新卒で自社開発企業にエンジニア就職

テックエキスパートのフリーランスコースで実際に独立可能なのか問題

ノロノロ

どうも、70日間みっちりテックエキスパート生活を送ったノロノロです。
テックエキスパートでプログラミング学んだらフリーランスになれるのかな?実際に通った人の意見が聞きたい。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・テックエキスパートのフリーランスコースで実際に独立可能なのか問題
今回は実際にテックエキスパートに通っていた僕が、「テックエキスパートでフリーランスになれるのか」について話していきます。
結論、卒業してすぐは厳しいです。
もちろん、卒業してすぐに案件取ってそれなりに稼ぐ人も中にはいますが、ぶっちゃけ再現性低すぎますね。

よっぽどのコネや横のつながりがない限り、卒業してすぐにフリーランスになるのはやめたほうがいいのかなあと。

1年は実務経験を積んで、しっかり自分のスキル幅を広げておくことをおすすめします。




テックエキスパートのフリーランスコースで実際に独立可能なのか問題

実際にテックエキスパートに通った僕としては、「それなりのプログラミングスキル」が身につくというのは保証します。

ただ、現場に入って通用するレベルかと言われるとそうではないです。

現場のエンジニア >>>>>>>>>>>>>テックエキスパート卒業ほやほや
これくらい差があります。

なので、まずは現場に入って経験を積みましょうという話。

・まずは就活がおすすめ

最終目的地がフリーランスだとしても、1〜2年はどこかの企業に入ってスキルを高めるのがベスト。

理由はいくつかあります。

・案件の必須条件には「実務経験1年以上」が多いから
・スキルが低いままでは仕事はもらえにくいから(当然)
・モダンな企業に入ってコードを書いたら、自分のスキルレベルは確実に上がるから
こんな感じで、就職してコードを書くのが最も無難かなあと。

いきなりフリーランスになるのはかなりリスク高めなので、「地に足ついてないと不安だなあ」という人はまずは就職がいいですね。

なんか遠回りな気はしますが、いきなりフリーランスになっても仕方ないですからね。
自分の実力が現場に通用するレベルならいいんですが、多くの人はそうじゃないです。というかほぼ全員現場レベル以下です。

僕の期はかなり優秀な方だったのですが、いきなり即戦力レベルの人なんて1人を除いていなかったですね。

それくらいスクールで得られるスキルレベルは「基礎」です。悲観する必要は全くないですが、これが現実です。

MEMO
まずは就活するのがおすすめ。

・だからといってフリーランスになれないわけではない

とはいっても全くフリーランスになれないということではないです。

ランサーズとかから仕事を受注し、少しずつ自分の市場価値をあげている友人もいますし。

なので、自分で仕事を受けて、それを実績として積み上げていくのもいいですね。

ただ、この方向にシフトする際には注意点があります。

・❶:仕事単価は低い
・❷:精神が安定しない恐れあり(鋼のメンタル一歩手前くらいは欲しい)
・❸:単純労働でしかない仕事もそれなりにある
・❹:仕事がない期間があるのはわりと普通
ここらへんは抑えておくべきですね。

ここを理解した上でフリーランスとして実績を積んでいくのなら、全然問題ないと思います。

今の時代、生活費を鬼のように下げたら賃金低くても生きていけますからね。

自分のライフスタイルを決めるのは結局自分なので、選んだ生活に不満がないならそれが正解。
ゆくゆくは市場価値の高いフリーランスになれると確信しているのなら、こういう選択をするのもいいなあと。

僕の貧弱メンタルではこの選択は無理でした。おとなしく就職ルートですね。

MEMO
抑えるべきとこを抑えれているなら、いきなりフリーランスになるのもあり。

・テックエキスパート卒業したら簡単な仕事は全然受けられる

ガチな案件とかは無理ですが、簡単な仕事くらいなら全然卒業してすぐでもこなせると思います。

単価5万円の仕事とかなら余裕だと思います。なんなら20万の単価でも全然いけるものはあります。
もちろん、1つの仕事にはいろんなエンジニアが取りにいくので、実務経験がないうちは値段低めで交渉する必要などはありますけどね。

「単価20万の案件だったけど、自分が仕事を取りにいくのは値段を10万に下げるしかなかった」みたいなケースも発生するのかなあと。

ただ、仕事をこなして自分の実績にしていけるのであれば、長期的に見てメリットの方が多いんじゃないですかね。

まずは実際に仕事を受けて、自分の手でコードを書くのがいいと思いますよ。
卒業したらそれなりのスキルは身についているので、自分の実力でギリいけそうなものに挑戦するのがベスト。

ちょっと怖いなら簡単な仕事でもいいので、まずは経験を積みましょう。

MEMO
卒業したてでも、簡単な仕事は受けられる




フリーランスコースだからといって「フリーランス」になれるわけではない

しつこいくらい何度も言ってますが、卒業してすぐにフリーランスになれるわけではないです。

もちろんフリーランスになるだけなら簡単なんですが、「安定して稼ぎ続けるフリーランス」はかなり難しいのかなあと。

・未経験に仕事がないのは当たり前だった

そもそも論として、未経験でスキルもないエンジニアに仕事がないのは当たり前です。

多くの人は「テックエキスパート卒業レベル=現場エンジニア」くらいに思っているそうですが、全然違いますからね。

僕も最初はそう思ってましたが、実際にインターンの現場を見て「あ、違うわ」ってなりました。
卒業したとはいえ、テストコードもまともに書けない人ばかりですし、なんならログイン機能をまともにつけれない人だっています(ごくまれですが)。

このスキルレベルだと簡単なコーティング案件くらいしかないです。アプリ制作を受けられるレベルにはまだいってないのかなあと。

MEMO
昔の僕は、未経験に仕事がないのが当たり前なのを忘れていました。

・長期戦略でいけば何ら問題ないよね

ただ、悲観する必要は一切なし。

ここから自分のスキルレベル&市場価値をゴリゴリ上げていけばいいだけです。努力は必要ですが。

・休日も勉強必須(1日4時間くらい、人によりますね)
・結果を出す
・可視化できるスキルを手に入れる
・最新の技術・情報にキャッチアップする
上記は意識して行動に移した方がいいかもしれません(僕はやっています)。

短期決戦ではなく、長期戦略を立てて、徐々に自分の戦闘力を上げていきましょう。

今はスキルレベル3くらいでも、頑張ったら60でも70でもいけますからね。

ノロノロ

今回はこれくらいにします。僕は引き続きコードとブログを書いていきます。
楽ではないプログラミング独学勉強法【まずは脱初心者を目指そう】 【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】 【2週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【精神崩壊】 【3週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【楽しい】 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】 【6週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【発表会】 【7週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【共同開発】 【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】 【9週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終了間近】 【10週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【卒業】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA