新卒で自社開発企業にエンジニア就職

大学生のプログラミング勉強法を解説する【ポートフォリオ作るべし】

ノロノロ

どうも、プログラミングが大好きなノロノロです。
プログラミングを始めたい大学生だけどやり方がよくわからない。おすすめの勉強法を教えて欲しい。

読者

という大学生に向けて記事を書きました。
記事の内容
・大学生のプログラミング勉強法を解説する【ポートフォリオ作るべし】
結論から言うと、次の流れで学習していくのがベスト。
・❶:基礎学習
・❷:ポートフォリオ作成
・❸:実践学習(インターン&プログラミングバイト)
大まかな流れはこんな感じです。

大学生は時間に余裕があると思うので、基本的に独学でOKだと思います。

僕なんかは大学生でスクールに通いましたが、別に無理してスクールに通う必要はないですよ。費用もかなりかかりますからね。

自分をしっかり管理して、学習を長期的に継続できるのであれば、独学でいきましょう。




大学生のプログラミング勉強法

冒頭でも言ったように、流れはこんな感じ。

・❶:基礎学習
・❷:ポートフォリオ作成
・❸:実践学習(インターン&プログラミングバイト)
完全プログラミング初学者でもOKなように手順を踏んでいるので、そこらへんも心配しなくて大丈夫です。

それと、ポートフォリオ完成までの学習期間はだいたい「3ヶ月」でいいと思います。

毎日の勉強時間は任せますが、個人的に5時間はやったほうがいいかなと思います。

大学生は時間があると思うので、それを利用しない手はないのかなあと。それに、量やらないと伸びないので。

・❶:基礎学習

・❶:基礎学習←今ココ
・❷:ポートフォリオ作成
・❸:実践学習(インターン&プログラミングバイト)
具体的な学習方法について見ていきます。

まず、使用していく教材は以下でOKです。

・①:Progate
→HTML/CSS、Ruby、Ruby on Rails、Command Line、Git、SQL、Javascript(余裕があれば)
・②:Udemy
→Ruby on Rails教材(後述します)
ちなみに、特にこだわりがなければ言語はRubyでいいと思います。日本でも幅広く使われていますので。

まずはここの基礎学習を2週間〜1ヶ月の間で終わらせることを目標にするのがいいですね。

Progate

Progateは月額980円で受け放題のオンライン教材システムです。


絵も可愛くて挫折もしにくいです。

ぶっちゃけ、プログラミングをこれから初めて触る人は「Progate」をやっておけば問題ないのかなあと。

それくらい理解しやすくプログラミングを勉強できる教材です。

そして、勉強法は以下のような感じ。

・①:Progate
→HTML/CSS、Ruby、Ruby on Rails、Command Line、Git、SQl、Javascript(余裕があれば)
上記を最低2周。2週間以内で終わらせる。
初めに言っておくと、2周したくらいでは「いや、わけわからん」状態だと思います。でもそれでOKなんですよね。

プログラミングって最初は理解できなくても、とりあえず前にどんどん進んでいけばわかってきますので。

僕も最初は「????」という状態が続いたんですが、やっていくうちに連鎖的に理解できるようになってきました。

なので、まずはProgateで挙げた項目をそれぞれ2周やってみてください。

Udemy

Progateを2週間以内で終わらせることができたら、次は「Udemy」をやっていきましょう。

Udemyはビジネスオンライン教材プラットフォームです。プログラミングの教材も豊富にある上に、わかりやすいです。
とはいえど2つも3つもやる必要はなくて、僕は以下をおすすめします。

この教材を毎日5時間程度、大体1週間〜2週間で終わらせればOKです。

Railsの基礎を大体網羅でき、自分でアプリ開発するための最低限の知識を頭に入れることが可能です。

もちろん最初はかなりつまづくとは思いますが、理解度は低いままでどんどん先に進んでください。
徐々に理解できてくるようになります。

・❷:ポートフォリオ作成

早い人ならここまでくるのに2週間、遅くても1ヶ月くらいです。

ここまできたらそれなりに基礎は身についている状態なので、さっそくポートフォリオを作っていきましょう。

ちなみにポートフォリオっていうのは

自分の技術力を証明する作品のこと
をいいます。

言葉では理解できると思いますが、もっとわかりやすいように実例を出していきます。

・❶:FUT MAKE
・❷:Vegeres
※侍エンジニア塾卒業生のポートフォリオです(完成度高いです)
こんな感じのアプリを作っていけばOKです。

今の段階では、「本当に作れるのか…..」といった感じだと思いますが、粘り強く取り組めば作れるようになります。大丈夫です。

そして、ポートフォリオを作る上で注意点があります。

・なぜそのポートフォリオを作るのか?
・自分のポートフォリオはどんな問題を解決できるのか?
・Railsチュートリアルをちょっとカスタマイズしたレベルのポートフォリオではないか?
→Twitter、Facebookのようなアプリを目指す必要はないですが、最低限のレベルに仕上げる必要あり。
ここらへんは最低限意識しておきたほうがいいです。

ポートフォリオは自分がインターン、就活する上での武器になるので、レベルの低すぎるものはNG。

自分で学習したものをしっかりアウトプットして、自走力を示す必要があります。

なので、2ヶ月程度時間をじっくりかけて、満足のいくサービス・アプリを開発していくのがいいのかなあと。

MEMO
ポートフォリオは焦らず時間をかけて作っていくのがベスト。

・❸:実践学習(インターン&プログラミングバイト)

ポートフォリオを無事完成させることができたら、それも持ってインターン&就活をしていきます。

まずは以下に登録しておくのがベストだと思っています。

・❶:wantedly
実務未経験エンジニアのインターン採用をしている企業も多いので、かなり使い勝手がいいです。

プレミアムスカウトなんかに入っていると、プロフィールを見て気に入ってくれた人がスカウトしてくれたりするので。

ちなみに、ポートフォリオを作りながらインターン&就活活動をしてもいいと思います。

ポテンシャル採用とかも全然あると思うので、行動する余裕があればしていくのがいいですね。




大学生はプログラミング独学で十分だと思う

大学生でスクール通いした僕がこんなこと言うのもあれですが、大学生は独学で十分です。

超大手のスクールとかだと30万以上しますし、学べることはProgateやUdemyを足したようなものです。

・学習が続かないけど、プログラミングを諦めれないならスクールがベスト

これは僕に当てはまるケースでした。

僕はコードを書いたり構想を練るのは大好きなんですが、環境構築がほんとに嫌いだったのでスクールに通いました。

環境構築でプログラミングを諦めるのはほんとに嫌だったので、スクールに通ったという感じですね。
僕みたいに、絶対的に嫌いなことがあるけど、プログラミングを諦められない人はスクールも選択肢の1つだと思います。

ただ、そんなに高いスクールに行く必要はないです。基礎的なことを網羅的に学べるスクールが最適ですよ。
大学生におすすめのプログラミングスクールを2つ厳選【体験者の解】 上記スクールはどこも安く、地方の人でも受けられ、基礎を網羅的に学べます。

大学生にはぴったりのスクールを厳選してみたので、スクール通いを検討している人はぜひ参考にしてみてください。

・最初は辛いけど、頑張ろう

多くの人がそうだと思いますが、僕も最初はプログラミングに対して苦手意識を持っていました。

DBの扱い方とか意味不明だし、gemとかもよくわからないし、MVCってなんですか状態でしたね。

ただ、毎日粘り強くやっているとプログラムを組むことが上手くなり、今ではプログラミングが大好きです。
ぶっちゃけ1番しんどかったのは最初の1ヶ月とかでしたね。

もちろん今でも難しいことをやろうとすると、上手くいかないことばかりで辛いのですが、最初ほどではないです。基礎知識はありますし、解決したときの快感がすごいので。

というわけでプログラミング独学頑張ってください。3ヶ月毎日プログラミングをすればかなり上達すると思うので。

ノロノロ

この記事が参考になれば嬉しいね。
【1周目】テックキャンプ(エンジニア転職)記録 【スパルタ】 【2週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【精神崩壊】 【3週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【楽しい】 【4週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【ワクワク】 【5週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【試行錯誤】 【6週目】テックキャンプ (エンジニア転職)の記録 【発表会】 【7週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【共同開発】 【8週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終盤】 【9週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【終了間近】 【10週目】テックキャンプ(エンジニア転職)の記録 【卒業】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA