新卒で自社開発企業にエンジニア就職

【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】

ノロ

どうも、テックキャンプ(エンジニア転職)卒業生のノロ(@noronoro_yurupoです。
プログラミングを学びたくてテックキャンプ(エンジニア転職)に通うかどうか迷ってる。だから実際にテックキャンプ(エンジニア転職)に通っていた人の意見が聞きたい。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】
今回は8週目の振り返りをしてみたいと思います。
前提
・❶:コースは「エンジニア転職」。
・❷:フリーランスコースとエンジニア転職コースのカリキュラム内容は同じ。チーム開発のメンバーになることもある。
これからテックキャンプ (エンジニア転職)にいくか迷っている人はもちろん、テックキャンプ (エンジニア転職)に参加している人にも参考になると思います。

※ちなみに1週目の記事は以下になります。気になっている方はぜひ。
【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】
では実際に見ていきましょう。




テックキャンプ (エンジニア転職)8週目のスケジュールを公開

50日目 新規登録のredirect先変更を実装
51日目 住所変更、本人情報変更機能実装
52日目 休養
53日目 商品検索機能実装
54日目 周りのサポート&recaptch導入
55日目 最終調整
56日目 スプリントレビュー

最初はどうなるかと思っていたチーム開発ですが、この週でメルカリに最低限実装されてある機能は全て実装完了しました。

かなり順調にきたなあと思うのですが、これは同期の力があってのこと。本当に感謝ですね。

1人では莫大な時間がかかるメルカリでも、みんなでうまいこと役割分担すれば一瞬で終わるスピード感にびっくりしました。チーム開発の凄さを実感しました。

・50日目:新規登録のredirect先変更を実装

50日目は新規登録のredirect先を変えるよう工夫しました。

なんのこっちゃわけわからない人もいると思うので、簡単に説明します。

・初めてメルカリに新規登録する人→会員情報入力後、電話番号入力フォームに飛ばす
・すでに新規登録が済んでいる人→会員入力はさせず、トップページに飛ばす
ざっくりとすればこんな感じですね。

メルカリってウィザード方式の会員登録なので、deviseに搭載されてあるデフォルトの機能のままだとおかしくなるんですよね。

例えば、すでに新規登録が済んでいるユーザーがログインしても、トップページにいかずに電話番号入力欄にいってしまうんですよ。

ノロ

2回電話番号登録できてしまうんですよね。
これは以下のように工夫することで解決することができました。

上記の通りで、あらかじめユーザーの持っている情報の有無を確かめて、情報の有無に応じてredirect先を変える感じ。

この方法を思いつくまで2時間くらいかかりました。かなり大変でしたね。

ググってもいい記事が出てこなかったで、完全に自力で実装しました。その分達成したときの脳汁は凄まじかったです。プログラミングをやっててよかったと思える瞬間です。笑

MEMO
50日目は新規登録時のredirect先を変えることに時間を費やしました。

・51日目:住所変更、本人情報変更機能実装

51日目は余っているところをやらせていただきました。

僕たちのチームはかなり進捗が早く、2週目の2日目にしてほとんどやることが終わってたので、さらに完成度を上げるために細かいところに取り組みましたね。

僕がこの日取り組んだ箇所は以下。

上記の「発送元・お届け先住所変更ページ」と「メール/アドレスページ」です。

しかしここはそんなに難しいことはしなくてOKなんですよ。

・発送元・お届け先住所変更ページ→入力されてある変数をeditアクションの容量でやる
・メール/アドレスページ→deviseにあるビューを活用するだけ。ビューとカラム名を変える。
ここはそんなに苦労しなかったですね。

そして、この日はこれくらいにして早めに切り上げました。かなりハイペースで終わらせてきた感があり、チーム全体として疲労も溜まっていたので。

これは本当に大事なので何回も言いたいんですが、しんどかったら休憩すべきです。
プログラミングって思っている以上に頭を使います。

脳が腐ってる状態でやっても変なエラーを出すだけなので、本当に疲労が溜まってるなら息抜きに映画とか見るべきだと思います。

空元気してコードを書くのも1つの選択肢ではあるのですが、効率等を考えると休憩を優先すべきだなあと。

MEMO
51日目は発送元・お届け先住所変更ページとメール/アドレスページを片付け、早めに解散。

・53日目:商品検索機能実装

52日目はチーム全体としては休養だったので、53日目からバリバリメルカリ再開始です。

この日やったことは商品検索機能です。メルカリってトップページの上に横長の検索欄ありますよね。以下をご覧ください。

これですね。

僕はこの検索欄から商品名を検索すると、その商品が別ページにはじき出されるよう実装しました。手順は以下の通り。

・❶:ransackというgemを導入
・❷:コントローラに記述
・❸:ビューに記述
こんな感じで、実際のコードは以下の通りです。 上記がコントローラーで、ransackの機能をItemテーブルにぶち込むことで無理やり検索機能を実現させています。


そしてここが検索フォームですね(css直書きはあとで直しておきます、すみません)。ここを検索すると「search.html.erb」の記述が表示されます。

商品検索機能は個人アプリのときに1度やっていたので、そこまで苦労せずに実装することができました。

苦労していないとは言っても、カテゴリーから絞り込んで実装する応用版の検索機能は実装できていないので、まだまだ改善の余地があります。

MEMO
53日目は商品検索機能を実装しました。

・54日目:周りのサポート&recaptch導入

54日目は周りのサポートをしつつ、recaptchというものを導入しました

recaptchっていうのはよくみるあれのことです。下をご覧ください。


いろんなサイトにある「私はロボットではありません」ですね。

これは結構簡単に実装できます。僕自身30分くらいで実装できました。

しかし、ローカル環境ではいけてもデプロイ環境でバグってしまったので、ここはしっかり問題点を洗い出さないといけません。

MEMO
54日目は周りのサポートをメインに、recaptchを導入

・55日目:最終調整

この日は翌日がスプリントレビューだったので、そこまで大きな機能を追加せず、ビューの修正をデプロイ環境にあげる作業を行いました。

ただ、チームメンバーはみんな意識が高いので、ローカル環境でガンガン機能実装し、来週に備えてましたね。

・画像を非同期で削除
・いいね機能の実装
・プルダウン式のカテゴリー機能
・カーソルスライダー
こんな感じで、本物のメルカリに限りなく近づけていました。

この姿勢を見てほんとうにいい同期とチーム開発をやらせてもらったなあと。

正直言うと、チーム開発でこんなに仲良く楽しくプログラミングをやれると思ってなかったです。

しかしふたを開けると本当に楽しくて、技術力が上がるのはもちろん、チームで1つの作品を作り上げるというその過程そのものが最高でした。

MEMO
55日目はスプリントレビューのための最終調整

・56日目:スプリントレビュー

今日はスプリントレビューだったのですが、僕は転職面談があったのでスプリントレビューには参加できませんでした。

転職面談でなにをしたかというと

・履歴書の添削
・希望の会社の洗い出し
・これだけは絶対に嫌だという会社の洗い出し
・エンジニアになってやりたいこと
こんな感じでかなりラフです。

僕は大学生だったので、転職というよりかはインターン、休学中のキャリア設計に関していろんな話を聞かせてもらいましたね。

僕は休学中であわよくば大学をやめようと思っていたのですが、キャリアアドバイザーの方からはかなり強く止められました。

というのも

・❶:鬼のような技術力がない限り「大卒」という肩書きは重要視されるから
・❷:「大卒」を1つのスクリーニング材料として使っている企業の方が圧倒的に多いから
・❸:僕に大学をやめる強い動機がなかったから
ざっくりとこんな感じ。

もしこの記事を読んでいる大学生がいたとして、プログラミングスキル身につけたら大学やめよ〜と思っている人は少し冷静になるべきだと思います。

僕も同期の先輩方からは大学は出ておけと言われました。ほぼ全員に言われたので、一応卒業くらいはしておこうかなと思います。

大卒資格必須の自社開発企業から内定を頂くことができました。大学辞めなくてよかったです。
≫実務未経験の文系大学生が新卒で自社開発企業から内定をもらうためにやったこと全部【エンジニア就活】

・チーム開発は本当に楽しい、プログラミングはもっと楽しい

今週はチーム開発の真の楽しさを実感することができました。

エラーを解決しているときも楽しいと思えてきたので、さすがに末期症状入ってるかもしれませんが。

ノロ

ここまで読んでいただきありがとうございます!!!

9周目の記事はこちら(10周あります)

【9週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終了間近】

追記:テックキャンプ (エンジニア転職)の口コミを羅列し、卒業生の僕が意見した記事です

テックエキスパートの口コミを羅列してみた【卒業生の記事です】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA