新卒で自社開発企業にエンジニア就職

プログラミングで独学挫折した理由は明確にあった【事実だけを話す】

ノロノロ

どうも、プログラミング独学挫折して、スクール通いを決めたノロノロです。
プログラミング独学挫折する理由ってなにがあんの?挫折した人の生の意見が聞きたいなあ。

読者

というプログラミング学習者に向けて記事を書きました。
記事の内容
・プログラミングで独学挫折した理由は明確にあった【事実だけを話す】
プログラミングって独学するのかなり大変だと思うんですよ。

僕はかなり苦戦した挙句、挫折してスクールに通うことを決めましたからね。

そして、なぜ僕がプログラミングを挫折したのか、その理由は次の通り。

・理由❶:エラーが解決できなくて萎える
・理由❷:自分のやってることが正しいのかわからなくなる
・理由❸:学習環境を用意するのがダルいうえに難しい
ざっとこんな感じ。

もちろんプログラミングの難易度がそこそこ高いから、挫折したっていうのもあるんですよ。

ただ、別に難しさはそれなりに耐えれるんですよね。その先にある「めんどくささ」が本質的な問題点。

というわけでもっと深く掘り下げて、まとめていきたいと思いますね。




僕がプログラミング独学を挫折した理由は3つあったよ

冒頭でも列挙しましたが、確認程度にもう一度まとめておきます。

・理由❶:エラーが解決できなくて萎える
・理由❷:自分のやってることが正しいのかわからなくなる
・理由❸:学習環境を用意するのがダルいうえに難しい
これだけ見ても、プログラミングを独学して転職を決めた人はすごいと思いますね。

僕にはその粘り強さと精神力はなかったです。独学はかなりきついなと実感。

理由❶:エラーが解決できなくて萎える

エラーって起きると萎えるんですよ。

たまに「エラーを解決したときの快感が好きだからプログラミングやってる」って人がいますが、あれは超天職ですね。

確かに、頭を使い、ひねりまくり、ググりまくり、そして他の人にも意見をもらってエラーを解決したときは最高の気分になりますね。

・ただ、エラーは頻繁かつ連続的に起こるのでさすがに萎えます。これは本心。
たまにエラーが起きるくらいなら許容なんですが、エラーはよく起こりますよね。こんな感じのエラーが15分に1回は起こります(特にRails)。

まだRubyとかの文法的ミスならエラー解決のやる気は出ますが、個人的にフレームワーク系のエラーは苦手。というかしんどいです。

データベースとか絡んできたらしんどくなってきますね。
これらのエラーを乗り越え、他の人としっかり差別化した機能を実装し、エンジニア転職を決めた人はすごいと思います。

多分、転職した先でも「自走力の高いエンジニア」として階段を登っていくんだろうなあと。

ノロノロ

大抵のことは自分で解決しそうだし、レベルアップの速度はかなり早そうだよね。
さらに、1人でエラーに立ち向かって、ポートフォリオを完成させるってかなりすごいですからね。尊敬に値するレベル。
MEMO
プログラミングはエラーの連続です。なので挫折する確率も高くなりますね。

・理由❷:自分のやってることが正しいのかわからなくなる

僕はこれよくありましたね。

もっとリアル感を出すために、具体例をいくつか挙げます。

・Railsでこの手法を使ってるけど、現役エンジニアから見たらレベル感はどうなんだろう。
・この言語をやってるけど、自分の将来なりたい像にマッチしているのか?
・この勉強方法でレベルアップできるのか?
こんな感じで。

ぶっちゃけ、こんなこと考えるくらいなら1秒でも多くコードを書くべきなんですが、悩みますよね。これは仕方のないこと。

プログラミング独学学習って「今やってることは意味あんの?」っていう思考に陥ることってよくあります。
プログラミングって特殊ですからね。

今まで受験を難なくこなして、そこそこいい企業に入った「エリート」が挫折続出するってことも珍しくないですし。

しかも、TOEICとか難関国家資格とはまた違った難しさというか、癖もありますよ。

ノロノロ

あまり比較対象があまり見つからないよね。
受験とか資格勉強ならある程度のゴールを決めて、逆算思考でやること詰めていけばわりと結果出るんですよ。

ただ、何度も念を押しますが、プログラミングって「今やってることの意義」を見失いがちになるので、独学はきついなと実感。

なので、僕はスクール通いにしましたね。大まかな学習の方向性は向こうで勝手に決めてくれるので。あとは自分が勉強すればいいだけなので安心。
学習の方向性が定まらないのは、プログラミング学習の大きな特徴だと思いますね。
MEMO
プログラミングは頻繁に自分のやってることに対して疑問を感じます。。

・理由❸:学習環境を用意するのがダルいうえに難しい

プログラミングって学習環境を用意するのがダルいんですよ。しかも難しい。独学だとなおさら。

大抵のことってすぐに始められると思うんですよ。例えば

・経済学を学びたい→本買うなり、動画を見るなりすればいい
・資格を取りたい→オンライン学習教材を取り寄せるなり、本屋さんで本を買えばいい
・野球がしたい→スポーツショップでバットとグローブを買えばすぐに始められる
ざっとこんな感じで。

今まで僕たちがしてきたことってツールとか揃えるのは簡単だったんですよね。

一方でプログラミングは次の通り。

・MySQLの導入
・ターミナルによるRailsの環境構築
・Rubyを簡単に使えるようにする
これを見て全くわからないと思う人でも大丈夫です。

スクールなり、質の高い教材を参考にして手順を踏めばきちんとできるようになるので。

ただ、初心者にとってはメンタルにくる工程だと思います。僕も結構苦戦しましたから。

ノロノロ

環境構築は苦労するよね。僕自身Railsの環境構築はスクールのメンターに何度も助けられたよ。
コード書くこと自体はかなり楽しいんですが、いくぶん環境構築がしんどいという。

ただ、コードを書く段階までいけば楽しいので、そこからは淡々とコードを書くのがベスト。

独学だと環境構築で苦戦することはありますが、始めの関門だと思ってやるのがいいですね。

MEMO
環境構築を用意するのが難しかったです。独学だとなおさらですね。




プログラミング挫折を防ぐために僕がしたことを挙げるよ

「独学で挫折したからプログラミングやめよう」っていうのはちょっともったいないですよね。

別に独学で挫折したから向いてないとかないですし。

なので、ここでは僕がプログラミング学習挫折を防ぐためにしたことを列挙します。次の通り。

・挫折を防ぐためにしたこと❶:スクールに通う
・挫折を防ぐためにしたこと❷:1日にやる勉強時間+作業内容を決める
・挫折を防ぐためにしたこと❸:10分調べて解決できなかったら誰かに質問する
ざっくりまとめるとこんな感じですかね。

かなり具体的な方法も挙げたので、ぜひ参考にしてみてください。ではいきますね。

・挫折を防ぐためにしたこと❶:スクールに通う

僕は独学挫折して速攻スクールに通いました。

スクール名挙げると「TECH::EXPERT」です。通学型でアウトプットを共有できる同期もいるので挫折はかなりしにくいですね。
気になる方はこちらの記事を読んでもらえればなと。
TECH::EXPERTの評判を聞いてきた【無料カウンセリング】 少し話が逸れたので戻しますね。

僕的に、スクールって挫折しにくいなと思った理由は3つあります。以下の通り。

・①:エラーが起きてもメンターに聞けば解決できる
・②:自分のやってることの方向性を修正しつつ学習できる
・③:環境構築が容易すぎる
これらでしかないです。

こういうと「エラーも自分1人で解決できないなんて力つかないだろwww」と言われるんですが、全然そんなことないですね。

スクールのメンターってきちんと寄り添って共同解決の姿勢を示してくれるんですよ。

どういうことかというと

・エラーが起きる→メンターに質問する→答えは教えられるのではなく、一緒に解決。
まさにこれなんです。

エラーが起きても、「どうやって解決するのか?」を一緒に、しかもかなり丁寧にやってくれるので疑問も残らないですね。

なので、概念理解もしっかりできますし、見たことのないエラーが起きても自分1人で解決できたりもします。

ゆえに挫折しないわけで、僕はスクールに通って本当によかったなと思ってます。

ノロノロ

独学だったら確実にプログラミング学習を放棄してたね。
しかも、最終的なゴールが用意されてあり、それを達成したら「力が身についた証拠」にもなります。

なので、「どこに向かってるのかわからない」という超漠然とした不安感を感じることもないのかなあと。

MEMO
スクール(特に通学型)は挫折しにくいです。ソースは僕と周りの同期。

・挫折を防ぐためにしたこと❷:1日にやる勉強時間+作業内容を決める

ここはかなり大事です。スクールに通いながらも常に意識しています。

僕の場合だとこんな感じ。

・新しい実装を1つつける。
・前日に理解できなかったことを、実践的に作業して理解する。
→そのためにはこれくらいの時間が必要だから、10時間設ける
1番大事なのは作業量から先に決めることですね。時間から決めてもあまり意味ないです。

10時間勉強しても集中力下がったダラダラ状態だと本末転倒。

なので、まずは「具体的な作業内容」を決めて、それを達成するためにどれくらいの時間が必要かを考える。

ノロノロ

ここまでスケジュールを具体的に落とし込んだら挫折しないよね。少しずつ確実に成長できるし。
もちろん勉強時間は大事なんですよ。ただ、それよりももっと意識するべきことがあるでしょってこと。

プログラミング学習は効率を意識して、作業内容をしっかり決めた方がスキルも上がりますね。これは経験ベースですが。

ただ、最初はあまり難しいことは考えず、「予定立てればいいんだあ〜」くらいに思えばOK。
うざいくらい何回も言いますが、やること決めた方が挫折率は下がります。
MEMO
予定を少しだけ念密に立てましょう。挫折率が下がります。

・挫折を防ぐためにしたこと❸:10分調べて解決できなかったら誰かに質問する

これはスクールだったら簡単ですね。基本的にいつでも質問できますから。

ただ、スクールに通ってない人からしたらかなりハードルが高いのかなと思います。

とはいえどやりようはあって、いくつか挙げてみます。

・Twitterで質問してみる
・Udemyの教材で学習して、わからないところを質問する
・Qiita(プログラミング技術情報共有サービス)で解決策を探す
こんな感じですかね。

独学でも質問する環境を作ることは可能。

ただ、あまり効率的とは言えないですし、質問できる環境が欲しいならスクールに通うのが無難。

ノロノロ

Udemyの質問も返ってくるのは1日後とかだしね。
早めにレスポンスが欲しいならスクールがいいと思います。

僕も質問できる環境が欲しくてスクールに通いましたし、質問することって全然悪いことではないですからね。

というか、プログラミング自体に慣れてない時期こそ質問はするべき。学習効率がかなり上がりますよ。
プログラミング学習者にとって疑問やエラーは当たり前というか、常にあります。

なので、まだコードも大して書いてない段階で1時間とか悩むのはNG。

自走力を高めるための自己解決型学習もいいですが、バランスは考えて学習にと取り組むべきだなあと。

MEMO
自分の頭で10分解決できなかったら、誰かに聞きましょう。

・プログラミング独学難易度はそれなりに高いと思うよ

これは超個人的意見にはなりますが、プログラミング独学はそれなりにきついと思います。

エラーは1人で解決しないといけないですし、実装も自分1人の力でしないといけません。

それらの苦行を乗り越えたら「自走力のある人」というレッテルを貼ってもらえることもできますが
ただ、多くの人にとって独学は厳しいよな、というのが本心。

どれだけエラーが起きても「よっしゃ、解決してやるぜよ」という強靭メンタルがあるなら別ですけどね。

僕はそれなりにプログラミングというものに興味があって、楽しくコードを書いてても挫折しましたよ。メンタルが豆腐だったから。

ノロノロ

プログラミングってコードを書くだけじゃないんだよね。機能エラーも解決しないといけないし、データベースとかも扱わないといけない。だから挫折したね。
なので、独学が不安な人はスクールに通うのも選択肢の1つ。

自分の適正をよく考えて、スクールがいいなと思ったら割り切って選択するのがいいと思いますよ。
TECH::EXPERTの評判を聞いてきた【無料カウンセリング】 Ruby初心者でも取り組みやすいおすすめUdemy教材を紹介するよ 【効果】Progateをやる意味ないことはないよ【やりすぎNG】 【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA