新卒で自社開発企業にエンジニア就職

テックエキスパートは「きつい」のか?【卒業生の僕が語りました】

ノロノロ

どうも、テックエキスパート卒業生のノロノロです。
テックエキスパートはかなりきついと聞くけど実際どうなの?実際に通った人の意見が聞きたい。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・テックエキスパートは「きつい」のか?【卒業生の僕が語りました】
結論きついです。

具体的にどういうところがきついかというと、次の通りですかね。

・❶:カリキュラムの難易度が高い
・❷:毎日最低8時間以上の学習が必要
この2点です。

ただ、プログラミングをやらざるを得ない環境に持っていくと、自分のレベルを爆速で上げていけることも事実です。

僕も最初は全くコードの流れを理解できず「なにもできない状態」でしたが、3日もあれば簡単なWebアプリを作れるレベルになりましたからね。

きつい環境に身を置いてほんとによかったなあと。

»TECH::EXPERT無料カウンセリングを受けてみる(無理な勧誘はなかったです)




テックエキスパートが「きつい」のは事実だと思う

冒頭でも言ったように、テックエキスパートはきついと思います。

特に、今まで受験勉強等の「長期学習」をガチでやらなかった人はもっときつく感じると思います。

僕自身受験勉強はそこまでガチでやらなかった人間なので、学習を習慣化するのは大変でした。

・❶:カリキュラムの難易度が高い

他のプログラミングスクールのカリキュラム内容をざっと見たんですが、テックエキスパートは難しい方だと思います。

今振り返ると「全くコードを触ったことない人にこれをやらせるのはえぐいな」と思うほどですね。
※カリキュラム内容が気になる方はこちらの記事をどうぞ
テックエキスパートのカリキュラム内容を語ります【実際に通った件】 ただ実際にやってみて、学習初期段階で「わりかし難しいこと」をあえてやるのは、レベルアップには最適だと感じました。

・あえて難しいことに挑戦する→その分調べることも、聞くことも増える→飛躍的に成長できる
こんな感じの循環に揉まれるとほんとに成長できますよ。

もちろんいきなり難しいことをすると学習挫折率は高くなるんですが、テックエキスパートにはライフコーチやメンター、さらには同期もいますからね。

特に同期の存在は大きかったです。

・わからないところは気兼ねなく聞ける
・お互いにどうしてもわからないところは一緒に解決できる
・同期の技術的悩みを解決することで、自分のアウトプットにつながる
・同期が頑張っていると自分も感化される
僕は同期がいなかったらここまでレベルアップできなかったと思います。

カリキュラム内容がそれなりに難しくても、一緒に解決しつつやればなんとかなるんですよね。そして、それが技術力アップにつながります。

MEMO
テックエキスパートのカリキュラムは結構難しいです。ただ、同期やライフコーチがいるので問題ありません。

・❷:毎日最低8時間以上の学習が必要

テックエキスパートは70日間毎日「8時間」以上の学習量が求められます。

ただぶっちゃけ言うと、8時間じゃ足りません。最低9時間は必要だと思いますし、僕は11時間(休憩時間抜いて)はやってました。

前にも触れましたが、カリキュラムが難しい上にスケジュールもカツカツなので、それくらいやらないと終わらないんですよね。

これまで長期学習をしてこなかった僕でもなんとかなりました(というか、なんとかしないと終わらなかった)。
ただ、当たり前のことですが、これだけやれば伸びるんですよね。

入った頃の技術力が「0.2」だとすれば、卒業するくらいには「70」くらいにはなってると思います。

毎日10時間も勉強していると、それくらい成長できるんですよね。効率も大事ですが、量も大事だと痛感しました。

MEMO
テックエキスパートが定める学習時間は「8時間」ですが、できれば「9時間」はやるのが無難。




カリキュラムにどうすれば遅れずについていけるのか?

カリキュラムを期限内に終わらせるため、僕が意識してやったことは「2つ」あります。

・❶:事前学習をガチでやる
・❷:朝の時間を活用する
主に2つだけです。

ただ、今現在(2019年12月8日)は事前学習がなくなっていて、開始2週間前のカリキュラム公開がなくなってると思います。

なので2週間前からは「Progate」や「Udemy」をやりましょう。

・❶:事前学習をガチでやる

ここは大事です。テックエキスパートは70日間ですが、2週間前から始めると「84日間」になります。

個人的な意見ですが、事前学習をしっかりやっておくことで、カリキュラムの内容にもスッと入っていくことができ、質の高いアウトプットができるようになります。

なので、事前学習はサボらずにしっかりやっておくのがベスト。

具体的には次のことをしておくといいと思います。

Progate
・❶:HTML&CSS
・❷:Ruby
・❸:Ruby on Rails
ーーーーーーーーー以下は余裕があれば
・❹:Git
・❺:SQL
・❻:JavaScript
Udemy
・Ruby&Ruby on Rails
※このUdemy教材がおすすめ
Udemyは余裕があればでいいです。まずはProgateをやりましょう。

Progateをやってまだ余裕があれば、Udemyで応用的なことをすればOK。

Progateだけでもしっかりやっておけば、基礎カリキュラムは問題なくこなせるので、応用カリキュラムでもしっかりアウトプットできるようになります。

MEMO
事前学習はガチりましょう。

・❷:朝の時間を活用する

僕は徹底的に朝の時間を活用しました。

普段は昼過ぎに起きる怠惰人間なんですが、この70日間は「朝の6時」には起きるように決めましたね。

・朝6時に起きる→速攻家を出る→7時からカフェで2時間プログラミングをする→9時に教室で勉強→21時に退室して「21時〜23時」までプログラミング
もはやプログラミング以外のことは頭にありませんでした。ずっとコードのことを考えてましたね。

ただ、朝の時間を活用することで技術力はかなり上がると思います。テックエキスパート内でも抜きん出たいという人は朝の時間を使うのがおすすめ。

MEMO
朝の時間を活用すると圧倒的に伸びます。

・テックエキスパートは「きつい」けど、必死にやれば伸びます

テックエキスパートはきついです。あのカリキュラムであのカツカツなスケジュールは鬼だと思います。

ですが、伸びます
毎日10時間コードを書き、ググり、同期にアウトプットする生活を70日間も続ければ嫌でも伸びますよ。

なので、高い投資をする価値はあると思いますね。

短期間で圧倒的に技術成長する人は「きつい環境でめっちゃ量をこなし頭を使った人」だと、テックエキスパートに来て確信しました。

というわけで僕もこれからコードを書こうかなあと。最近新しい技術にキャッチアップしているので頑張ります。

ノロノロ

この記事が参考になれば嬉しいね。

»TECH::EXPERT無料カウンセリングを受けてみる(無理な勧誘はなかったです)


楽ではないプログラミング独学勉強法【まずは脱初心者を目指そう】 【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】 【2週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【精神崩壊】 【3週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【楽しい】 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】 【6週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【発表会】 【7週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【共同開発】 【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】 【9週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終了間近】 【10週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【卒業】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA