んな言語が記載されてある←SESの可能性が高いです)
・企業がどういった事業展開をしているかわからない
・未経験OK、フリーランスになれますみたいな表記が書いてある
こういった企業は避けて転職活動をするのがいいと思いますよ。

特に「事業展開がよくわからない」というのはやばいです。そういった企業は絶対自社開発企業ではないですし、ちゃんとしたコードを書かせてくれるかすら怪しいので。

・注意点❸:応募者が多いので、必然的に倍率が高くなる

スクール経由の転職応募者はかなり多いです。

なので、必然的に倍率が高くなり、採用される確率が圧倒的に低くなるんですよね。

さらに、スクール経由で応募した企業の中に「直接応募者」がいた場合、その人が優遇される可能性が高いです。
もちろんスクール経由での転職を全否定しているわけではありません。

スクール経由で誰しもが知っている「技術がモダンな自社開発企業」に合格した人がいるのも事実なので、スクール経由の1つの手段として活用すべきです。

しかし、スクール経由だけで転職活用するのは本当にやめた方がいいです。ほかの求人サービスを使ったり、直接応募をするのが得策だなと。




プログラミングスクールは活用していいけど、転職活動は別軸で考えよ

プログラミングを学ぶ上でスクールを活用するのは、選択肢としてかなりアリだとは思うんですが、転職活動はスクールと切り離して考えるのがいいです。

スクール経由だけで転職活動をするのは経験上微妙ですし、数もそこまで多くないので応募数も減ってしまいます。

なので、色んな求人サービスに登録して良さげなところに応募したり、直接応募するのがいいなと。

・転職サイトに登録して、直接応募がいいと思う

転職サイトに登録して、直接応募がいいと思います。

つまり

・転職サイトに登録→いい企業を見つける→その企業のホームページに行き、直接応募をする
この流れが最適です。

直接応募だと熱意を示すこともできますし、なにより企業側に支払いコストが発生しないので面接までいける可能性が上がるんですよ。

まずは

こういった転職サイトに登録し、いい企業を探し、いい企業を見つけることができたらホームページにいって直接応募をしましょう。

ちなみに、転職エージェントはあまりおすすめしません。微妙な企業を紹介されたり、マージン目当てで「あ、なんか違う」みたいな企業を勧められる可能性が高いので。

しんどいですが、転職サイトで企業を自分の目で選び、面接を受けるのがいいと思いますよ。

・結論:両方活用しよう

結論、両方活用しましょう。

スクールの転職サポートをディスった記事みたいになりましたが、別に全否定しているわけではありませんからね。

ただ、「スクールの転職サポートを利用すれば余裕でいい企業に転職できる」と思っている人が多い印象を受けたので、個人的な見解を述べてみました。
もちろん、エージェントとはいえ本当に求職者のためを思っていい企業を紹介してくれる人もいますよ。僕の担当エージェント者さんはそうでしたし。

しかし、エージェントは「求職者に企業を紹介し、そのマージンをもらうことで生計を立てている」というのも事実なんですよ。

切羽詰まっているときは「とりあえず企業を紹介して、さっさと転職してもらおう」と考えている人も中にはいます。これは事実なんです。

なので、なるべく自分の頭で考えて、無理矢理にでも視野を広げて「主体性の高い転職活動」をしてもらえればなと。

ノロノロ

この記事が参考になれば嬉しいです。
20代後半のエンジニア転職で失敗しにくい「3つ」のポイントを紹介 社会人のプログラミングの始め方を徹底解説してみた【転職前提】 40代未経験者でも受講・自走可能なプログラミングスクールを紹介 テックエキスパートで学べる言語を卒業生が徹底解説【網羅性高い】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA