新卒で自社開発企業にエンジニア就職

おすすめのUdemy教材を初学者向けにレビュー【全て学習済み】

ノロノロ

どうも、Udemy大好きなノロノロです。
Udemyで勉強したい。でも、プログラミングを始めたばかりの初学者だから、どれがおすすめなのかさっぱりだし、なにを選んでいいのかわからない。

読者

という人に向けて記事を書きました。
記事の内容
・おすすめのUdemy教材を初学者向けにレビュー【全て学習済み】

Udemyは山のようにカリキュラム・コースがあります。数としては10万越えなんですよね。

その中から自分に合ったものを選ぶのは結構難しく、僕も使いたての頃はかなり苦労しました。

なので、今回は「おすすめのUdemy教材」に加え「外れを引かない選び方」も紹介しようかなと。

おすすめのUdemy教材をレビューしていきます【初学者OK】

僕が実際に学習し、このUdemy教材はわかりやすいなと思ったものだけを厳選しました。以下になります。

上記の通りです。全て学習済みなんですがどれも評価は星4を超えていて、わかりやすく、初心者でも取り組める内容でしたね。

ちなみにですが、❶〜❹は上から順に勉強していけば「簡単なWebアプリの作成」「プログラミングのアルゴリズム理解」をすることができるようになるので、上から順に勉強するのがおすすめです。

❶:Web開発入門完全攻略コース


Web開発入門完全攻略コース
の簡単な内容は以下のような感じです。

学べる技術 HTML/CSS,Bootstrap,javaScript,Ruby,Ruby on Rails,MySQL,Github
評価 星4.2(レビュー数2078)
動画時間 18時間30分
値段 24,000円(セール時約1700円

今からプログラミングを始める人は、ファースト教材としてWeb開発入門完全攻略コースを選んで問題ないと思います。

プログラミングの基礎的な内容から、ちょっとわかりずらいところまで、網羅的に学習することができるんですよね。


上記の画像の通り、カリキュラム内容はかなりボリューミーなので、コストを抑えつつ幅広く学びたい人にはおすすめだなと。

そして、HTML/CSSを使った静的なサイトだけではなく、Rubyを使った動的なサイトを作る勉強をいきなりできるのはいいですね。

僕はそうだったんですが「動くもの」を自分なりに作れるようになるまでかなり苦労したんですよ。

ただ、この動画を見ながら実際に手を動かせば、MVCの流れからDBの扱いまで学べ流ので、自分で動くものを作れるようになると思います。

・❷:はじめてのRuby on Rails入門


はじめてのRuby on Rails入門の簡単な内容は次のような感じです。

学べる技術 Ruby,Ruby on Rails,Heroku,
評価 星4.4(レビュー数3126)
動画時間 9時間
値段 17,000円(セール時約1500円

プログラミング言語とかフレームワークってかなりの数あるんですよ。

・Ruby/Ruby on Rails
・Python/Django
・PHP/Laravel
・Java/Spring
・Go/Gin
みたいに、初学者からしたらどれを選べばいいのか、どの組み合わせを選んだらいいのか悩むわけです。僕も悩みました。
なので、特に強いこだわりがなければ「Ruby/Ruby on Rails」の組み合わせでOK。
Rubyという言語で使われるフレームワークは、Rails一強と言っても過言ではないので、汎用性が高いんですよね。

そして、RubyとRuby on RailsをはじめてのRuby on Rails入門では網羅的に学ぶことができます。とっかかりとしては最高だなと。

ただ、事前にHTMLの基礎だけは触りだけでもやっておいたほうがいいですね。その方がスムーズにカリキュラムに取り組んでいけると思いますよ。

・❸:Rubyで作る! ビットコイン自動売買システム

Rubyで作る! ビットコイン自動売買システムの簡単な内容は次のような感じです。

学べる技術 Ruby,API(bitFlyer)
評価 星4.4(レビュー数702)
動画時間 3時間
値段 4200円(セール時約1500円

RubyやRailsの基礎をそれなりに学んだら、Rubyで作る! ビットコイン自動売買システムで勉強することをおすすめします。

理由としては

アプリ・サービス開発の幅が広がるから
これに尽きますね。

このカリキュラムでは「API」というものについて、体系的に学ぶことができるんですよ。

APIを上手く使えるようになると、自分のアプリにTwitterを連携させたり、天気情報を取り入れたりすることができます。

ただ、APIは初学者からするとかなり複雑でやっかいなので、これを機に学んでおくのが得策かなと。

APIは学習初期段階だと拒否反応が出ますが、慣れてくると面白いです。プログラミングのすごさを体感できると思いますね。

・❹:ゼロからはじめる Dockerによるアプリケーション実行環境構築


ゼロからはじめる Dockerによるアプリケーション実行環境構築の簡単な内容は以下です。

学べる技術 Docker,Docker Machine,Swarm
評価 星4.1(レビュー数1211)
動画時間 6時間
値段 10,800円(セール時約1500円

最近なにかとDockerが熱いんですが、体系的に学べる参考書ってないんですよね。

しかも、Dockerって初めはほんとに意味不明で、この技術を使うことのメリットもよくわからないんですよ。

ただ、ゼロからはじめる Dockerによるアプリケーション実行環境構築はかなり詳細にDockerについて解説してくれています。
具体的には、Ruby on RailsやDjangoのような人気フレームワークを用いて環境構築していきます。

Dockerで環境構築するのはかなり評価が高く、自分のポートフォリオに盛り込むことができたら最高だなと。

インターネットの中にあるバラバラな情報が、この教材では端的にまとめられてあったので個人的に気に入っています。今でも復習するときはよく使いますね。

❺:実践 Python データサイエンス・オンライン講座

実践Python データサイエンス・オンライン講座の簡単な内容は次のような感じ。

学べる技術 Python,numpy,pandas,matplotlib,seaborn,
評価 星4.2(レビュー数4888)
動画時間 17時間
値段 12,600円(セール時約1700円

実践Python データサイエンス・オンライン講座は、Webアプリを作る目的の人は受けなくてOKです。

僕がこの教材で勉強しようと思った目的は

自分で作ったサービスで集めたデータを、解析してなにかに活かせると思ったから。
なんですよね。

なので「とりあえずプログラミングを学びたい」とか「ポートフォリオを作れれば十分」という人は❶〜❹までで十分ですよ。

この教材はもっと他の分野について学びたいという人向けで、現時点でデータサイエンスに興味がないなら時間を無駄に溶かしかねません。

ただ、データサイエンスを学ぶ上ではかなりの良教材だったので、紹介しておきますね。

Udemyはレビューが多く、星が4以上の教材ならハズレは限りなく0に近い

僕がUdemy教材を選ぶポイントとして

・❶:レビューが多いかどうか
・❷:評価は4以上あるかどうか
ここを見ています。

ここを満たしている教材は、基本的に外れません。内容もよく理解しやすいですし、アウトプットもしやすいですね。

Udemy教材で実力をつけていきましょう

というわけでUdemyで実力をつけていきましょう。

プログラミングを学ぶ上でUdemyを利用するのはかなりのコスパの良い選択だと思っています。

技術書だとコストがかなりかかってしまいますし、技術書だと挫折率も上がりますからね。

なので、最強コスパのUdemyで着実と技術力をつけていってください。

ノロノロ

この記事が参考になったら嬉しいですね。
プログラミング学習におすすめのオンライン教材は「Udemy」です Ruby初心者でも取り組みやすいおすすめUdemy教材を紹介するよ 【3週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【楽しい】 【Udemy】人気講座はおすすめできます【損はしないと思う】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA