新卒で自社開発企業にエンジニア就職

テックエキスパートで学べる「AWS」はどんな感じ?【卒業生です】

ノロノロ

どうも、TECH::EXPERTに通っていたノロノロです。
TECH::EXPERTでAWSが学べるって聞いたけど、実際のところどうなの?TECH::EXPERTに通った人の意見が聞きたい。教えてくれ。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・テックエキスパートで学べる「AWS」はどんな感じ?【卒業生です】
今回は、TECH::EXPERTで学べるAWSについて話していきます。

AWSは今確実にきている技術で、それなりの知識を身につけていると確実に役立ちますよ。

中途半端に複数言語扱えるより「1つの言語+AWS」を持っている人の方が市場における価値は高いなあと。

テックエキスパートで学べる「AWS」とは

TECH::EXPERTで学べるAWSの内容はこんな感じです。

・①:クラウドに関する基礎知識
・②:EC2インスタンス
・③:Linuxによるサーバー構築
・④:Nginx
・⑤:Capistranoによる自動デプロイ
・⑥:S3
・⑦:ロードバランサ
この7つで、最後のロードバランサについては軽く勉強した程度でした。

他の6つに関しては実務でも扱うレベルで、自分で作るアプリにも反映することもできるので、かなり実用性が高かったなあと。

僕がテックエキスパートに入って1番よかったな(カリキュラム的に)と思ったのは、体系的にAWSを学べたことですね。

・カリキュラム内のAWSを学んで「なにができるの?」

カリキュラム内のAWSを学ぶと

自分のアプリケーションを全世界に公開することができる
かなり端的に説明すると上のような感じになります。

「デプロイできるだけ」だとHerokuでもいいじゃんとなるんですが、できればAWSの方がいいんですよね。

通信速度が圧倒的に早いですし、自動デプロイ化してまえば簡単に本番環境に最新の情報をあげることができます。

もちろん、Herokuに比べたら複雑な工数をかけてしまうのですが、その分得られるメリットも多いですからね。

しかも、モダンな自社開発企業はインフラにAWSをチョイスしてるのがほとんどです。
それだけ安定性と信頼性が高いので、多くの企業で採用されているわけです。

なので、ちょっと難しい技術にはなるんですが、AWSを実務経験なしのスクールのときから学んでおくことはかなりのアドバンテージ。

・ちょっと物足りない感があるのも事実

もちろん高度なこともやってるんですが、もっと内容が欲しかった感は否めないですね。

・①:CI/CD
・②:CloudWatch
・③:AWS環境でServerSpec
ここまでやっちゃうと時間がかかるので仕方ないのですが、技術力を伸ばす上では必須のスキルなのも事実。

AWSの知識を持っているだけで面接のときにいい反応をもらえることも多いので、AWSのメイン知識は習得しておくのは無難なんですよね。

とはいっても、TECH::EXPERTのカリキュラムだけでも自動デプロイは学べますし、S3も学べます。他の人と差別化するのは十分だなあと。

AWSをもっと突き詰めて学びたい人は

AWSをもっと突き詰めて勉強したい人はRaise Techが1番向いていると思います。

CloudWatchも学べますし、AWS環境でのテストも勉強できます。

Raise Techのカリキュラム内容

Raise Tech

・①:WordPress副業コース
・②:AWSフルコース
・③:AWS自動化コース
・④:Javaフルコース

・⑤:Javaフレームワークフルコース
の5つのコースに分かれているんですが、AWSを本気で勉強したいなら「AWSフルコース」一択です。

価格 315,000(学生:198 ,000)
受講形式 オンライン
学べる内容 EC2,S3,ELB,RDS,CloudWatch,VPC,セキュリティグループ,ネットワークACL,IAM,AutoScaling,ElasticIP,Amazon CLI,OpsWorks CloudFormation,Ansible,AWS CodeBuild(CI/CD),Jenkins(CI/CD),Git,SVN,ServerSpec
 期間 4ヶ月

学べる内容が現場レベルでかなり難しそうなんですが、プログラミング初心者でも理解できるように工夫されているのでいいんですね。

しかも、現場エンジニアが直接質問対応を無制限で行ってくれ、マンツーマンで対応もしてくれるので、オンラインスクール特有のサボり癖もつきにくいです。

ここまでAWSに注力したスクールはRaise Techだけで、AWSを勉強してインフラ系も強くなりたい人には最適なスクール。

・AWSだけを極めたなら圧倒的にRaise Tech

僕はTECH::EXPERTに通ったんですが、AWSのカリキュラムレベルなら圧倒的にRaise Techの方が上です。

Rubyの基礎を勉強して、Railsでフレームワークの基礎を理解して、チーム開発を経験したい人はTECH::EXPERTのほうがいいですが、AWSに特化した勉強をしたい人はRaise Techを選ぶのがベスト。

プログラミングスクールで学べる内容なんて素人に毛が生えた程度のものとは言われますが、Raise Techの場合話は別です。

段階的に応用的なことに挑戦することができ、実務でも通用するスキル・技術を習得することができます。
TECH::EXPERTは今まさにブームのプログラミングスクールですが、用途をしっかり確かめて、自分に適したスクールを選択するのがいいです。

そして、今の自分にとって「AWSを学ぶこと」が1番プラスになるのなら、Raise Techが最適解だなと。

ノロノロ

自分の技術力を確実に高めていきましょう。
TECH::EXPERTの評判を聞いてきた【無料カウンセリング】 【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】 【2週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【精神崩壊】 【3週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【楽しい】 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】 【6週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【発表会】 【7週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【共同開発】 【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】 【9週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終了間近】 【10週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【卒業】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA