新卒で自社開発企業にエンジニア就職

侍エンジニア塾の評判をスクール経験者の僕がまとめてみた

ノロノロ

どうも、プログラミングスクールでがっつり基礎力をつけたノロノロです。
侍エンジニア塾を受けようかどうか迷ってるんだけど、実際のところどうなの?教えてくれ。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・侍エンジニア塾の評判をスクール経験者の僕がまとめてみた
ここ最近ってエンジニア需要が爆上がりしており、プログラミングスクールの数って最近かなり増えてるんですよね。

その中でもカリキュラムの質が高くて、メンターがよくて、モチベも一生続くスクールを選ぶのは大変です。

僕自身スクールを選ぶのは時間がかかったのでその気持ちがわかるんですよね。

そこで今回は、オリジナルアプリ開発に力を入れている「侍エンジニア塾」の評判についてまとめ、僕なりに解説していこうかなと。

いい点や悪い点も網羅して解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは侍エンジニア塾の概要について、簡単な表にしてまとめてみました。

   スタンダードコース 転職コース AIコース
価格 ・168,000円(1ヶ月)
・438,000円(3ヶ月)
・698,000円(6ヶ月)
・168,000円(1ヶ月)
・292,000円(2ヶ月)
・580,000円(3ヶ月 + 1週間)
・980,000円(6ヶ月 + 2週間)
受講形式 オンライン・オフライン(東京) オンライン・オフライン(東京) オンライン・オフライン(東京)
学べる内容 完全オーダーメイド(自分に合わせてカスタマイズしてくれます) 完全オーダーメイド(自分に合わせてカスタマイズしてくれます) Python
期間 ・1ヶ月
・3ヶ月
・6ヶ月
・1ヶ月
・2ヶ月
3ヶ月 + 1週間
6ヶ月 + 2週間
特徴 完全初学者でもマイペースに学べる 早く転職したい人に最適 AIをがっつり学んでAIエンジニアになりたい人に最適

概要はざっくりとこんな感じなのですが、Webエンジニアになるためにモダンな企業に転職したい人は「スタンダードコース」が最適だなと。

AIコースは費用もがかなりかかりますし「AIを使って絶対こういうことをする!」みたいに明確な目標や目的がない限りは受けなくてもいいですよ。

多くの人は定時で帰れて、10時出社で、私服で、、みたいなライフワークを望んでいると思います。そういう人は「スタンダードコース」でOKです。

侍エンジニア塾の評判についてまとめ、解説してみた

さっそく侍エンジニア塾の評判についてまとめて解説していくのですが、流れは以下のように進んでいきます。

・❶:メンターの質について
・❷:カリキュラムの質はどうなの問題について
・❸:どのコース選べばいいの?について
・❹:ぶっちゃけ全体の質としてどうなの?について
では見ていきましょう。

❶:メンターの質について

現役のフリーランスエンジニアがメンターって聞いたけどほんとなの?

読者

これは本当です。

僕はTECH::EXPERTというスクールに通っていたことがあるんですが、メンターはインターン生やプログラミングを趣味としている正社員の方が多かったですね。

一方で侍エンジニア塾は現役のフリーランスエンジニアがメンターとしてついてくれます。現場のちょっとした作法も身についているので勉強になることが多いんですよ。

しかもそれだけではなく

・マンツーマンでついてくれる
・自分が勉強する言語に詳しいフリーランスエンジニアの方がついてくれる(自分がPHPを勉強したいなら、PHPに詳しい人がつく)
自分に合うメンターを探し、見つけることができたら二人三脚でやっていくという感じですね。

フリーランスエンジニアの方から直接技術に関する対応をしてもらえるのはいいなと。コードレビューの質もかなり高いと思いますね。

❷:カリキュラムの質はどうなの問題について

侍エンジニア塾はカリキュラムはオーダーメイドって聞いたけど、それって本当なの?

読者

大半のスクールってみんな同じカリキュラムを受けるんですよ。
・手順❶:HTML/CSSの基礎
手順❷:Rubyの基礎
手順❸:Ruby on Railsの基礎
手順❹:Ajax
手順❺:AWS
こんな感じで横一列で同じことをします。僕の通っていたスクールなんかはそうでした。

もちろん、こういうカリキュラムだからこそ受講生同士で切磋琢磨しやすいので自己成長しやすいというのもあります。

しかし、侍エンジニア塾個々の進むべき方向や作りたいものに応じてカリキュラムを180度変えるんですよ。「効果的」に特化します。

・ワードプレスの案件を獲得したい→実際にクラウドワークスの案件を獲得し、メンターと一緒にやる
・Railsでメルカリのようなフリマサイトを作りたい→Railsスキルを伸ばすことに特化したカリキュラムを作ってもらえる
こんな感じです。カメレオン型スクールといっても過言でないくらいには柔軟です。

もちろん、自分のやりたいことが明確に決まっていなくても、大体の方向性から適したカリキュラムを組んでくれたりもします。

フリーランスエンジニアということもあって、今までの経験と知見から「こういう人はこういうカリキュラムを組めばいいだろう」みたいなことがわかるんですよね。

完全オーダーメイド型カリキュラムは中々革新的でいいなと。

❸:どのコース選べばいいの?について

コースが多くてどれを選んだらいいのかわからない。

読者

結論、スタンダードコースの3ヶ月を選ぶのがいいと思います。

6ヶ月だと長すぎると思いますし、1ヶ月だと短すぎて思うようなレベルまで達することができないと思いますね。

僕はスクールを経験したのでなんとなくわかるんですが、最低でも2ヶ月は欲しいです。

・学習1ヶ月目:全然わからない
・学習2ヶ月目:なんとなくわかる
・学習3ヶ月目:かなりわかる
確かに、個々のレベルによって理解度に差は出るんですが、大半の人は2〜3ヶ月目で加速度的に成長していきます。

今まで繰り返してきたエラー解決、実装してきた機能、ググってきた経験が合わさって爆発的に理解できるんですよ。これはいずれ経験して「あ、ほんとだ」ってなると思います。

しかし、6ヶ月は長すぎるんですよね。長時間勉強してもだらけてモチベが低下し、アプリ開発に身が入らなくなります。なので、3ヶ月がベストです。

ちなみに、転職を考えている人は「転職コース(2ヶ月)」と擦り合わせをし、自分にとっての最適解を見つけ出すのがいいかなと思います。

❹:ぶっちゃけ全体の質としてどうなの?について

全体的な質としてどうなの?

読者

侍エンジニア塾の卒業生の意見として「動画教材」の質が低すぎるというのがあります。

レベル感としては「Progate」や「ドットインストール 」の方が全然わかりやすいというレベルです。Progateなんて月額980円で受けられますからね。

こういった経緯もあり卒業生は

「フリーランスエンジニアが作成したカリキュラムを軸に勉強を進めた」
上記の選択を取ったんですよね。

これは僕も正しいと思っていて、現役フリーランスエンジニアの意見を聞いておくのがいいですよ。

アップデートされていない教材をあてに勉強するよりも、自分のためだけにカスタマイズされた教材で勉強する方がはるかにコスパがいいですからね。

侍エンジニア塾でスキルアップすることは可能

侍エンジニア塾を卒業したからといって、すぐにフリーランスエンジニアになることは難しいですが、確実にスキルアップできると思います。

・卒業生のレベルも高い

卒業生のポートフォリオを見てみたんですが、レベルが高かったです。


Traveller


Goal

完全未経験からここまで作るのは本当にすごいです。

グーグルのAPIを利用して作り込まれていますし、UIもしっかりしていて見やすいです。

・スキルを伸ばしていきましょう

ということで、スキルを伸ばしていきましょう。

そして、スキルを伸ばす手段として侍エンジニア塾を選ぶのが選択肢としていいと思いますよ。

とはいっても、いきなり受講するのはおすすめしません。

・❶:自分と合わないかもしれない
・❷:入ってから後悔すると時間も費用も無駄になる
上記のような状況に陥るのは避けるのがいいなと。

なので、まずは無料相談を受けて、自分の肌感に合うかどうかを確認するのがいいですよ。

自分のなりたいエンジニア像や、やりたい勉強等について話し合い、ミスマッチ要素をできるだけ排除するのがいいです。

というわけで、スクールを1つの手段と捉え、プログラミングスキルを最大限高めていってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA