新卒で自社開発企業にエンジニア就職

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方を読んだ【書評する】

ノロノロ

どうも、USJという単語に惹かれ、まんまとマーケ戦略にのせられたノロノロです。
当記事では、本をあまり読まない僕が好んでよく読む「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」を紹介します。
記事の内容
・USJを劇的に変えた、たった1つの考え方を読んだ【書評する】
この本は、神戸大学卒業後、P&Gで徹底的に自分を鍛え上げ、その後USJに転職した森岡毅氏によって書かれた本。

ぶっちゃけ「マーケティング」を学びたいならこの1冊で十分だと思います。

もちろんアカデミックなマーケティング知識はそこまで学べないけど、ビジネスで成果を出す上での知識は豊富に得られますよ。

この本に書いていることを理解し、行動に移せば仕事の成功確率もグッと上がると確信。
森岡氏の娘さんにも理解できるように書かれてあるので、読んでいて難解だと感じることも少ないです。

読書苦手な僕でも内容理解のスピードは早かったので、かなり読みやすい部類の本だと思いますね。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方の内容をざっくり解説するよ

この本に書かれてあることをよく理解し、行動に転換することができれば、かなりのビジネス的成果を出すことができると思います。

なぜかというと、彼が出してきた実績が裏付けられていて、誰でも使えることができるから。

「そんな難しいことではないけど、めちゃめちゃ大事なことだよな」ってことが多く書かれていますね。

どんなことが書かれているかというと、次の通り。

・❶:消費者視点がめちゃ大事
・❷:マーケティングの本質は売れる仕組みを作ること
・❸:戦況分析をすると高確率で勝てる
ぶっちゃけこれ以外にも大事なことはあるんですが、特に重要なものを抜粋。

これらを中心に話していきます。

・❶:消費者視点がめちゃ大事

これは言わずもがなです。

商品を買うのは「客」であって、商品の評価を下すのも「客」なわけです。

なのに、ただの自己満で商品を作って「これは最高作だ、売れること間違いなし」とか言ってるのはちょっとやばい、とのこと。
たしかにそうだなと実感。

さらに、これって最近流行りのブログにも通ずるものがありますよね。

・価値が生まれるブログは、読者が満足するブログ
→自分本位の記事ばかり書いていても成果は上がらない
ブログでも「相手」のことを考えて、どういうメリットを与えられるかを考えないと成果は出ません。

何事においても消費者視点(相手の視点)っていうのは大事で、別にビジネスに限った話でもありませんよね。他にも応用可能。

・恋愛
→一方通行の恋愛をすると盛大に振られる
・プレゼン
→相手に伝えたい情報とそうでない情報を分けないとつまらないプレゼンになる
・スポーツ
→相手から見て自分はどういうプレーヤーなのか?そこを知ればかなり有利になる
こんな感じで。

別にマーケターだからとかではなく、戦略的に物事を考えるには「消費者視点」を持つことって必須なわけです。

ノロノロ

考えたら当たり前のことだけど、細部まで理解できている人は少ないよね。
さらに、消費者視点についてはまだまだ多くのことが書かれていて、しかも、視点もユニークで面白いです。
MEMO
消費者視点(相手の視点)を持つことは全てにおいて重要。

・❷:マーケティングの本質は売れる仕組みを作ること

マーケティングっていう言葉の意味って、ぶっちゃけよくわかんないですよね。

僕もこの本を読むまでは「全く意味不明だよな」っていう状態でした。

ただ、この本ではマーケティングを次のように定義しています。

・売れる仕組みを作ること
僕はこの文章を見たとき、腑に落ちました。「なるほど!そういうこと!」みたいな。

さらに、これを僕が好きなブログビジネスに置き換えると次のような感じ。

・ブログ→そこまで手を加えなくても、半永久的に売れる仕組みを作れている→マーケティングができる
・ブログ→ずっと同じか、それ以上の労働を続けている→マーケティングができていない
ざっくりとこんな感じ。

「売れる仕組み」を作れるかどうかが、マーケティング能力の差をつくるわけです。

森岡さんはUSJ改革において、「ハリーポッター企画」「世界最高のエンターテインメント」を中心に売れる仕組みを作りました。

ノロノロ

マーケティング能力高すぎる。
マーケティングってなんぞや?という人にこの本はおすすめです。

逆にアカデミックなマーケティング本とかはやめた方がいいです。むずすぎて理解できません。数式とかでてきますし。

MEMO
マーケティングの本質は売れる仕組みを作ることです。

・❸:戦況分析をすると高確率で勝てる

ここはちょっと難しくなります。ただ、ここまで本を読んできた人はわりとスッと理解可能ですよ。

戦況分析を簡単に説明すると次の通り。

・市場構造をよく理解し、味方につけること
これ以上でもこれ以下でもありません。そのまんまの意味です。

そして、戦況分析ができるようになるためには次のことを意識するのが大事(本の内容そのまま列挙します)。

《5Cの理解》
・自社の理解
・消費者の理解
・流通などの中間顧客の理解
・競合する他社の理解
・ビジネスを取り巻く地域社会の理解
この5つを理解することで、戦況分析の精度は上がってきます。

ただ、ぶっちゃけこれは難しいので、まずはマーケティングの基礎から構築していくのがベスト。

ここらへんは慣れてきてからでもOKだと思います。

ノロノロ

マーケティングはやることが多いから、少しずつ穴を埋めていく感じがいいと思うよ。
しかし、戦況分析はUSJのような企業を改革するときに限らず、ブログや自分の実生活に応用できると思います。

僕の場合だと、自分のブログ戦略を理解した上で、自分と似たようなポジションにいる人を観察する癖がつきましたし。

その結果、収益的にもPV的にもブログは伸びたので、かなり効果的な手法であることは間違いありません。

MEMO
戦略分析は難しいですが、理解し行動に転換すると高確率で成果を出せます。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方は読むべきか?

これは誰でも1回は読むべきだと思っています(欲を言うなら何度でも)。

「これから恋愛に打ち込んでやるぞ」という女子高生にも読んでもらいたいレベル。笑

なぜなら恋愛にもマーケティング的思考は役に立つからです。間違いなく。

それくらい応用範囲が広く、かつ成果も出せるくらいの再現性も担保されています。

・この本を「読むべき人」とは?

本心を語ると全員に読んでほしいレベルでおすすめなんですが、もっと範囲を絞ると次の通り。

・マーケティングを学びたいけど、なにをすればいいか皆目検討もつかない人
・これから稼ごうと思っている人(副業とか)
・本が嫌いな人
特に最後の「本が嫌いな人」は大事かなと個人的に思ってます。

なぜかというと、僕が読書がそこまで好きじゃないからですね。本を読むくらいなら実際に手と足を動かしたいタイプなので。

ただ、この本は苦手な人でも最後まで読み切れるレベルでわかりやすしですし、内容も濃いですね。

ノロノロ

難しい単語もないし、USJという超人気テーマパークを扱っているので内容理解がしやすいね。
「マーケティングを学びたいけど本は苦手なんだよな〜」という人にはおすすめ。

僕は本屋さんで何冊かマーケティング本読んだのですが、圧倒的にこの本は読みやすかったです。

MEMO
本が嫌いな人でも読めます。理解もしやすいです。

・この本を「無理して読まなくていい人」とは?

ぶっちゃけ思いつかないです。

少しでも気になっているなら読むべきだと思いますし、仕事時間削ってでも読む価値ありです。

なので、読まなくていい人はいないですね。

あえていうなら、「人生完全に逃げ切ってて、もう何をしなくても経済的に死ぬことがなくて、知識好奇心0」とかの人。笑
こんな人あまりいないじゃないですか。

なので、気になってるなら読んでみるべき。損はしないと思います。

大学とかでマーケティングをそれなりに学んだ人でも気づきは得られると思います。

ノロノロ

「USJを変えた」という実体験に基づいてるからね。参考になる。
リアルなビジネスに基づいたマーケティング本なんてそうそうないので。
MEMO
全員読みましょう。

・総評:USJを変えた、たった1つの考え

うざいくらい何回も言いますが、この本から得られることは多いです。

さらに、「頭ではわかっていたけど、そこまで深くは考えてなかった」ということも多々あります。

僕はブログで稼ぐためにマーケティング知識必要だよな〜と思いこの本を買ったのですが、正解でした。
しっかりとした実体験に基づいるからか、ブログでも応用できました。

ブログもUSJのようなビジネスも。規模は違えど本質は同じです。

ノロノロ

相手に価値を与え、その対価をもらうという点は同じだよね。アプローチ方法は変わってくるけどね。
僕はこの本を今でも読んでいて、かなり身になっているなと実感。

いろんな本を中途半端に読むよりかは、これ1冊極めたほうが絶対にいいですね。

【書評】夢を「10倍速」で実現する方法を読んだ【かなり実用的】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA