新卒で自社開発企業にエンジニア就職

テックエキスパートに向いている人の特徴を分析した【卒業生の見解】

ノロノロ

どうも、70日間みっちりテックエキスパート生活を送ったノロノロです。
テックエキスパート気になってるら、向いてそうな人の特徴について教えてほしい。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・テックエキスパートに向いている人の特徴を分析した【卒業生の見解】
僕は実際にテックエキスパートに通いました。

そこで、「〜な人はテックエキスパートに向いているな」とか「〜な人は微妙だな」みたいなものがわかったんですよね。

結論言うと、次の通りです。

・❶:長期学習するのが苦手な人
・❷:自分の学習スタイルに自信を持てない人
・❸:70日間みっちり時間を取れる人

僕は上記全てに該当していたので、テックエキスパートではかなりいい時間を過ごせましたね。

プログラミング力はしっかり伸ばせましたし、エンジニアを目指すいい同期にも恵まれました。

ではもっと深くみていきましょう。

テックエキスパートに向いている人の特徴を分析した

冒頭でも言いましたが、テックエキスパートに向いている人の特徴は以下の通り。

・❶:長期学習するのが苦手な人
・❷:自分の学習スタイルに自信を持てない人
・❸:70日間みっちり時間を取れる人
上記のどれかに該当していれば、テックエキスパートと相性がいいと思います。

確かにカリキュラムはそれなりに難しいですが、最後までしっかり自走できるなあと。

・❶:長期学習するのが苦手な人

ここに該当している人は、最もテックエキスパートと相性がいいと思いますよ。

・❶:11:00~22:00までメンターに質問し放題(机の上にあるボタンを押すだけでいいので楽)
・❷:切磋琢磨できる同期がいる(個人的にこれが1番大きい)
・❸:学習環境が整っているので集中できる
これらの要因により、長期学習が苦手な人でも続きます。

僕自身、長期的に学習するのが得意なタイプではなかったのですが、テックエキスパートでは毎日10時間以上の学習を70日間継続できましたよ。

プログラミングって最初の「なにもわけわからない状態」のときが1番挫折しやすいんですよね。

・なにを始めればいいのかわからない
・このまま勉強し続けて大丈夫なのか不安になる
・エラーが起きるだけでやめたくなる
これは全て僕の実体験なんですが、ほんとに学習始めたての頃が1番しんどいです。

本格的にプログラミングを始めると技術的な難易度は上がるのですが、最初の環境構築とかのほうがよっぽどしんどいですね。

なので、学習始めたての頃に、挫折を防ぐという意味でテックエキスパートに通ってよかったです。

もし独学であのまま続けていれば、今頃コードを書いてなかったかもしれないですし。

MEMO
長期学習が苦手な人はテックエキスパートに向いています。

・❷:自分の学習スタイルに自信を持てない人

これもまさに僕でした。

僕は自分で勉強計画を立てても、3日後には「本当にこのままで成長できるのか?という状況になるので。

ただ、スクールって目標が決まっていますし、その目標に対して適切な学習方法が決まっているので安心できるんですよね。

テックエキスパートの場合だと

・目標:用意されてあるカリキュラムを、指定期間内にすべて終わらせること
・学習方法:5000回以上見直された教材を使用した、アウトプット型学習
こんな感じです。

明確な方向性がきちんと提示されているので、あとは自分が必死に勉強すればいいだけ。

とはいえぶっちゃけ言うと、テックエキスパートのカリキュラムって結構難しいんですよね。

最初のほうは訳がわからないと思います。
ただ、「この学習方法で技術力を伸ばした」という実績が卒業生を見ていてもわかったので、安心して取り組むことができました。

初めは学習内容が理解できなくても、これをやっていれば確実に技術力は伸びるんだろうなあと思っていたので、精神的に楽でしたね。

MEMO
自分の学習スタイルに自信を持てない人も、テックエキスパートに向いています。

・❸:70日間みっちり時間を取れる人

テックエキスパートって、何かを片手間に通うのってほぼ不可能なんですよね。

夜間コースなら仕事が終わってからでもいけますが、短期集中だとまず無理です。

・週に60時間の学習量が必要(個人的に60時間以上欲しい)
理由は上記だけなんですが、なにせ時間が足りないです。

最初は右も左もわからない状態だと思うので、「1日24時間は短すぎる」ってなると思いますよ。

ただ、70時間みっちり時間を取れるなら問題ないのかなあと。

ちゃんと技術力は伸びますし、カリキュラムも全て終わらせることができます。

MEMO
70時間みっちり時間を取るのは必須です。

自分でプログラミング学習できるなら通わなくていいと思う

逆に、自分でしっかり学習、モチベ管理でき、それを長期的に継続できるなら、テックエキスパートに通う必要はないです。

自分で基礎を積み上げ、ポートフォリオを作って就職・転職活動をするのが得策かなあと。

・テックエキスパートは費用が高すぎる件

テックエキスパートって費用高いですよね。

夜間コースは80万近くしますし、短期集中コースでも60万円はかかります。

なので、自分でちゃんと管理して、中長期的にプログラミングを勉強できるのなら、わざわざスクールに通う必要はなし。
楽ではないプログラミング独学勉強法【まずは脱初心者を目指そう】 上記記事でも解説していますが、独学でも十分いけるのかなあと。

今の時代優れた参考書は多いですからね。Progate、Udemy等種類は豊富です。

未経験でも独学でエンジニア転職することは十分可能だと思いますよ。

MEMO
意思が強い人は独学でも問題ありません。

・意思が弱いならテックエキスパートを選択してもいいと思う

僕は実際にテックエキスパートに通い満足しました。

技術力はかなり上がり、プログラミングは大好きになり、優秀な同期もできましたからね。高い投資をした価値はあったと思います。

なので、学習がちゃんと続くか不安な人はテックエキスパートを視野に入れても問題ないと思いますよ。
僕の同期は1人(転職を早めたいという前向きな理由)しかやめてないですし、僕みたいな勉強嫌いでも自走できましたから。

»TECH::EXPERT無料カウンセリング(無理な勧誘はなく、心地よかったです)

というわけでこの記事が参考になればなと思います。
【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】 【2週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【精神崩壊】 【3週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【楽しい】 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】 【6週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【発表会】 【7週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【共同開発】 【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】 【9週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終了間近】 【10週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【卒業】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA