新卒で自社開発企業にエンジニア就職

社会人が「プログラミング独学」をするのは費用対効果が悪いと思う

ノロノロ

どうも、ノロノロです。
社会人はプログラミング独学すべき?最近はスクールが流行っているけど、独学だとそこまでコストがかからないし、独学でいこうか迷っている。

読者

という社会人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・社会人が「プログラミング独学」をするのは費用対効果が悪いと思う
結論から言うと、社会人がプログラミングを独学で勉強するのはおすすめしません。

大学生並みに使える時間がある社会人(起業してて暇な人等)なら独学をすればいいと思いますが、ぶっちゃけ社会人にはそんなに時間がないですよね。

そういった中で、仮に非効率な勉強をしてしまうと時間の無駄なんですよ。仕事の合間等を使って必死に捻出した時間がもったいないんです。

なので社会人は時間を買うつもりで、できるだけスクールに通った方がいいですし、スクールなら効率的に最低限のスキルを身につけられますからね。




社会人でプログラミング独学をしていいのは時間に余裕のある人だけ

個人的に思うこととして、プログラミング独学をしていいのは「時間に余裕のある人だけ」だと考えています。

というのも次のような理由があるからですね。

・❶:エラーにハマったら挫折しやすい
・❷:そもそもコードを書く前に時間がかかる
・❸:モチベが続かない
エンジニア転職を今すぐに考えていない人は独学に挑戦してもいいと思いますが、今すぐエンジニア転職したい人はスクールの方がいいなと。

僕はスクール経験がありますが、スクールだと効率的に最短で最低限のプログラミングスキルを身につけられますからね。

簡単なWebアプリケーションを作るくらいのレベルまで引き上げてくれるので、時間を無駄に使うこともありませんでした。

・❶:エラーにハマったら挫折しやすい

今日僕が引き起こしたエラーを見てみましょう。




見るだけで拒否反応が出たと思います。昔の僕もバリバリ拒否反応を示していました。笑

ただ、今だとこれくらいのエラーなら2分くらいで解決できますし、しっかり原因も追求し、次に活かすこともできます。

とは言っても完全プログラミング初学者だと、簡単なエラーに2時間悩んだりすることも平気であるんですよね。そして挫折します。

昔の僕だと

・アプリを起動するだけで3時間かかる
・環境変数のエラーで3日悩む
・データベースのパスワードを設定するのに4時間かかる
まあひどかったです(こういう経験が成長させてくれたのも事実ですが)。

確かに、こういったエラーを自力で解決することで、自分に色々な知識がつき「エラーの原因と解決策をしっかり理解できる」っていうのはわかるんですよ。

しかし、プログラミングを始めたばかりの人が重視するところはそこじゃないんですよね。

プログラミングを始めたばかりの人は

できるだけ多くのコードを書いて、プログラミングに慣れること
これが何よりも重要なんですよ。

HTML/CSSを書いてウェブサイトの仕組みを理解したり、Rubyを書いてバック側の仕組みを理解することが重要です。エラー解決に何時間も費やすのはコスパが悪いんですよね。

エラーを解決することに時間を割くよりも、わからないことはさっさと質問し、コードを書く方が何倍も技術力はつきますね。

❷:そもそもコードを書く前に時間がかかる

プログラミングには「環境構築」といって、コードを書くための準備作業があるんですよね。

こういったコードを書いてターミナルに表示してみたり、ブラウザ上で動きを確認したいとなると、環境構築は必須なんですよ。

ただこれがかなりの曲者で

・意味不明なコマンド(英語羅列)をターミナルに打ち続けないといけない
・謎のライブラリやツールをパソコンから引っ張ってこないといけない
・しかもエラーはそれなりに出る
パソコンを初めて触る人からしたら、モチベーションもなくなりますし、コードを書く前に挫折してしまうということもあります。

侍エンジニア塾というプログラミングスクールは「プログラミング独学挫折率が9割」というデータを示していて、その中で環境構築の段階で挫折した人は結構多いんですよ。

環境構築の段階で挫折するということは、ほとんどというか全くコードを書くことなく「プログラミングを諦める」ということですからね。

僕自身Ruby on Railsの環境構築で苦労したので、結局スクールの人に助けてもらいながら作業を進めました。環境構築の辛さは身をもって知っています。

❸:モチベが続かない

エラーにハマって時間を無駄にしたり、環境構築で手こずるとモチベはなくなります。これは当然です。

僕自身プログラミングを始めたての頃は環境構築ができないがゆえに、なかなかコードを書く段階までいけなかったのでやる気が消滅しました。

しかし、なにごとも慣れです。僕自身必死に勉強することで「モチベが上がる瞬間」が増えてきたんですよね。

・自分の思っていた機能を実装できたとき
・長時間悩んでいたエラーを解決できたとき
・新しい技術を勉強しているとき
ここまでくるのにかなり時間はかかりました。

プログラミングを始めたての頃は「全然理解できない、プログラミングってあんまり面白くないなあ」みたいな感じでしたよ。

ただ、環境構築をクリアして、やっかいなエラーはスクールのメンターさんに手伝ってもらい、少しずつプログラミングを勉強することで楽しくなってきました。

Rubyだけでは満足できず、Python、Golang、Java、Docker、AWS、CI/CD等の技術にも興味が湧き、取り組んでみると新しい発見の連続で楽しいんですよね。

とは言ってもプログラミングの楽しさを感じるためには

環境構築をさっさと済ませて、解決できないエラーがあったら人の手を借りて、モチベをなんとか維持すること
上記が重要になってきます。

無理やりモチベを継続することができ、言い訳をできるだけ排除できる学習環境を作るのが何よりも大事になってきます。




結局はスクールのコスパが最強だと思います【特に社会人】

スクールは値段が高いだの、カリキュラムの質はQiitaに載っているレベルだの言われていますが、スクールは費用対効果が高いです。

カリキュラムは向こう側で用意してくれますし、進捗管理も行ってくれます。自分は毎日勉強すればいいだけなんですよね。

努力の方向性を間違えることなく、しかも効率的に最短で勉強できるのは今の所スクールだけかなと。

・早くエンジニアになりたいならスクールがベスト

「後2年かけてエンジニアになれればいいかなあ〜」という人はゆっくり独学で勉強してもいいです。

ただ、早く現場に入ってエンジニアとしての市場価値を高めたいという人はスクールが1番効果的だと思いますよ。

独学だと

・努力の方向性を間違えるリスクがある
・効率的に勉強できなかった場合、時間の無駄
・そもそもモチベが続かない
こういったマイナスな要素が多いですし、プログラミングは高学歴の人でも普通に挫折したりしますからね

独学で挫折するくらいならスクールに通って効率的に勉強した方がいいですし、時間を無駄に使うこともありません。

僕はスクールに通って「Webアプリケーションを制作する上での基礎」を短期間で構築できたのですが、独学だったら倍以上の時間がかっていたと思います。

それくらいスクールは基礎を網羅的に学べることができ、わりと短期間でそれなりのスキルを身につけることができます。

スクールで技術力を高めたい人はこちらの記事をどうぞ。社会人優位なスクールを厳選したので参考になると思います。
【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】

・効率よく勉強し、転職活動を開始すべし

できるだけ短期間でポートフォリオを完成させ、転職活動を始めてみてください。

僕はエンジニアインターン・就職をして思ったんですが、ポートフォリオは大事です。

・その人がどれだけコードを書けるのか
・その人はどれくらいプログラミングに対して意欲があるのか
ここは未経験でエンジニアになる際に超重要な観点なのですが、ここはポートフォリオで証明することができるんですよね。

もちろん資格とかでもアピールすることができるんですが、ぶっちゃけポートフォリオの方が効果的ですし、アピール材料にもなります。

一方でポートフォリオがない人は結構厳しいと思います。そもそもエンジニアとしての適性があるかわからないので「すぐに辞められるかも、、、」と企業側に思われるんですよね。

これは僕が実際に自社開発企業の開発本部長の方に言われたことなんですが

エンジニアになりたい、プログラミングに興味があると言うなら実際にコードを書いているはず。というか、ものを作っているのが普通だよね。
僕も確かにそうだよな、、、と思いましたね。

自分がエンジニアになりたいのなら行動するのは当たり前ですし、エンジニアにおいて行動は「コードを書くこと」とか「モノを作ること」です。

なので、しっかりとポートフォリオを作り「未経験ですが、私はこのくらいできますし、もっとプログラミングを勉強し、成長していきたい」という旨を伝えましょう。

そして、そこまで到達できる自信がない人は、スクールを有効活用してみてはどうでしょうか。かなりの時間短縮になると思いますよ。

ノロノロ

この記事が参考になれば本当に嬉しいなと。
【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】 20代後半のエンジニア転職で失敗しにくい「3つ」のポイントを紹介 社会人のプログラミングの始め方を徹底解説してみた【転職前提】 40代未経験者でも受講・自走可能なプログラミングスクールを紹介 テックエキスパートで学べる言語を卒業生が徹底解説【網羅性高い】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA