新卒で自社開発企業にエンジニア就職

社会人がプログラミングを始める上での「注意点」を複数挙げてみる

ノロノロ

どうも、大学生エンジニアのノロノロ(@noronoro_yurupoです。
これからプログラミングを始めようと思っている社会人です。プログラミングを始める上で、何か注意すべきことあれば教えてください。

読者(社会人)

という社会人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・社会人がプログラミングを始める上での「注意点」を複数挙げてみる
結論、これからプログラミングを始める社会人の方は以下のことに注意して、プログラミングに取り組んでいってください。
・❶:社会人のプログラミング独学は難易度が高い
・❷:プログラミングの手段は「スクール」だけではない
・❸:プログラミング習得に年齢は関係ない
この3つです。

これまでプログラミングをしてきて思ったことを本音で書いてみたので、少しでも参考になれば幸いです。




社会人がプログラミングを始める上での注意点は「3つ」

・❶:社会人のプログラミング独学は難易度が高い
・❷:プログラミングの手段は「スクール」だけではない
・❸:プログラミング習得に年齢は関係ない
上記事柄について詳しく話していきます。

❶:社会人のプログラミング独学は難易度が高い

事実として、社会人のプログラミング独学難易度は高いです。

なぜかというと、プログラミングは初めの方は全く意味がわからず心が折れそうになりますし、理解するまでに時間がかかります。

しかも、仕事をしながらプログラミングをするとなるとかなりきついんですよね。

・環境構築(プログラミングはコードを書く準備でさえ一苦労です)
・アルゴリズムの理解
・PCの基礎知識習得
・DB知識の習得
・インフラ知識の習得
これらを仕事と並行してやるのは中々骨が折れるんですよね。

「仕事で疲れて帰ってくる→脳がへとへとな状態でプログラミング」のフローだとほとんどの人が挫折してしまうと思います。

以下記事でも書いていますが、社会人がプログラミング独学するのは費用対効果が悪いんですよね。
社会人が「プログラミング独学」をするのは費用対効果が悪いと思う 確かに、仕事をこなしつつも、プログラミングをバリバリやって、次から次へと色んな技術にキャッチアップする社会人もいるんですが、かなり少数派です。

ほとんどの人は「なにこれしんどすぎ。。挫折しよう。。」という状態になります。
なので、これからプログラミングを勉強しようと思っている人は、「プログラミング独学はそれなりにしんどいんだな」という認識を持っておくのが無難だなと。

❷:プログラミングの手段は「スクール」だけではない

先ほど「社会人のプログラミング独学→費用対効果が悪い」という風に話しましたが、例外はあります。

個人的には

エンジニア転職まで1年以上を見ている人
こういう人は独学でプログラミングを学んだ方がいいと思っています。

なぜかというと、1年も時間があれば多少勉強方法をミスっても修正できますし、スクールに通うほどの緊急性がないからですね。

それに、転職市場では「スクールに通ってプログラミングを学んだ人」よりも、「独学でプログラミングを学んで形あるものを作り上げた人」の方が評価が高いです。

理由としては以下記事でも話していますが、独学の人は「自走能力が高い」と判断されるからなんですよ。
エンジニア転職で失敗しないためのポイントをまとめる【再現性高め】 自分の頭で考えて機能を実装したり、エラーを解決したり、新しい技術をキャッチアップする癖がついているので、企業側も採用しやすいんですよね。

それに、スクールで学ぶ内容と独学で学ぶ内容にそこまでの差はありません。それなら、環境さえ与えれば勝手に成長してくれそうな独学出身者を採用する方が賢明です。

なので、エンジニア転職まで1年以上を見ている人は、今から独学でプログラミングを学ぶことをおすすめします。

社会人優位なプログラミング独学勉強法に関しては、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。
社会人のプログラミング独学勉強法を解説する【働きながらOK】

❸:プログラミング習得に年齢は関係ないということ

今までプログラミングをやってきて色んな人を見てきたんですが、プログラミングに年齢って関係ないなと思いました。

プログラミングを始めたての頃は「プログラミング=若い人が圧倒的有利」と思っていたんですが、そんなこともないなと。

確かに、エンジニア業界は若い人を優遇して採用しますが、スキルやポテンシャルが高ければ年齢は関係ありません

20代だろうが30代だろうが関係ありません。年齢を言い訳にすることはできません。
マラソン、水泳、バスケのようなスポーツ競技は若い人の方が体力もあって有利かもしれませんが、プログラミングはそれに当てはまらないんですよね。

30代で始めた人が、20代前半の人よりも高いスキルを早期で身につけることだってザラにありますからね。珍しいことでもありません。

事実として「プログラミングを始めるのに年齢は関係ない」ということを知ってほしいです。

では早速始めてみましょう。

ではコードを書き始めましょう。

プログラミングが少しでも気になっているならコードを書いてみてください。ブラウザに「Hello World!」を表示するだけでもいいですよ。

とりあえずやってみることが大事です。自分でコードを書いてみて、プログラミングを体感することが重要なんですよね。
プログラミング上達に年齢は関係ありませんし、今から始めて遅いということもありません。

というわけで、何かを言い訳にせずに、とりあえずプログラミングを始めてみることをおすすめします。意外とどハマりするかもしれませんしね。

ノロノロ

ここまで読んでいただきありがとうございました!記事が悩みの解消に繋がればうれしいです。
【転職特化】おすすめのプログラミングスクール3選【時間ない人】 働きながらのプログラミングスクールは可能か?【無理じゃない】 社会人が「プログラミング独学」をするのは費用対効果が悪いと思う 社会人はプログラミングスクールに通うべきだと思う【効率の最大化】 40代未経験者でも受講・自走可能なプログラミングスクールを紹介




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA