新卒で自社開発企業にエンジニア就職

【6週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【発表会】

ノロ

どうも、テックキャンプ(エンジニア転職)卒業生のノロ(@noronoro_yurupoです。
プログラミングを学びたくてテックキャンプ (エンジニア転職)に通うかどうか迷ってる。だから実際にテックキャンプ (エンジニア転職)に通っていた人の意見が聞きたい。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・【6週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【発表会】
今回は6週目の振り返りをしてみたいと思います。
前提
・❶:コースは「エンジニア転職」。
・❷:フリーランスコースとエンジニア転職コースのカリキュラム内容は同じ。チーム開発のメンバーになることもある。
これからテックキャンプ (エンジニア転職)にいくか迷っている人はもちろん、テックキャンプ (エンジニア転職)に参加している人にも参考になると思います。

※ちなみに1週目の記事は以下になります。気になっている方はぜひ。
【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】
では実際に見ていきましょう。




テックキャンプ (エンジニア転職)6週目のスケジュールを公開

まずはざっくりとしたスケジュールをご覧ください。

36日目 DM機能の実装
37日目 休養
38日目 レスポンシブ対応に挑戦
39日目 validateの強化
40日目 いいねランキングの追加
41日目 ビューの修正&コメントに対するコメント機能
42日目 個人アプリ発表会

6週目からはRails以外にpythonを勉強したり、Udemyを使ってBootstrapを勉強したりしました。なので、正直なことを言うと個人アプリは結構おざなりになりましたね。

しかし、プログラミングに対する理解は一層深まり、今後の学習方向も鮮明になってきたのでよかったです。

・36日目:DM機能の実装

36日目はDM機能を実装しました。TwitterのDMと似たような感じで作ってみました。

こんな感じで、2人のユーザー以外は入れないように設計し、非同期で実装しました。

しかし大きな問題点があってそれがなにかというと「自動更新機能は実装できていない」ということ。

ノロノロ

チャットに自動更新機能がついていないのはまずすぎますよね。
このDMは自動更新機能が実装されていないので、LINEのようになめらかなやりとりができません。

いちいちリロードしないといけないというのは、ユーザーにとっての利便性はかなり低いんですよね。

なので時間を見つけて実装しないといけないなあと。ChatSpaceで苦しんだ自動更新機能頑張ります。

MEMO
36日目はDM機能を実装しました。

・38日目:レスポンシブ対応に挑戦

37日目は休養し、38日目はレスポンシブ対応に挑戦しました。

レスポンシブ対応とは、タブレットやスマホにも対応したものです。
今の時代はパソコンよりもスマホで作業する人の方が多いと思います。

現にブログを読んだり、YouTubeを見たり、情報収集する割合はパソコンよりスマホの方が多いですからね。

そんな時代にレスポンシブ対応されていないアプリを作ってもほとんど意味はないのかなあと。

ノロノロ

どのタブレットでも綺麗に見えるアプリにしないとダメなんですよね。
ただ、僕はcssもhtmlも自分で書いていたので、レスポンシブ対応にするのは一苦労でした。

Bootstrapのようなライブラリを初めから活用して、レスポンシブ対応に特化したサービスを使っておけばよかったなと後悔しましたね。

あまりにもレスポンシブ対応には時間がかかったので、一気にやるのではなく少しずつやることに決めました。時間を見つけては少しずつ修正する戦略にシフトするレベルで工数がかかるんですよ。

MEMO
38日目はレスポンシブ対応に挑戦。

・39日目:validateの強化

validatesは以前見直したのですが、まだまだガバってたので修正が必要なことに気がつきました。

例えば

・投稿する際、テキストが空のときにエラーメッセージが出ない
・投稿編集の際、編集内容が適用されない
これを見るだけで、僕のアプリのガバガバさがわかりますよね、、

なので、セキリュティー面を一旦見直し、アプリの安全性を高めました。

この日はこれくらいにして、残りはUdemyを使ってBootstrapを勉強しました。

MEMO
39日目はvalidatesの強化をしました。

・40日目:いいねランキングの追加

この日は投稿に対するいいねをランキング形式で表示するよう機能実装しました。実物は以下。


こんな感じですね。

やったことは単純で、ビューでlike_countを多い順で並べただけです。

こういう風に、自分の実装した機能をいろんな形で表示するのは楽しいですし、技術力向上にもなりますね。

ノロノロ

いろんな機能を実装するのもありですが、実装した機能を「使う」のもいいよね。
今日学んだことを活かせば、これまで実装してきた機能でもっとアプリを充実させれるなあと。

いい気づきがあった1日でした。

MEMO
40日目はいいねランキング機能を表示しました。

・41日目:ビューの修正&コメントに対するコメント機能

41日目はビュー修正をした後、コメントに対するコメント機能の実装に取り組みました。

ただこれがなにかとやっかいで、結論から言うと実装できませんでした。

DB設計の段階でつまづきまして、カラムを追加するだけではうまくいきませんでしたね。

そして


上記のように@new_commentsを追加してもうまくいきませんでした。

結果的に、YouTubeのようなスマートなコメント返信機能を実装することはできませんでした。自分の技術力不足が明らかになったなあと。

しかし、この機能は絶対に実装したいので、デプロイした後でも果敢に挑戦していきます。

MEMO
41日目はビューの修正をし、コメント返信機能を実装しました。

・42日目:個人アプリ発表会

とうとう個人アプリ発表会です。

テックキャンプ(エンジニア転職)では、6週目の最後に各々が作った個人アプリを発表する日があります。

個人アプリは転職する際の武器になるので、質の高いものをつくっていく必要がありますね。

すみません、話がずれました。

そんな大事な個人アプリ発表会なんですが、僕はがっつり休みました。

ノロノロ

気管支炎になって点滴打ってました。
しかしこの日は最終課題説明会(最終課題:チーム開発)もあったので、午後は体を引きずって教室に向かうことを決意。

そして最終課題説明会が無事終わり、新しいメンバーとも速攻仲良くなり、この日からバリバリDB設計をしました。

・テックキャンプ(エンジニア転職)6週目は少しだらけた

最終課題間近だったからか、今週は少しだらけてしまいましたね。

とはいえど、技術力を高めていくためには頭を使ってコードを書くしかないわけで、サボるのはNGなわけなんですよね。

最終課題はチーム開発で、自分がだらけてしまうと他の人にも迷惑をかけてしまうので、気持ちの切り替えが必要だなあと。

ノロノロ

自分のせいで全体の進捗ペースを落とすわけにもいかないですからね。
初めてのチーム開発はずっと楽しみでした。なんとかこれまでの知識、経験を活かしてチームに貢献していきたいです。

というわけで、僕も引き続きコードを書いていきます。

7周目の記事はこちら(10周あります)

【7週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【共同開発】

追記:テックキャンプ (エンジニア転職)の口コミを羅列し、卒業生の僕が意見した記事です

テックエキスパートの口コミを羅列してみた【卒業生の記事です】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA