新卒で自社開発企業にエンジニア就職

プログラミングスクールに「行かなくていい人」の特徴を挙げるよ

ノロノロ

どうも、プログラミングスクールに通っていたノロノロです。
プログラミングスクールに通うか迷ってるんだけど、通ってもあんま意味ない人ってどんな人?実際にスクールに通った人の意見が聞きたい。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・プログラミングスクールに「行かなくていい人」の特徴を挙げるよ
今回は、実際にスクールに通ってプログラミング力を伸ばした僕が、「プログラミングスクールに「行かなくていい人」の特徴」について語っていきます。

結論言うと、次に該当する人はスクールに通わなくていいです。独学でも十分実力を身につけ、Webアプリを作れるようになると思います。

・❶:学習継続力が鬼のようにある人
・❷:お金がない人
・❸:まだコードを書いたことがない人
この3つのうち1つでも当てはまるのなら、まずは独学を視野に入れてください。

実際にスクールに通った僕の意見として「別に独学でもスキル習得は可能」というのがあります。スクールはただの手段なので。




プログラミングスクールに「行かなくていい人」の特徴は「3つ」

冒頭でも言いましたが、プログラミングスクールに「行かなくていい人」の特徴は3つくらいあります。

・❶:学習継続力が鬼のようにある人
・❷:お金がない人
・❸:まだコードを書いたことがない人
これら1つ1つを僕の経験を交えながら、深掘って話していきます。

・❶:学習継続力が鬼のようにある人

プログラミングって学習継続が難しいんですよ。受験勉強とか資格勉強とはまた性質が違うので。

僕自身、独学は1ヶ月で挫折しましたし、僕の周りのエンジニアでも独学挫折者はちらほらいます。

なので、学習を長期にわたって継続する自信がない人は、スクールに通って基礎知識を習得するのが1番早いです。

ただ、長期的に努力できる人は別にスクールに通わなくてOK。独学で十分だと思います。

・コツコツやるのは苦ではない
・過去の経験から、覚悟を決めれば挫折しない自信がある
・なにかしらの成功体験がある(TOEIC800点超えとか)
上記にあるように、自分の過去を振り返ってみて「努力をした経験」があれば独学でいきましょう。

高い費用を払ってまでスクールに行く必要はなし。独学でも十分スキルは身につきますからね。

「プログラミング=めっちゃむずい」は幻想です。慣れますよ。

こちらにプログラミング独学勉強法の記事を載せておくので、ぜひ参考にしてみてください。
楽ではないプログラミング独学勉強法【まずは脱初心者を目指そう】

・❷:お金がない人

超シンプルですね。プログラミングスクールはほんと高いです。

僕の通っていたTECH::EXPERTなんて60万とかしましたからね。貯金していたのでなんとかなりましたが。

ただ、急にスクールが視野に入った人はぶっちゃけきついと思います。そんな費用を出せる余裕のない人も多いはず。
なので、お金がない人は独学で勉強しましょう。僕が今完全プログラミング初学者なら迷わず独学にしますね。

独学しながら、貯金するのが無難

本気でエンジニアを目指すなら、独学をやりつつ貯金をするのが無難です。

理由は簡単で「リスク管理」ですね。

・独学挫折→貯金がある→スクールに通える
・独学挫折→貯金がない→スクールに通えない
万が一独学挫折したときのリスク管理として、貯金はコツコツしておいた方がいいと思います。

今のスクールは分割払いも多いですが、一括で払った方がお得ですからね。5万円くらい浮きますし。

最悪挫折したときのことを考えて行動しておくと、心にも余裕を持てるのでおすすめです。

・❸:まだコードを書いたことがない人

まだコードがない人に注意して欲しいんですが、いきなりスクールに通うのはやめましょう。

全くコードを書いてない状態でスクールに行くのはやめるべきで、最低限次のことをしてください。

・❶:簡単にコードを書いてみる(Progateがおすすめ)
・❷:独学でいけそうか判断する
この2つ。

「プログラミングスクールに行かないとスキルが身につかない」というのは完全な幻想で、独学でスキルを身につけて有名自社開発企業に転職しちゃう人もいます。

もちろん独学はきついんですが、一度は「自分だけの力でコードを書く」という体験をすべき。

そこで自分が独学に向いてないと思えばスクールを検討すればいいわけで、いきなりスクールに通ってもあまり意味はないですよ。




プログラミング教材が超豊富にある今の時代は最高

スクールに通わなくても、今の時代質の高い教材は多いです。

実際に、僕が普段から愛用しているものを紹介します。

・まずはProgate

完全プログラミング初学者はProgateをやりましょう。これやっとけば問題ないです。


こんな感じでイラストも多く、絵も可愛いんですよ。しかもわかりやすくて、基礎的なことは一通り学べます。

僕自身新しい言語を学ぶときは、まずProgateで感覚を掴むところから始めますね。

月額980円でカリキュラム受け放題なので、あまり費用がない人でも手軽に始められますし。まずはProgateをすべし。

・Progateの次はUdemy

僕の学習王道パターンとして「Progateで感覚を掴む→知識の深掘りとしてUdemy」というのがあります。

Udemyっていうのはプログラミングに超詳しい人が教材を提供しているプラットフォームです。

言葉だけはよくわからないと思うので、実際の画像をどうぞ。

こんな感じで教材の種類が豊富なんですよね。

ただ、数が多すぎて何を選べばいいかわからないと思います。なので

レビュー数が多く、星が4を超えている教材
を選びましょう。上記を守って教材選定すれば、ハズレはなくなると思いますよ。

そうはいっても絶対的なおすすめを選ぶのは難しいと思うので、僕が実際に勉強してみてよかったものをこちらの記事で紹介しています。
プログラミング学習におすすめのオンライン教材は「Udemy」です 上記は、Progateで一通り勉強した人なら問題なく取り組めるものばかりです。

技術力アップにつながる教材ばかりなので、ぜひ活用してみてください。

・独学でいける人は、独学でいけばいい

・❶:学習継続力が鬼のようにある人
・❷:お金がない人
・❸:まだコードを書いたことがない人
上記に当てはまる人はスクールに通わなくていいと言いました。

これはほんとにそう思っていて、上記該当者は独学で走り抜けるのがベストだと思っています。

独学だと自分の自走能力の高さを証明できますし、学習意欲の高さも見えますからね。

なので、執拗にスクールにこだわらなくてもいいです。自分に合った選択をしましょう。
僕はスクールに通いましたが、全員におすすめしようとは思いません。最適解は人それぞれですからね。

というわけで、スクールに通わない人は独学頑張りましょう。僕も引き続きコードを書いていこうかなと。

ノロノロ

この記事が参考になれば嬉しいね。
プログラミングをやっていて難しいなと思ったことを羅列するよ プログラミングスクールの後悔しない選び方を厳選【実際に通って〜】 プログラミングが伸びる人の特徴が見えてきたので話そうと思う 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA