新卒で自社開発企業にエンジニア就職

プログラミングって大学生から始めて大丈夫なの?【結論:YES】

ノロノロ

どうも、大学生からプログラミングを始めたノロノロです。
プログラミングを始めたい。でも自分は大学生だし、今から始めるには遅すぎるのかなあ。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・プログラミングって大学生から始めて大丈夫なの?【結論:YES】
僕は大学生、しかも大学3年生でプログラミングを始めました。さらに文系です。

でも、独学をし、挫折し、スクールに通って基礎知識を習得し、さらに独学してスキルを習得することで

・❶:モダンな技術を扱う自社開発企業のインターンに採用される
・❷:就活では逆スカウトをたくさんされる
という状態まで持っていくことができました。

ぶっちゃけ、大学生のうちからプログラミングを始めるのは遅くないです。むしろ、大学生のうちにプログラミングの需要に気づけたのは大きいなと。

30代未経験から一念発起してエンジニアを目指す人もいるわけなので、20代前半のうちからプログラミングを始めるのが遅いわけないんですよね。




大学生からプログラミングを始めても遅くない

そもそも「大学生からプログラミングを始める=不利」みたいな方程式はないです。

確かに小学生、中学生の頃からパソコンをいじっていたりする人には敵わないかもしれませんが、別にそれは気にしなくてOKです。

自分は自分のペースで、プログラミングを学んでいくのが大事だと、経験ベースで思いますね。

・プログラミングに才能はそんな関係ない

僕も最初は「プログラミング=才能のある猛者しかできない代物」くらいに思っていたんですが、そんなことなかったです。

もちろん最初はわからないことばかりなんですよ。例えば

・ターミナル(ハッカーがよく使ってる黒い画面)の操作がわからない
・ブラウザに自分のコードを表示させる方法がわからない
・アルゴリズムを全く理解できない
・言語の違いがわからない
・リクエストの意味がよくわからない
みたいな感じで、最初は右も左もわかりません。

ただ、これを

全然理解できないのは自分に才能がないからだ

読者

と決めつけるのは間違ってるんですよね。

プログラミングってある程度時間をかければ絶対にできるようになりますし、それなりに複雑なロジックも理解できるようになります。

さらに、理解するだけじゃなくて、理解を応用して自分の考えをコードに落とし込めたりすることもできたりするんですよね。

なので「大学生だからもう遅い」とか「大学生から才能は伸ばせない」と決めつけるのはほんとに違うなと。

・30代後半からプログラミングに挑戦する人だっている

僕は通学型のプログラミングスクールに通っていた経験があるのですが、僕の同期の中には20代後半、中には30代の人もいました。

30代でプログラミングに挑戦し、エンジニアに目指す人もいるんですよね。そして、ほとんどの人はエンジニア転職を成功させます。

一般的な考えだと

技術で戦っていくプログラミングを30代で身につけて、エンジニアを目指すのは無理すぎる
というものだと思うんですが、現実には30代でプログラミングの基礎を理解してエンジニアになる人は結構いるんですよ。

もちろん生半可な努力では無理なんですが「なんとしてもプログラミングを学んでエンジニアになってやる」という覚悟を持っている人はエンジニアになっちゃいます。

周りの人からは「30代ではきつすぎるから諦めろ」と言われても、自分の意志で根気よくプログラミングを学び、最後まで自走しきります。




プログラミングをやりたいなら今すぐやるのがいいと思う

今まさにプログラミングというのもを知り「やろうかな?やるのやめようかな?」と考えてるくらいなら一回体験してみてください。

Progateとかなら最初のコースは無料で受けれますし、月額980円で全てのコースで勉強することができます。

一度プログラミングというものはどんなものなのか?を体験するのが得策だと思いますよ。

「今から始めるのは遅い」なんて自分が勝手に決めつけている場合が多いので、まずはやってみることが大事です。

・悩んでるならまずはやってみよう

悩んでるくらいならまずはやってみてください。

・1つの言語について勉強してみる
・YouTubeでエンジニアの動画を見る
・パソコンを買ってターミナルを操作してみる
・簡単なアプリを作ってみる
ハードルが低いところから始めてみてください。

いきなりアプリを作るのがしんどすぎる場合、Progateで基礎の基礎を学ぶのでもOKです。

大事なのはプログラミングに触れることで、触れることで何かしら掴めるものがあるんですよ。例えば

・この言語はおもしろいけど、これは微妙だな
・思ってたより簡単そうだな
・ターミナルってこんなに簡単に操作できるのか
・簡単なアプリなら一瞬で作れそうだな
それぞれの個人が抱く感想は違えど、プログラミングに触れれば何かしら感じることがあると思います。

僕の場合は「絶対的に向いているわけではないけど、努力したら習得できそう」でしたね。

悩んでる時間はほんとにもったいないので、その時間をプログラミングに触れる時間に充ててください。

・結論:プログラミングは今から勉強しても全然遅くない

結論、プログラミングは今から勉強しても遅くないです。

しかも大学生なんて自由に使える時間がかなり多いと思うので、毎日4時間くらいはプログラミングに時間を割けるかと思います。

とはいえど、いきなり長時間の学習はしんどいと思うので30分とかでもいいんですが、とりあえず始めてみてください。
僕も最初はHTML/CSSでかなり苦戦していて、はっきりいうと「プログラミングセンスはない、ないどころか皆無」というレベルでした。

しかし、毎日5〜10時間勉強することで「コードは汚くても動くことは動くアプリ」なら基本的になんでも作れるようになりました。

暇つぶしにマッチングアプリを作れる領域まで持っていくことができたので、ほんとに才能は関係なく、大学生からでも全然遅くないんだなと。

というわけで、ゴリ押しな勇気づけとかでもなんでもなく「大学生からプログラミングを始める=遅くない」というのは事実なので、気になっている人は一回プログラミングを体験してみてください。

ノロノロ

僕も大学生からプログラミングを始めたけど、なんとかなるよ。
大学生優位なプログラミングの始め方を徹底解説してみた【毎日勉強】 大学生におすすめのプログラミングスクールを2つ厳選【体験者の解】 プログラミングスクールに通うべき大学生の条件は「3つ」あるよ プログラミングを始めている大学生へ【時間の使い方気にしてる?】 エンジニアインターンのおすすめ求人サイトを徹底紹介【未経験可能】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA