新卒で自社開発企業にエンジニア就職

年代別プログラミングの独学勉強法を経験ベースで解説していきます

ノロノロ

どうも、やっとプログラミング独学で技術キャッチアップできてきたノロノロです。
プログラミングを独学で勉強したいんだけど、どんな方法でやればいいかわからないから困ってる。教えてくれ

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・年代別プログラミングの独学勉強法を経験ベースで解説していきます

僕は一度プログラミング独学を挫折したのですが、今はいろんな言語を独学で勉強しています。

最初はプログラミングなんて理解できるのか、、、と思っていたのですが、それなりに継続することでキャッチアップできてきました。

その経験から「年代別」のプログラミング独学勉強法について解説していこうかなと思います。
プログラミング独学といっても、時間がたくさんある大学生と、時間がない社会人ではやり方がすこし違いますからね。

自分の性質に合わせ、最適な方法で勉強していくのがいいのかなあと。

プログラミング独学を始める前に

プログラミング独学勉強法を紹介する前に、少しだけ時間をください。

僕は一度プログラミング独学を挫折しているのでわかるのですが、独学は結構きついです。
資格勉強とはまた違った難しさ、受験勉強ともまた違った難しさがありますからね。

別にこれは「独学は無理だから諦めろ」と言っているのではなく、この事実を知るのはプログラミングを学習する上で大事なんですよね。

独学に挫折してしまうと「自分はプログラミングに向いてないんだ。やめるしかない。」と、プログラミングそのものを諦めてしまう可能性もあるので。

僕は、プログラミングに向き不向きはあると思ってますが、向いてないからといって「プログラミングができない」のは違うと思っています。
ちゃんと継続すればプログラミングはできるようになってくるので。

・プログラミング独学は結構きつい(僕は挫折した)

 プログラミング独学がきつい理由はいくつかあって

・❶:環境構築でつまずく場合が多い
・❷:意味不明なエラーに悩まされることが多々ある(半日溶かされることもありますね)
・❸:英語が全くわからない人にとっては苦痛
・❹:最初はただの文字列にしか見えない
・❺:成長を感じるまでの期間が長い
こんな感じで、プログラミングには初学者キラーな要素がめっちゃ多いんですよ。

黒い画面にやたら長いエラー文が書かれたりとか、確実に上手くいってるであろうロジックに欠陥があったりとか。

プログラミングを始めた人からしたらかなり困惑するわけで、挫折するのも無理ないわけですね。

・補足:独学した気になっている人も多い

独学した気になってる人も多いんですよ。

・Progateで基本的なことだけやって満足する
・ドットインストールで動画だけ見て満足する
・技術書だけやって、自分でなにか動くものを作ろうとしない
もちろん何もやらないよりかは、Progateとかで勉強した方がはるかにいいんですが、それだけやっててもダメなんですよね。

プログラミングって

必死に考えて、エラーにはまっても解決して、ググりまくって問題解決したとき
に初めて成長するんですよ。

Progateやドットインストールは基礎的なことを学ぶには最強なんですが、それから先は自分で手を動かす必要があります。

僕も一時期Progateのレベル上げに一喜一憂していたのですが、めっちゃ後悔しています。早めに動くものを作ればよかったなあと。

なので、なるべくはやく「自分の知識、想像したものを落とし込んだアウトプット」をしていきましょう。

年代別プログラミング独学勉強法について

冒頭でも言いましたが、プログラミング独学といっても「自由に使える時間が多い人」と「そんなにない人」ではやり方と時間配分が違ってきます。

中学生〜大学生と社会人では明確に分類する必要があるんですよね。
なので、ここから先は自分に該当するところを読んでもらえればなと。

大学生におすすめのプログラミング独学勉強法を紹介

理系で研究バリバリある人等は除いて、大学生は自由に使える時間がかなりあると思います。

なので、1日4時間〜8時間の勉強時間を確保して、毎日ガリガリコードを書いていくことをおすすめします。

とはいっても、いきなりそんな勉強してもガス欠するだけなので、まずは1時間とかから始めていきましょう。徐々に慣らしていけばOK。

僕も今でこそ毎日7時間以上はプログラミングに取り組めるんですが、最初は1時間も無理でしたからね。ほんと慣れってすごいですよ。

・ゴールは「インターン」

大学生のゴールは「インターン」で、そのための手段として「ポートフォリオ」をつくりましょう。

そもそもなぜインターンをゴールに置いているかというと

実務経験を積むことができるから
これだけです。しかも、インターンは採用ハードルがそれなりに低めなので、どんどん活用すべきですよ。

一方で、エンジニア就活は人手不足だと言われていますが、技術がモダンな自社開発企業とかって簡単には入れません。

未経験OKとは言っても

・それなりに技術力は求めてくる
・自社サービスに対する興味関心は必要(自分の技術力を高めたいだけじゃダメ)
・企業理念に対する共感も必要
こんな感じなので結構きついんですよね。

なので、インターンに行って実務経験を積み、自分の技術力と自走能力を証明できるファクトを集めるべきです。

そのためにはポートフォリオを作る必要があるのですが、それに関してはこちらの記事で詳しく解説しています(ここに書くとかなり長くなるので)。
大学生のプログラミング勉強法を解説する【ポートフォリオ作るべし】

・大学生は独学有利な立場です

大学生は時間がたくさんあるので、独学で多少失敗しても取り返せます。

半日エラーで悩んでもそんなに痛くないですし、ちょっと言語選びに失敗しても大丈夫です。

僕が今大学1〜2年生なら、独学でバリバリ勉強したいですね。時間の許す限りコードを書いていたいです。

それくらい有利な立場にあるので、自己成長のためにガツガツ勉強していきましょう。

社会人におすすめのプログラミング独学勉強法を紹介

社会人の方はそんなに時間がないと思うので、負担をかけすぎない程度に学習していくのがおすすめです。

あんまり無理をしても体を壊すだけなので、自分の生活を念頭に置き、プログラミングを勉強していってくださいね。

・ゴールは「転職」

ゴールは転職です。そのためには絶対に「ポートフォリオ」を作る必要があります。

ポートフォリオは自分の自走能力と技術に対する興味関心を評価するものになるので、かなり大事なんですよね。

未経験採用となってくると、見てくるところは完全にポテンシャルなので、そのためにも「この人は伸びるかどうか」という部分がかなり大事になってきます。
そこを「ポートフォリオ」の質とか「これまで何をしてきたか・転職理由等」で測る感じです。

なので、一切の妥協をせずポートフォリオを作り、企業に潜り込んで実務経験を積むのが最適解かなあと。

社会人優位な勉強法に関しては、こちらの記事で解説しています。
社会人のプログラミング独学勉強法を解説する【働きながらOK】

・社会人で独学してる人は凄すぎると思う

プログラミングを独学している社会人の方は凄すぎると思います。

初学者キラーと言われる要素が豊富なプログラミングにもかかわらず、限られた時間の中でポートフォリオを完成させるわけですからね。

プログラミングを挫折する人が多い中、自己管理を徹底し、毎日コードを書くだけでも相当優秀じゃないんですかね。

事実、スクール卒業生よりも独学で技術力を身につけた人の方が好まれます。自走力が高いですから。

なので、うまく自己コントロールして「凄すぎる人」をめざしましょう。

プログラミング独学は不可能じゃないと思う

プログラミング独学がきついのは事実です。

ネットをググってもらえたらわかると思いますが「独学は厳しい」みたいな記事はたくさんあります。

それは本当なので否定できませんし、僕も一度挫折してますからね。

ただ、不可能ではないのも事実です。

・自分に期待しすぎないことが大事だと思う

自分ならプログラミングくらい簡単にものにできると思うと、挫折したときの精神的ダメージは大きいです。

なので、自分に期待しすぎないことが大事なんですよね。
これは弱気でもなんでもなくて、戦略的な考え方。

プログラミングを長期的に学習する上でのテクみたいなもので、かなり効果的なんですよ。

というわけでプログラミング独学に挑戦していってください。僕もコードを書いていこうかと。

ノロノロ

この記事が参考になれば嬉しいね。