新卒で自社開発企業にエンジニア就職

テックエキスパートの口コミを羅列してみた【卒業生の記事です】

ノロノロ

どうも、TECH::EXPERTに通っていたノロノロです。
TECH::EXPERTの口コミが気になる。教えてくれ。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・テックエキスパートの口コミを羅列してみた【卒業生の記事です】
今回は、テックエキスパートに実際に通った僕が口コミをまとめてみました。

これからテックエキスパートに通うか迷っている人にとって参考になれば嬉しいです。
※この記事は「短期集中コース」を前提に書いてますが、フリーランスコースでもカリキュラム内容は同じです。

»TECH::EXPERT無料カウンセリング(無理な勧誘はなかったです)

テックエキスパートの口コミを羅列してみた

ざっと並べると、下のような感じになります。

・❶:メンターの質が低い
・❷:カリキュラムが難しい
・❸:スケジュールがパンパンでしんどい
・❹:転職はできる
・❺:質問し放題だから挫折しない

・❻:周りのレベルが高い
・❼:未経験の僕・私でもついていけた
これらに関して、実際に通った僕の意見も交え、もっと深く話していきます。

❶:メンターの質が低い

口コミ者

メンターの質は低い気がする…….
メンターの質は人によりけりです。これは本当に人によって能力にばらつきがあります。
・基礎カリキュラムだけを教えている人→技術力はそこまで高くない
・応用カリキュラムも教えている人→技術力はそこそこ高い
・最終課題も教えている人→技術力は高い
みたいに、カリキュラムのレベルによって、メンターの質は違うんですよね。
ただ、別にそこは問題なくて「基礎カリキュラムの内容は、技術力がそんなに高くなくても教えられるから」なんですよ。
ホスピタリティーの高さを省くと、僕でも基礎カリキュラムくらいなら余裕で教えることができます。

とはいえど、最終課題のメンターは技術力が高いです。

僕自身最終課題をやっていて、難しかった機能実装のときは的確なアドバイスをもらうことができましたし、チーム内エラーの解決手順も丁寧に解説してくれました。

技術力が高いだけでなく、教えるのもうまいですし、人に接するのもうまいです。
なので、テックエキスパートメンターの全員の質が低いというのは間違いかなと。当たり前ですが、すごい人もいますよ。

❷:カリキュラムが難しい

口コミ者

カリキュラムは難しかったなあ。
結論、完全初学者の場合、結構難しく感じると思います。

下記記事にも書いてますが、カリキュラムはボリューミーで、応用カリキュラムに入ったら難易度が上がるんですよね。
テックエキスパートのカリキュラム内容を語ります【実際に通った件】 しかし、普通にやっていたら確実に終わる内容です。逆にサボっていたら終わらないですね。

とは言っても、自分で高いコストを払ってきているわけなので、サボることはないと思います。

カリキュラムが難しいと言っても「解けないほど高難度な問題」はないですよ。
1つの機能をつけるのに半日かかることもありますが、そういったことはプログラミングにおいては当たり前なので。

他のスクールと比較したらカリキュラムは難しい方ですが、あえて難しいことをやることによって技術力がかなり伸びるのも事実。

僕はあの「忍耐の70日間」のおかげで飛躍的に成長することができました。

・❸:スケジュールがパンパンでしんどい

口コミ者

スケジュールパンパンでしんどすぎたわ。
これは完全同意です。本当にしんどかったです。

下記記事には僕のスケジュールが書いてますが、朝から夜までプログラミング漬けでした。
僕のテックエキスパート時代のスケジュールをまとめてみた【卒業生】 どれだけ眠かろうがコードを書いて、昨日から1つでも進歩がなければ「寝ない」と決めてましたね。

というのも、TECH::EXPERTはカリキュラムがボリューミーにも関わらず、日数は70日間というスパルタなので、1日でもサボったらきついんですよ。

1日サボるだけで進捗がかなり遅れるので、その分必死になって取り戻す必要が出てくるんですよ。

ただ、半年ダラダラやるよりも、70日間で詰めた学習をする方がいいと思います。それだけ挫折も防げますからね。

❹:転職はできる

口コミ者

転職はできてよかった。
テックエキスパートを卒業するとほぼ確実に転職することはできると思います。

ただ、どういった業界に転職できるかは別問題です。

・SES(客先常駐)→誰でもいける。というかスクールに通う必要もない
・受託開発企業→企業に入る目的があればいける(ポートフォリオはあるのが無難)
・自社開発企業→会社の理念の共感、自社サービスへの興味、それなりの質が担保されてあるポートフォリオが必要
こんな感じで、最近エンジニアになりたくてスクールに入ってる人の9割が目指すのは「自社開発企業」だと思います。

職場環境はラフで、イヤホンもさしてよくて、服装は自由で、18時には絶対帰れるみたいな。

こういった「The 今時の渋谷にありそうなキラキラ企業」の多くは自社開発企業ですね。メルカリとかクックパッドが典型例です。

ただ、自社開発企業はみんな応募するので倍率は高くなります。エンジニア不足とはいえ、自社開発企業に関しては買い手市場なんですよ。

なので、スクールでがっつり勉強して、いいポートフォリオを作って、数を打ち、面接をこなして慣れるのがベスト。
SESが嫌なら、自社開発企業が求めるものに合わせて行動し、相手のメリットを伝えていく必要があります。

❺:質問し放題だから挫折しない

口コミ者

質問し放題だから挫折しなくてよかった〜
これは事実です。テックエキスパートは質問し放題なので、挫折率をかなり下げることができます。

しかも

・超基礎的な質問でも丁寧に対応してくれる
・何回質問しても嫌な顔をされない
・ちょっと難しいエラーでも、1時間対応してくれたりする(経験談)

こんな感じで、1時間エラーに付き合ってもらったこともありましたね。

なので、独学で起こりうる「簡単なエラーで1日溶かす」みたいなこともないですよ。

TECH::EXPERTは「5分考えてわからなかったら即質問してください」
というスタンスです。

「質問する=当たり前」というのが教室内に浸透し、質問を恥ずかしいと捉える気する起こらないですよ。

僕も基礎カリキュラムのときは何回も質問しましたし、質問の数だけ知識も経験も増えていきました。結果的に挫折もしませんでした。

・❻:周りのレベルが高い

口コミ者

テックエキスパートは周りのレベルが高かったなあ。
レベルが高い人は一部です。

TECH::EXPERTを受講する9割以上の人は「完全プログラミング初学者」なんですが、たまにすごい人がいます。

・Pythonがっつりやってました
・大学院で機械学習やってました
・前職はJavaで開発してました
という、「え?スクールくる必要あるの?」みたいな人も少ないですが、ちらほらいるんですよね。

ただ、そういう人が同期の中にいるだけでいろんなことを教えてもらえることができ、技術力も伸びていくんですよ。

・❼:未経験の僕・私でもついていけた

口コミ者

あんなにしんどいと言われていたテックエキスパート 、私・僕でもなんとかなった!
なんとかなると思います。

ただ以下はきちんとこなすのが前提です。

・❶:毎日8時間以上勉強する
・❷:質問をためらわない(すぐすること)
この2点は絶対です。逆に、この2点をしっかり守って、毎日必死に勉強してたらついていけます。遅れることはありませんよ。

なので、「自分はちゃんとついていけるだろうか?」と不安に思う必要はないです。

プログラミングはやればやるほど確実に理解することができ、コードも書けるようになってきますから。

・他のスクールよりスパルタだけど、確実に成長できる

僕は独学に挫折してTECH::EXPERTに通いました。

独学で挫折してたこともあって、最初はほんとうについていけるのかどうか不安でしたね。

フタを開けると全てのカリキュラムを終わらし、自分のポートフォリオを完成させ、他の技術を学ぶ余裕も出てきました。

受講する前とは比べものにならないくらいの成長ができたので、高いコストを払ってよかったなと。
というわけで「プログラミング」という専門スキルを身につけ、市場における自分の価値を上げていきましょう。

»TECH::EXPERT無料カウンセリング(無理な勧誘はなかったです)

TECH::EXPERTの評判を聞いてきた【無料カウンセリング】 【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】 【2週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【精神崩壊】 【3週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【楽しい】 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】 【6週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【発表会】 【7週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【共同開発】 【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】 【9週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終了間近】 【10週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【卒業】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA