新卒で自社開発企業にエンジニア就職

プログラミングスクールで重視すべきは【オフラインvsオンライン】

ノロノロ

どうも、オフライン型のプログラミングスクールに通ったノロノロです。
プログラミングスクールに通うか迷ってるんだけど、オンラインとオフラインってどっちがいいの?実際にスクールに通った人の意見が聞きたい。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・プログラミングスクールで重視すべきは【オフラインvsオンライン】
今回は、実際にスクールに通ってプログラミング力を伸ばした僕が、「オフラインとオンライン」どっちを選べばいいかについて話していきます。

プログラミングスクールってやたら多い上に、オフラインとオンラインっていう分類もありますよね。ぶっちゃけ選ぶのは大変です。

そこで、「オフラインとオンラインどっちにすべきか」を端的に記事化してみました。

結論から言っちゃうんですが、次のような感じです。

・❶:学習にやたらと不安になる人→オフライン
・❷:とりあえず大まかな方向性が定まっている教材があればいい人→オンライン
という感じですかね。

僕は前者のタイプで、エラーが出るとひたすら時間を使いすぎて焦っていたのでオフラインにしました。

結果的にプログラミングはかなり上達しましたし、今ではプログラミングが大好きなのでオフラインにして正解だなあと。

答えはもう出たので記事を終えてもいいのですが、とは言ってもまだ漠然としているので、深ぼって話していきますね。




プログラミングスクールで重視すべきは【オフラインvsオンライン】

冒頭でも言いましたが、プログラミングスクールで重視すべきは次のような感じ。

・❶:学習にやたらと不安になる人→オフライン
・❷:とりあえず大まかな方向性が定まっている教材があればいい人→オンライン
まさに上の通りで、「人によって分かれる」というのが現状正解なんですよね。

みんながみんなオフラインに向いているとかはないです。オフラインの方が向いている人もいます。

僕はオフラインに向いてる人間でしたが、オフラインの方が肌感に合っている人もいますしね。

・❶:学習にやたらと不安になる人→オフライン

そもそもオフライン型のプログラミングスクールってどんな感じか感覚掴みにくいですよね。

僕が実際に通ったときは以下のような感じでした。

・❶:わからないことがあればメンター(塾の先生みたいな)に質問できる
・❷:同期と一緒にプログラミングができる
・❸:教室に通って勉強する
・❹:カリキュラムはそれなりに難しい(卒業した今振り返っても、難しかったんだなと実感)
こんな感じで、カリキュラム内容はオフラインの方が少し難しいイメージです。

実際に僕が通ったテックエキスパートなんかはカリキュラムが難しく、オンラインという環境なら挫折してたかもしれませんね。

ただ、同期の存在や、メンターにいつでも質問できる環境のおかげで無事プログラミング力を底上げすることができました。

つまりは、僕のような「エラーが出たら頭真っ白になって焦るタイプ」の人間でも最後まで自走できるということ。
挫折しない環境を仕組み化することで、多少カリキュラムが難しくてもOKなようにしてるんですよね。

なので、「ほんとに自分はプログラミング続けれるのかな?」と本気で悩んでいる人はオフラインを選ぶのがいいのかなあと。

それに、オフライン型スクールでしっかり勉強すれば、エラーで手が止まるレベルから余裕で脱却できますし。

最初はほんとに雑魚だった僕でも今ではかなり自走力がつき、ネットの記事を読んで新しい言語の勉強をしたりもできています。

MEMO
学習にやたらと不安になる人はオフライン型のプログラミングスクールを選ぶのがベスト

・❷:とりあえず大まかな方向性が定まっている教材があればいい人→オンライン

僕みたいな不安で仕方ない人間じゃない人、つまりは「一通り質の高い教材があればいいや」みたいな人はオフラインでOKです。

とはいえど、スクールを選ぶか悩んでいる人は「本当に自分がオフラインでいけるのか?」を考えたほうがいいですね。

・❶:自分で時間・スケジュールを作って、中長期的に勉強できるのか?
・❷:そこまで質問できない環境でもやっていけるのか?
特にこの2点はよく考えておく必要あり。

僕は何度も自問自答して「あ、これは無理だわ」という結論に至ったので、オフラインのスクールにしました。

ただ、オフラインのスクールはほんとに高く50万以上するのは普通なので、自分に厳しくできる人ならオフラインでもいいのかなあと。

別にオンラインのカリキュラムでもプログラミングは伸びますからね。3ヶ月もすれば簡易アプリくらいなら余裕で作れるレベルになると思いますよ。

ノロノロ

1日にかける時間にもよるけど、中長期勉強し続けたらオンラインだろうがオフラインだろうが確実に伸びるよね。これは経験的にも断言できる。
ポテパンキャンプレベルのプログラミングスクールなら、かなり伸びると思います。

ただ、オンライン型スクールは自己管理能力は試されてきますので、コツコツ努力できるタイプの人にしかおすすめできません。

何度も言いますが「誰かに尻を叩かれながらじゃないときついなあ」という人はオフラインの方がいいです。

本気でエンジニアを目指すなら、挫折は絶対にNGなので。自走できる環境を選ぶべきですね。

MEMO
それなりに自分でやっていけそうな人は、オンライン型スクールでもOK。

・なるべく時間をかけずに現場に入るのが正解だと思う

これをいうと辛辣な気がするのですが、スクールで学んでアウトプットしたところで、現場のガチエンジニアの足先にも及ばないんですよね。

エンジニアの職歴、ポートフォリオ、発揮できるバリューとかを見るとすごすぎて焦りますからね。

スクールでやったことってなんだったん?
みたいな感情になりますね(僕はなった)。

まあスクールで学んだ基礎知識、コマンドの使い方、インフラ知識は少なからず役に立ちましたが。

とはいえど、いつまで基礎的なことをやってても仕方ないので、早いとこ基礎を学び現場でガリガリコードを書くのがベスト。

それを考えても、わりと短期的にかつそれなりの技術力を身につけやすい「オフライン」型のスクールの方がいいのかなあと。

挫折はしにくいですし、未経験の人と比較したときに「平均以上のレベル」に持っていけます。
自分を平均以上のレベルにさっさと持っていき、就職・転職活動をして現場に入るというのが今のところベストではないかと思います。
MEMO
時間をかけないという意味でも「オフライン」はいい。

・結論:自分の性格に合わせて選ぶのがいい

結論、自分の性格に合わせて選びましょう。

なんか自走できる気がしないと思えばオフラインを選べばいいですし、なんとかなるだろと思えばオンラインを選べばいいです。

どっちを選ぶにせよ、2〜3ヶ月もすれば最初とは比べものにならないくらいの技術力が身についてますからね。
なので、深く悩みすぎず自分の性格を考慮して選ぶのがベスト。
※以下の記事では僕が厳選したおすすめのスクール記事を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】 僕も最初は「オンラインとオフラインどっち選べばいいかほんとにわかんない」という状態でした。

ただ、2ヶ月間プログラミング生活に身を投じ、自分の性格に合った環境で揉まれることで大きく成長することができましたね。

というわけで今回はこれくらいにしようかと。この記事が参考になれば幸いです。
楽ではないプログラミング独学勉強法【まずは脱初心者を目指そう】 【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】 【2週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【精神崩壊】 【3週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【楽しい】 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】 【6週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【発表会】 【7週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【共同開発】 【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】 【9週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終了間近】 【10週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【卒業】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA