新卒で自社開発企業にエンジニア就職

【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】

ノロ

大阪の自社開発企業でエンジニアインターンをしている、ノロです。
今の職場はなんか嫌だからプログラミングを学んで転職したい。だから、転職に強いおすすめのプログラミングスクールを教えてほしい。でも数が多いと何を選んだらいいかわからないので、厳選したものを紹介してくれ。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】
プログラミンングスクールって数が多すぎるので選ぶの大変ですよね。僕はめっちゃ大変でした。

なので、数をできるだけ絞り、転職を前提にカリキュラムを進めるプログラミングスクールを厳選しました。経験を交えつつ話していくので、参考にしてみてください。

結論から言うと、おすすめのプログラミングスクールは次の通り。

・おすすめ❶:テックキャンプ (エンジニア転職)
→ライザップ式のプログラミングスクール
・おすすめ❷:TechAcademy《エンジニア転職保証コース》
→Javaに特化した転職型プログラミングスクール
・おすすめ❸:ポテパンキャンプ
→正社員転職特化型プログラミングスクール
さらに、これらプログラミングスクールは次の項目にもしっかり該当しています。
・転職サポート面もしっかりある
・専属の講師(メンター)がついている
・未経験でもOK(ポテパンキャンプは未経験だとちょっと厳しい※HTML & CSSを少し触っておく必要あり)
・質問し放題
これに加えて、それぞれのプログラミングスクールには特徴があるので、どれを選んでも大きな失敗はないと感じますね。

プログラミングスクールは時間がない社会人にとって、最も効率的に学習できる手段だと思うので、これを機にスクールを有効活用するか検討してみてください。

どのプログラミングスクールも高い技術力を持った講師が存在し、転職やキャリアについてのサポートもしてくれるので安心ですよ。

プログラミングスクールに入る前に

プログラミングスクールに入る前に、まずは最低限知っておくべきことについて列挙します。

・その❶:プログラミングはまとまった時間の確保が重要
・その❷:未経験者は転職エージェントの直接利用はやめたほうがいい
まずはここら辺を理解しておくべきです。どれも基本的なことですが、把握している人は案外少ないです。

「まとまった時間を確保する」のはほんとに重要ですからね。プログラミングスキルを短期間で飛躍的に伸ばすには量やるしかありませんから。

プログラミングはまとまりのある時間を使って、一気に作業した方がいいです。経験ベースの意見ですが、プログラミング経験者はみなさん感じてると思いますね。

・その❶:プログラミングはまとまった時間の確保が重要

プログラミング学習をする上で、まとまった時間を確保することはかなり重要です。

英語学習や資格勉強みたいに参考書をパッと取り出して、隙間時間に暗記するといったことはできないですし、非効率です。

パソコンを開いてコードを書くわけで、隙間時間をかき集めてちまちまやるのは効果的ではないんですよね。

仕事が忙しい人ならさっさと仕事を切り上げて定時退社するなどして、まとまった時間をつくり、その時間は鬼のように作業すべきだと思います。

ノロ

塊の時間をいかにつくるかがポイントですよ。
とは言っても、学習教材の方はプログラミングスクールに任せたらOKなので、自分は努力するだけでOKなんですよ。「勉強方法は正しいのかな?」とかを考える必要はありません。そこはスクール側が計画してくれます。

自分の目標に合わせて教材作成してくれるわけですから、あとは自分で時間を作ってやるだけです。

MEMO
まずは時間を確保することから意識しましょう。

・その❷:未経験者は転職エージェントの直接利用はやめたほうがいい

プログラミング未経験者は、転職エージェントを利用して直接転職するのはやめたほうがよくて、理由はこちらです。

IT業界では若い人が優遇されがちだから
エージェントは若くて実務経験がそれなりにある人にはおすすめですが、そうでない人には微妙なんですよね。

これは悲しき事実なんですが、30代以降のエンジニア転職難易度は上がります。

というのも20代の方が吸収力があり、指示を出しやすいからなんですね。

ですが、だからといって転職不可能かというとそうでもないわけで、それなりに技術力があればOKなんですよ。

プログラミングスクールや独学で基礎知識を身につけ、それなりの技術力を持った状態で転職すればいける印象ですね。

ノロ

30代以降でも、実力がそれなりにあれば問題なしというわけですね。
なので、未経験のうちにエージェントを利用して転職するのは、選択肢としてあまり効果的ではないと思います。

エージェントを利用するんだったら、何年か実務経験を積んでからの方が得策ですね。

カモだと思われ完全ブラックな会社をつかまされたら最悪ですからね。ここは慎重に判断&行動すべきです。経験上、未経験者のうちはWantedly等の転職サイトを使うのが得策です。

僕はスクールの転職サポートは鵜呑みにせず、Wantedlyや直接応募の手段を用い、自社開発企業さんから内定をいただくことができました。

MEMO
それなりの技術力を身につけてから転職するのがベター

転職に強いおすすめのプログラミングスクール3選

では今から転職に強いプログラミングスクールを3つ紹介していきたいと思います。

どこも実績、信頼性ともに高く、徹底的にサポートしてくれます。

・おすすめ❶:テックキャンプ (エンジニア転職)
→ライザップ式のプログラミングスクール
・おすすめ❷:TechAcademy《エンジニア転職保証コース》
→Javaに特化した転職型プログラミングスクール
・おすすめ❸:ポテパンキャンプ
→正社員転職特化型プログラミングスクール

・おすすめ❶:テックキャンプ (エンジニア転職)

   
学習期間 2ヶ月弱(600時間)
学べる言語 HTML/CSS,JavaScript,Ruby,Ruby on Rails,AWS,SQL,Git,GitHub,Linux,jQuery,AWS
授業料 598,000円
場所 渋谷・梅田・名古屋・ACROS福岡
受講形式 オフライン(通学タイプ)
受ける上での条件 なし
未経験OKか?  完全プログラミング未経験者でもOK

TECH::EXPERTは3月下旬からテックキャンプ(エンジニア転職)」という名称に変わりました。カリキュラム内容に変更はありません。

テックキャンプ (エンジニア転職)は株式会社divが運営しているプログラミングスクールで、技術審査もないので誰でも受講可能なんですよね。

テックキャンプ (エンジニア転職)は600時間の即戦力エンジニア養成プログラムを組んでおり、かなりハードなんですよ(事実ハードでした。笑)。

僕は実際に70日間通い毎日10時間以上勉強しましたが、ハードすぎて後半は脳が半分溶けてました。

というのもカリキュラムが結構難しいんですよね。

・①:基礎カリキュラム
・②:応用カリキュラム
・③:チーム開発
・④:個人アプリ開発
これを2ヶ月弱でやろうとするわけで、見るからにスパルタですよね。「ライザップ式」と言われるゆえんがここにあります。

しかし

「絶対に挫折させない」をモットーに、生徒1人につき専属のライフコーチもつき自己管理してくれるので、ほぼほぼ挫折しない仕組みを実現しています。
なので、学習完了率は94%と高く、ほとんどの人が作業を途中で投げ出していないんですね。

ライフコーチが毎日「今日カリキュラムどこまで進めますか?」と聞いてくるので、進捗が大幅に遅れる心配もそんなにありません。

さらに、テックキャンプ (エンジニア転職)は現場を再現した「チーム開発」を取り入れているので、よりリアルな雰囲気でコードを書くことができるんですよね。

チーム開発をすることで、現場に近い環境でプログラミングに触れることができたのはほんといい経験でした。

こう聞くと難易度が高く聞こえるかもしれませんが、講師には質問し放題なので問題なかったです。
わからないところを質問すれば優しく回答してくれますからね。確かに自己解決能力も大事ですが、悩みすぎるのもよくないです。

わりとハードでスパルタなプログラミングスクールではありますが、短期集中でなんとしてもエンジニア転職を実現させたい人にはおすすめです。

»テックキャンプ (エンジニア転職)の無料相談を受けてみる

MEMO
プログラミング未経験でも、ライザップ式で鍛え上げられ、転職できるレベルまで引き上げてくれます。

テックキャンプ (エンジニア転職)の無料体験に実際に行って、直接評判を聞いてきた記事はこちらです。
TECH::EXPERTの評判を聞いてきた【無料カウンセリング】
こちら
は口コミをまとめ、僕が解説している記事です。
テックエキスパートの口コミを羅列してみた【卒業生の記事です】

・おすすめ❷:TechAcademy《エンジニア転職保証コース》

   
学習期間 3ヶ月(300時間)
学べる言語 Java特化
授業料 298,000円(分割払いだと、月額12,000円)
場所 在住地はどこでも受講可能
受講形式 オンライン
受ける上での条件 なし
未経験OKか  完全プログラミング未経験者でもOK

TechAcademy《エンジニア転職保証コース》はオンライン型の転職特化プログラミングスクールで、現役エンジニアがサポートしています。

TechAcademyには様々なコースがあるのですが、おすすめとして紹介するのが「エンジニア転職保証コース」。

他にもコースは数多くあるんですが、エンジニア転職前提ならこのコース一択でいいと思います。

「保証コース」ということもあり、受講終了後転職できなかった場合は「全額返金する保証」もついてきますからね。
TechAcademyは最低限のスキルをさっさと身につけて転職し、現場経験を身につけたいという人におすすめです。

さらに、オンライン型のプログラミングスクール なので、地方の人でも気軽に受けることが可能なんですよね。

ただ、オンラインはそれなりに自己管理能力が求められるので、調子が乗らない日は「今日はやらなくていいや」なんてことも簡単にできるのがデメリット。

ですが、そうならないためにTechAcademyはオンラインでもモチベ維持をしっかりできるよう「パーソナルメンター制度」を設けています。

・週2回のマンツーマンメンタリング(1回30分の質問し放題)
・毎日15時〜23時のチャットサポート(大体2〜3分で返信がくるそう)
上の通りです。

モチベ維持に加え、学習の方向性を間違えないようにしっかり現役エンジニアが管理してくれるので、不安なく学習することが可能。

ノロ

オンライン特有の「学習内容理解の曖昧感」を払拭できているところが最大のポイントです。
さらに、オンラインスクールでは珍しいくらい転職サポートにも力を入れてるんですよ。

扱っている言語であるJavaは今日本で案件数が1番多く、TechAcademyはJavaの求人中心に応募することにしています。

「転職してみたらITに関係ない雑務をやらされたわ」みたいなこともないので安心なんですよね。

ですが注意として、転職先が「東京の企業」がほとんどなので、地方の人は東京に出てこないといけないかもしれません。

ただ、まずは下積み期間として東京に出向いて、1〜2年経験を積んでもっと融通の効くエンジニアになるまで我慢するのもアリだと思います。僕はそういう決断をしました。

»TechAcademyの無料体験を受けてみる

MEMO
オンライン型なので地方の人でも受けられ、自己管理サポートも充実しています。
TechAcademy【転職エンジニアコース】が気になっている人はこちらの記事をどうぞ。
TechAcademyエンジニア転職コースってどうなの?【評判】

・おすすめ❸:ポテパンキャンプ

   
学習期間 3ヶ月
学べる言語 Ruby特化
授業料 キャリアコース:250,000円
ビギナーコース:300,000円(学習期間が4ヶ月に伸びます)
場所 在住地はどこでも受講可能
受講形式 オンライン
受ける上での条件 選考あり(HTML & CSSを少し触っておく必要あり)
審査対象に年齢は含まれてません
未経験OKか  選考があるので、HTML/CSSをProgateで少し触っておく必要あり

ポテパンキャンプは「Rubyに特化した」プログラミングスクールで、現役エンジニア(キャリアコースだと1人につき3人)が徹底サポートしてくれます。ありえないくらいのサポートです

さらに、転職サポートの方も、実際にエンジニア経験をしたメンターがついてくれるので安心。現場経験者なのでマニアックな要素まで教えてくれます。

ポテパンキャンプは転職を意識した「キャリアコース」が人気です。いきなり実務的なことから始めるので、完全未経験でもOKな印象ですね。

ただ、選考があるので、スクールに入る前にProgate等でHTML & CSSの基礎知識くらいは詰めておいた方がいいです。「全くコードを書いたことがない」という人はおそらく選考突破はきついので。

ですが、ポテパンキャンプでは「ビギナーコース」というのももあり、こちらはプログラミング初心者を対象にしています。

プログラミングスキルに自信がないな、、という人はビギナーコースから受けてみるのもアリだと思いますよ。
ポテパンキャンプではかなり実践的なことをやるので、現場レベルの開発スキルを身につけることも可能だそうで、その分カリキュラムはハード。

ただ、複数のガチRails現場エンジニアにサポートしてもらえますし、心が折れないように寄り添ってくれるので、過剰に心配する必要はないですね。

さらに、転職面では多くの卒業生がWebエンジニアに転職成功していますし、全員が正社員として就職しています。

契約社員として、いつ切られるかもわからない状況にビクビクする必要はないので安心。
ただ、重ねて言いますが《キャリアコース》は基礎を少し触ったことがある人向けなので、心配な人は《ビギナーコース》を受けてみるのがベストだと思います。

»ポテパンキャンプの新規無料カウンセリングを受けてみる

MEMO
現場レベルのスキルを学びたい人にはおすすめ。ただ、知識に不安のある
人はビギナーコースを受けるのが得策です。
ポテパンキャンプが気になっている人はこちらの記事をどうぞ。
【評判】「ポテパンキャンプ」を徹底リサーチしてみた【選考あるよ】

プログラミングは学習コスパがかなり高いと思います

プログラミングは学んだことが自分の力となると、その知識や技術でお金を生み出すことができるようになるので最高です。

さらに、プログラミングってやってすと案外楽しくなってくるので、苦行をしている感じにもならないんですよね(エラーや環境構築はイライラしますけど)。

・他に比べて楽しいし、需要もある

英語、他の資格、プログラミングを勉強をしていて率直に思ったのが、次の通りですかね。

・英語、他の資格→将来役に立つかよくわからない。不安。
・プログラミング→スキルとして身につけば、確実に役に立つとわかっている。安心。
本当にこれに尽きます。

英語とかって需要があるように見えて、それをどう使って収益を生み出すのかを考えると、わりと答えを出すのに時間がかかるんですよね。

一方プログラミングの場合は需要があるので、フリーランスのエンジニアだと月収60万円とか普通の世界です。

ノロ

実際、学歴なしでフリーランスのエンジニアになって稼いでいる人も多くいます。
ただ、いきなりフリーランスになるのは気がひけると思うので、まずはスクールで基礎知識を固めて現場経験を積むのがベスト。

需要もあって楽しいプログラミングがこの時代にあってよかった、と心の底から思います。

MEMO
プログラミング需要は広がり続けてる。

・プログラミングは暗記ゲーというよりも、理解ゲー

実際にプログラミングをやったことのある人ならわかると思うんですが、プログラミングって暗記量はそこまで必要ないんですよね。

それよりも大事なのが「理解」、もっというと「このコードは〜な仕組みだからこうなっているのか」みたいな思考が大事なんですよ。

プログラミングがググることが多いですし、暗記はそこまでなくても問題解決できたりします。これは実際に開発をやるとわかります。

なので、地道に知識を習得するよりも、さっさと実践的なアウトラーニング学習に切り替えるの無難だなと。

その点でいうと、プログラミングスクールなんかはおすすめですし、転職サポートもついているとなおいいですね。

ノロ

技術面もキャリア面両方を徹底サポートしてくれるのはありがたい。
エンジニアとして働き方という方には、転職サポート付きのプログラミングスクールに通うというのが、かなり効果的で現実的な選択肢だと感じます。

これからの需要に合わせて働き方を変えたいという方は是非。プログラミングという現代の魔法武器を身につけてみてください。

今回紹介したプログラミングスクールは以下です。

・おすすめ❶:テックキャンプ (エンジニア転職)
→ライザップ式のプログラミングスクール
・おすすめ❷:TechAcademy《エンジニア転職保証コース》
→Javaに特化した転職型プログラミングスクール
・おすすめ❸:ポテパンキャンプ
→正社員転職特化型プログラミングスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA